2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【考察】クビキリサイクル 解説について

地獄のような1週間のバイトを終え、ようやく続きが書けます。
まぁ解説といっても、想像する他にすることないですが。

とりあえず、私的候補ナンバー1は清涼院流水先生です。

西尾氏、イチ押し。

このキャッチフレーズで西尾先生のデビューを鮮烈に飾ってくれた、
西尾先生に影響を与えし五大作家のひとりです。
その後もJDCトリビュート本や、同時12ヶ月連続刊行、
また、森博嗣先生を鮮烈にデビューさせるために生まれた(と噂される)
『メフィスト賞』…互いにその賞の受賞作家であり、
その森先生と唯一無二の親友とくれば、
彼をおいてほかにいないのではないか…とそう思うのです。

ただまぁ、少し気になるのは、先日発売された森博嗣先生の作品、
『θは遊んでくれたよ』の解説担当だったんですよね、彼は。
そういう場合、連続で解説を書いてはいけない規定とか…あるのでしょうか。

そして最悪のケースですが、『解説が無い』可能性もあります。
私も全部確認したわけではありませんが、というか1作しか見たことないですが、
解説の無い作品も中にはあります。
もしかしたら、
戯言シリーズは言葉を殺して解して並べて揃えて晒さない方が良いかもしれない。
あ、殺す必要はなかったですね。

とにかく。
遅かれ早かれ時期に分かることです。
あと2週間ちょっと。
早ければ公式に発表になるでしょう。
講談社公式HPを要チェックです。
スポンサーサイト

| 戯言シリーズ | 14:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】パンドラVol.1 SIDE-B 一度とならず、何度目だよっ!!

一昨日届いたメルマガによると、パンドラの発売日は正式に4月7日に決まったようです。
まぁ、これについてのコメントは、私たちをなめないでくださいってことです。
ヒトクイマジカル~ネコソギラジカルまで、いったい何ヶ月待ったと思ってるんですか。
それにくらべれば、1週間くらい瞬きをする間に過ぎていきますよ。
でも、問題は作家の方々に迷惑をおかけしているという点です。
ちょっと最近度が過ぎているのではないか…と感じます。
しかも今回は『待ち』を鍛えられた西尾読者だけではないのです。
そこが少し気になったので、スタッフの方々が、
ここを見ていればいいなぁ…と思いで言及させていただきました。
とりあえず、がんばれー!

ちなみに。
これもメルマガ情報なのですが、『真庭語』…
>パンドラでしか見られない竹描き下ろしの超美麗特大口絵付き!!

だそうです。
竹ファンは買いですよ~。
まぁ今度出るらしい画集でカバーしてくれるでしょうけれど…。

| 刀語シリーズ | 01:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】パンドラVol.1 SIDE-B 表紙公開

パンドラVol.1 SIDEーBパンドラVol.1 SIDEーB
(2008/04/08)
講談社BOX

商品詳細を見る

またしてもかっくいー表紙です。
ちょっと、ともひさんのファンになりました。
ひぐらしはまぁ、正直合わないと思っていたのですが…。
なにか西尾先生の挿絵とか描いてくれないかなぁー。

ところで、これを書いてる今初めて、気づいたのですが、
発売日のところ…2008/04/08に見えるのは……
あぁ、気の所為ですかそうですか。

ちなみに、以前のメルマガによる告知より抜粋↓
>3月末に皆様のもとにお届けするべく、現在、部員一同、
>ゾンビ化しながら鋭意製作中です。

残念ながら人間には戻れなかったみたいです。
無念。

| 刀語シリーズ | 21:40 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】傷物語(単行本) 5/7(水)発売予定

JBOOK:http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3537787/s ラノベの社様より

ちょっとまだ先のことすぎて実感わかないですけれども。
気になるのは値段ですね、1365円
化物語が1600円でおよそ400ページ…。
これは100ページくらい書き下ろしを期待してもいいんじゃないでしょうか?
入るとしたら、委員長のゴールデンウィークの話か…あるいは、
阿良ヶ木しゃんの妹、月火と火憐のお話でしょうか?
期待に胸を膨らませて待つことにします。

| 物語シリーズ | 23:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【考察】クビキリサイクル文庫版 表紙&挿絵について

表紙というのは、ラノベ読みの選書条件に
欠かせない重要な要素の一つです。
ましてや、講談社文庫の中ともなると、
それは特に際立つことになるでしょう。

そもそも。
戯言シリーズはライトノベルなのか…。
その問いについてはザレゴトディクショナル内で、
語られているので、ここは割愛して…。
とりあえず、ラノベとして語っていきましょう。

講談社文庫で、一番最初にラノベが文庫化された例は、
おそらく『空の境界』が一番最初かと思われます。
まぁ、つい最近ですね。
他に、西澤保彦先生の神麻嗣子シリーズや、
京極夏彦先生の京極堂シリーズも、
ラノベタッチの作風と言われることが多いですが、
ここでは『空の境界』を原点としておきます。

さて、いかがでしょうか。
おそらくほとんどの書店で、ラノベコーナーと、
講談社文庫コーナーは隔離されています。
そんな中でああいうライトな表紙を飾る書籍が
悠然と本棚に並べられているさまは、
あまりこういう書籍を読まない他の客にどう映るのか。
正直な話、私は引きました。
もちろん『空の境界』は大好きですし(奈須先生は神)、
イラストについても申し分ありませんが、
やはり、あそこに陳列されているのには
違和感を感じてしまうのです。

多分どうするかはもう決まっているのでしょうが、
私は、手段として3つの選択肢を考えました。
①今の表紙、挿絵をそのまま移植する。
②新たな表紙、挿絵を竹先生が描きおろす。
③表紙、挿絵を捨てる。

まず①ですが、賢い選択肢ではないでしょう。
少し淋しい話ですが、今では大抵の古本屋に、
戯言シリーズが並んでいます。
たとえ新たな後書や、解説を加えたところで、
旧読者には立読みで済まされてしまうのが関の山です。

②について、これは①も同様のことなのですが、
『新たな読者層』を獲得できない恐れがあります。
先ほどのイラストの話に戻りますが、今日の世間体は、
それほどまでに冷たいものなのですよね。

では、③がいいのか。
そうです、それが一番無難な選択でしょう。
そうすれば、この奇を衒い、他を嫌ったような
『クビキリサイクル』というこのタイトル、
「お?なんだ?」と手に取る方も増えるのかもしれません。
ではこれが、最良に最善で最高の解答ということでいいですね?
いえいえ、そんなの




私が認めません!!!


異論は認めず、OK?
竹先生のイラストがない?
それの何がクビキリサイクルか何が戯言シリーズだというのか…。
それが、私が考察の結果導いた答えです。
あわよくば最良の表紙を。願うなら最善の挿絵を。
それがきっと最高の文庫本を世に送り出すことになるのでしょう。

今日はかなり生意気な記事になってしまい、
気分を害された方、すみませんでした。
明後日に控えた大学の成績表交付にびくびくして、
気分がハイになっていたみたいです…。
これによって2年生になれるかが決まるのでね。
失礼、私事でした。

あれから5年という歳月が流れ、
こうして文庫版の仲間入りを果たすことを、
ファンとしてとても嬉しく思います。
きっとどんな形になろうとも、私は買うのだろうし、
様々な方々の手に渡るのでしょう。
そのときまで、私は私なりに妄想を続けていくので、
どうぞよろしくお願いします。
…というわけで、次は『解説』についてです。

| 戯言シリーズ | 22:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【考察】クビキリサイクル文庫版 背表紙について

おおっと、カウンターが大変なことになってる…?
軽く調べたら、どうやらやくろあんてなさんのところみたいです、感謝。
あと、カトゆー家断絶さんのところでも取り扱っていただいたみたいです。



さて、クビキリサイクルの文庫版発売ということで盛り上がっておりますが、
今日から私なりに色々と考察してみようと思います、やることが無いんでね。


今日は、背表紙について。
講談社文庫の背表紙は、非常にカラフルです。
何箇所か書店を回って調べたところ、
  黄緑 水色 赤橙   黄色

 桃色 肌色 灰色 の、12色。
まだ他にもあるかもしれませんが、私が確認できたのはこれだけでした。
これらの色が、五十音順で作家ごとに重ならないように配置しているようです。
伊藤さん伊東さんが同じ色にならないようにするわけですね。


ここで、西尾先生の前後の作家さんは誰なのか…ということなのですが、
これがなかなか判然としないのです、特に手前の作家さんです。
でも懸命に調べてみた結果、どうやら手前が奈須きのこ先生、
後ろが、西澤保彦先生であるらしいことがわかりました。


次に、一人作家さんを挟んで同じ色になるというのも出来るだけ避けているようで、
『西尾』の手前は『中』で始まる作家さんで非常に煩雑しています。
上記で述べた色がほぼ全て使われていました。
その中で、唯一使われていなかったのが『灰色』で、
実はその色は、森博嗣先生と京極夏彦先生の色でもあるのです!
もし西尾先生が尊敬するこのお二人の色を手に入れたらきっと狂喜乱舞でしょうw


他にもたくさん思うところはあるのですが、今日はここまで。
でも、もしかしたら手前に灰色の作家がいたり、
前後の作家が違ったりするかもしれないので、
鵜呑みにはしていただかない方向でお願いいたします。
もし訂正点があったら、コメントにお寄せくださいm(_ _)m
次回は、表紙&挿絵について考察してみようと思います。

| 戯言シリーズ | 13:45 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】クビキリサイクル 文庫版発売確定!

http://shop.kodansha.jp/bc/books/kpb/index.html#bunko

講談社HPでも正式に発表の運びとなりました。
価格は¥820とややお高めですが…
というかノベルス版と僅かペットボトル1本分の差ですが…。
文庫なんてそんなものなのかなぁ、せいぜい600円くらいのものと思ってました…。
ともあれ、発売まであと1ヶ月…解説は誰なのかなぁ…楽しみに待ちましょう!

| 戯言シリーズ | 00:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】零崎曲識の人間人間 読了

零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)零崎曲識の人間人間 (講談社ノベルス ニJ- 21)
(2008/03)
西尾 維新

商品詳細を見る

というわけで、『零崎曲識の人間人間』読了です。
連載が始まったのが、去年の4月なので、
11ヶ月の時を経てようやく完結ですね。
一昨日も言いましたが、連載当初は絵無しだったので、
そっちの方面でも楽しませていただきました。
それでは、ネタバレたっぷりの感想です。

≫ Read More

| 人間シリーズ | 14:40 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【雑記】零崎曲識の人間人間のサイン本 案の定…

ダメでしたorz

向こうのサーバの問題もあるんでしょうけれど、
ド田舎なうちの地域は光なんて次世代的なものはまだ来ていませんし、
はあー、引っ越したいです…。

仕方が無いので、今から買いに行ってきます。
例によって読み終わるのは日付が変わった頃でしょうね。
それでは行ってきます。



追記
ただ今帰りましたー。
こんな田舎なので、電車を使ってもそんな都会には出れないのですが、
なんとか、一箇所だけ人間人間が置いてある書店があったので、無事、購入してまいりました。
そして第一章…いや、第一楽章だけ読み終えましたが…、
やっぱ書き下ろしはいいですねーw 竹先生の絵は日々進化してる感じです。
それでは、しばし人間人間の世界に浸ってまいります。

| 人間シリーズ | 13:26 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】クビキリサイクル 遂に文庫化か!?

まだソースは少なく、私自身2ちゃんで確認しただけですが…。
http://www3.kuradashi-shinkan.com/kanko/bunkodb.asp(Ctrl+Fで文字列検索)

価格は未定。発売日は4/15となっておりますが…。
とりあえずは、詳細を待て…ということですね。

| 戯言シリーズ | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】パンドラVol.1 SIDE-Bの総ページ数は…?

どうやら、うぱーのお茶会さんで囁かれた、
「殴ると凶器になる。」発言が講談社の耳にも入ったようでwww

先程届いたメルマガによると、総ページ数も確定し発売に向けて製本に入ったようですが、
その、総ページ数が聞いて驚くなかれ、1064P!!!
あれですかー?京極夏彦先生に対抗意識燃やしてる感じですかー?

が、しかし。そのボリュームで1050円(税込)なんて生易しい展開があるわけなく。
きっちり1890円(税込)となっておりました…orz
ま、仕方ありませんね。

詳細はメルマガにて、追って号外で告知するとのことなので、
また何かあったらお知らせします。

| 人間シリーズ | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】零崎曲識の人間人間 表紙&詳細公開!発売間近!

http://shop.kodansha.jp/bc/kodansha-novels/
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1825828

もうここまでくれば、直前に延期になっても、我々読者を押さえ込めることも出来ませんねw
発売確実!あとは6日を待つのみ…となりました!

さて、この表紙…これが曲識のイラスト初披露…ということになるわけですが、
最初は、他の零崎一族のイラストかと思いました…だって3人いるんですもの…。
でも、全員燕尾服を着ているということは、今回のバラバラの時系列に合わせて、
竹先生が描かれたということなのでしょう。

ちなみにこの人間シリーズの表紙…。
人間試験で1人、人間ノックで2人、人間人間で3人…、
ということは、『零崎人識の人間関係』では、4人の人識が…!?
なんて。あくまで推測ですが、人識ファンにはたまらない1冊になるやもです。

あ、今月の『こんな処に隠し部屋』は、西尾先生が担当されていますよ!!
人間人間の発売にあたって、コメントされているので是非♪

| 人間シリーズ | 22:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】零崎曲識の人間人間 発売日(多分)確定!

■零崎曲識の人間人間 【西尾維新 定価1,155円】 3/6
「零崎一賊」――それは“殺し名”の第三位に列せられる殺人鬼の一賊。 “少女趣味”こと零崎曲識が、一賊に忍び寄る危機を察知し、ついに表舞台に 現れた。一賊の結束はどうなるか。“音使い”零崎曲識の闘いが今、始まる。


…と、以上がメルマガの引用です。
今までのこともありますし、手放しでは喜べませんが、
3/4に詳細が講談社HPにUPされるそうなので、おそらく確定とみて間違いないでしょう。

≫ Read More

| 人間シリーズ | 00:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。