2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【雑記】2008年

やっべー!いつの間にか31日だ!
小中高の夏休みじゃないんだから・・・もっとゆったり過ごせばよかった。
というわけで、今回も2008年を振り返ってみたいと思います。



【1月】
・1/4 うろおぼえウロボロス!
   2008年トップバッターはなんと漫画でしたね。
   あの小畑先生とのコラボで、楽しませてもらいました。
   私はこれが最初で最後の週刊誌購入です。(今のところは)
・1/16 パンドラVol.1 SIDE-A発売・・・・・・しない
   初っ端からズルズルズルズルと・・・。
   最早これがパンドラの味になってる感じですね。


【2月】
・「化物語 第零話 こよみヴァンプ」掲載 パンドラVol.1 SIDE-A発売
   これは本当に楽しみにしていたので、読んでいる間は至福の時間でした。
   私はとにかく傷→化の順番で読んだ人の感想を聴きたい・・・。
   委員長フラグバッキバキですものね。


【3月】
・零崎曲識の人間人間 発売
   これもまた延期とかあったりしましたが、書き下ろしを入れて発売。
   いい!は西尾作品至上最も短い最高の名言だと思います。
・戯言シリーズ文庫化決定!
   ここにきてようやく・・・といった感じでしたね。
   この頃は馬鹿みたいに色々な予想とかしちゃったりして恥ずかしい。


【4月】
・『KOBO-CAFE』企画始動
   ただあまり西尾先生に関係ないかなとか思って、
   ほとんどノーチェックだったのですよね・・・目当ては竹先生だけ。
   おかげでとんでもなもの逃しましたけれど。
・「真庭語 初代真庭蝙蝠」掲載 パンドラVol.2 SIDE-B発売
   2007年を盛り上げてくれた刀語のスピンオフ作品、真庭語のスタートです。
   刀語がどちらかというとアクション寄りだったのに対し、
   ミステリでせめてきたのには驚きました。
・「きみとぼくが壊した世界」一挙掲載 メフィスト5月号発売
   一挙掲載とは思わなかったので、そのボリュームに驚きました。
   まぁ3弾目は番外的な要素の方が強かったので、気楽に楽しみました。
・クビキリサイクル文庫版 発売
   まさか新レーベルを立ち上げるとは・・・。
   そして久しぶりに戯言シリーズを読み返して、
   これが原点なんだよなぁとか感慨に浸ったりしました。
・化物語 ア ニ メ 化 決 定
   なんといっても4月・・・いや、2008年の一大ニュースといえばこれでしょう。
   なにせ西尾維新作品初の映像化です!盛り上がりました。
   あ、でもあの時、このブログでは本当にお騒がせしました。


【5月】
・傷物語 発売
   まさかの加筆修正が入ったこの作品。
   しかも修正した場所がトンデモなところで、笑いました。
   そういえば、買った翌日に友達に貸したけど、まだ帰ってこない。


【6月】
・クビシメロマンチスト文庫版 発売
   久しぶりに巫女子ちゃんを見ると切なくなりますね。
   それにしても竹先生は本当に絵の雰囲気が変わった。


【7月】
・刀語蒐集記念プレゼント 発送
   ここまでの道のりが長かった・・・。
   でも満足いく出来だったのでよかったです。
   ただやっぱりもっと上の賞も欲しかったと欲が出てしまう・・・。
・きみとぼくが壊した世界 単行本発売
   既にメフィストで読んでいたので、特に盛り上がりませんでしたが、
   やっぱりTAGROさんの絵はいいですね。
   くろね子さんの私服姿が見れてとても満足。
・COBOcafeにて、なことシリーズ最新作「ヨウ素の皮肉」配布
   馬鹿なことに私はこれを逃しました。
   完全にノーチェックだったので・・・。
・ブログ1年記念
   まぁわりかしどうでもいいですけれど。
   よく1年も続いたものです。


【8月】
・「零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係」掲載 メフィスト2008年9月号発売
   これは今年の作品では、一番の後味の悪さだったと思います。
   この先に出る世界シリーズ4弾よりもきつかった。
・クビツリハイスクール文庫版 発売
   姫ちゃんだけは今も昔も変わらない気がする。
   竹先生が描きやすいキャラなのかなーと思ったり。
・アニメ「化物語」は、新房監督×シャフトに決定!
   もう今のうちに断っておきますが、私は根っからの新房信者なので。
   化物語も楽しみですが、今はまりあ†ほりっくが楽しみで仕方がない。
   さらに詳細発表はいつになりますかねー。


【9月】
・偽物語 発売
   8月にいきなり発表でしたからねー。
   理由はアニメ化にあたって原作のストッ・・うわっ!何をするっ(ry
   西尾先生のモチベーションが上がったからでしょう。
   ここまでいくか分かりませんが、楽しみですね。
   ちなみに、公式サイトが立ち上がったのも9月ですね。


【10月】
・「蹴語」、「人間試験」掲載 パンドラVol.2 SIDE-B発売
   ようやく宣言発売日を守ったパンドラ。
   蹴語は西尾作品の新境地、スポコンもの。
   人間試験は独特な絵で、最初は戸惑いましたが、
   読めば読むほど味のある絵です。
・サイコロジカル上下巻文庫版 発売
   実は未だ読んでいない・・・。
   なんかこの頃から急に忙しくなったんですよね。
   でも、サイコロジカルは戯言シリーズでは一番好きなので、
   ノベルスでは一番読んでいました。


【11月】
・な・・・んにもない。
   強いてあげるなら、この月に出るはずだったものが
   ことごとく延期になった月。


【12月】
・刀語 アニメ化決定
   アニメ化した化物語が大盛況だったため・・・というわけでもなく、
   唐突に決まった、2作目のアニメ化。
   まだ詳細は不明ですが、この後1月1日0時に詳細発表です。
   私はこのあと友達と遊ぶので、すぐには更新できないかもです。
・不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 発売
   西尾作品至上最もタイトルの長い作品ですね。
   サブタイ付きのとか含めると分からないですけれど。
   これのトリック(?)には見事にだまされました。
・真庭語 発売
   キャラの濃さで言ったら、戯言シリーズを凌駕する人たちが主役の作品。
   初代たちのあまりのキャラの濃さに講義中に読みながら声を出して笑ってしまった。
   私はやっぱり喰鮫さんが好きですね。
・「零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係」掲載 メフィスト2009年1月号発売
   なんともまぁさわやかな作品。
   前回の出夢の最悪さといったらなかったですからね。
   こういう話があると救われます。
・ヒトクイマジカル文庫版 発売
   ちょっと不安だったのが、リバーシブルカバーでした。
   文庫っていうとやっぱり定型内に納まってないといけないイメージがあるので、
   キノの旅みたいなぶっ飛んだことはできないのかなーと思ってましたが、
   どうやら杞憂だったようです。安心。
・「蹴語SIDE-B」、「人間試験2話」掲載 パンドラVol.2 SIDE-B発売
   手が疲れてきた・・・これでようやく最後です。
   蹴語は、オレ様名言集にやられました、マジで。
   人間試験は、伊織ちゃんの思った以上の可愛さにやられました。
   普通に今後のパンドラが楽しみです・・・が、
   それゆえに延期が怖くなってもいます。



ふぅううーーーーようやく終わった。
2時間くらいかかった、今年も充実した年だったということですね。
あとは、今年の終わりというか、来年の初めというか、
1月1日午前0時ジャストに、こちらで、詳細発表があります。
おおおお!あと3時間になってます。楽しみだー。

去年は、12ヶ月連続刊行という、偉業を成し遂げましたが、
今年もアニメ化発表、完結したと思われたシリーズの続きなど、
さまざまなことがありました。
西尾先生、今年も本当にお疲れ様でした。
来年も素敵な作品楽しみにしております。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:13 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】刀語絵巻発送延期3

12月の延期第3弾にして、今年の最終弾!
「刀語絵巻豪華版」発送延期です!


って、オイ!!!
シリーズっぽく書いても違和感がない!!

というわけで、               ↓New!!
11月下旬→12月中旬→12月27日~→1月16日~
と、こんな感じです。

1月8日からは、公式HPで製造レポートなんかもあるみたいなので、
↓こちらの方もチェックしていきたいと思います。
http://shop.kodansha.jp/bc/kodansha-box/

これ以上は・・・・さすがにね・・・・・・。

| | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】蹴語 SIDE-B

今年最後の感想になります。
読み終えるのにはほとんど時間を要さなかったのですが・・・。
やっぱり物足りないですね、ほんの30ページ前後では。

でも中身は充実していたので、今回も大満足です。
強いて不満をあげるなら、セパタクローのシーンが皆無だった点ですか。
その代わり、愛すべきオレ様の名言集でやられちゃいましたけれど。
カッコ良過ぎ!そして痛すぎ!!(←褒めコトバ)

そんなわけで、今回はセパタクローがなかったので、
その分を補おうと、今更ながらYouTubeでちょいと試合風景を見てみました。
これがまたかっこよすぎる!!!
空中でグルグル回る選手達が、まるで特撮でも見てるかのよう・・・。

とりあえずひとつ置いておきます。


そして、なんと!
蹴語はまだ終わらない!
次はNO-SIDE、残り3部の全5部作の予定だそうです。
次は、パンドラ3、来春3~4月頃発売予定です。

| 未分類 | 13:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】パンドラVol.2 SIDE-B 発売

パンドラ Vol.2 SIDE-B (講談社BOX)パンドラ Vol.2 SIDE-B (講談社BOX)
(2008/12/20)
講談社BOX

商品詳細を見る

昨日発売だったと思ったのですが、どうやら19日は刊行日だったらしく、
店内に並び始めたのは今日のところが多かったと思います。
私も昨日8件回りましたが、見つからず、今日帰り道に買ってまいりました。

というわけで、掲載されているのは、
「蹴語SIDE-B」と、「零崎双識の人間試験 第一話」です。
12月の著作第6弾にして最終弾、そして2008年度の最終弾でもあります!
蹴語は、今読んでいるところなので感想は後日。
人間試験は短いので続きにちょろっと感想書きます。

次は「パンドラ3」(←ついにVolとかSIDEを投げ出しましたw)、
来春3月か4月あたりから、季刊で刊行予定とのこと。
来年もホクホクな1年になりそうです。

≫ Read More

| 未分類 | 20:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】アニメ・化物語 画像第3弾公開!

http://www.bakemonogatari.com/

第3弾は、恥jy・・・先輩を愛する可愛い後輩、
伝説のヴァルハラコンビの片割れ、神原駿河です!

・・・ってか。

かわいい・・・っ!

なんというか、神原に大切なクールさは残しつつ、
いかにも後輩っ娘なオーラをまとったこの感じ。
これは他のヒロイン達もうかうかしてらんないっすよー。
ランキングとかで意外にも上位に入ってきそうです。

| 物語シリーズ | 16:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】刀語絵巻発売延期2

なんか前にも同じタイトルの記事を書いた気がするので、2で。
12月中旬発送予定だったものが、12月27日より順次発送となりました。
その頃に受け取れない方は、1月5日より再発送だそうです。

| | 01:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】ヒトクイマジカル文庫版 発売

ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫 に 32-6 西尾維新文庫)ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫 に 32-6 西尾維新文庫)
(2008/12/12)
西尾 維新

商品詳細を見る

さて、間髪おかずに12月の第4弾、
ヒトクイマジカル文庫版の発売であります。

表紙は理澄ちゃん。
ノベルス版のときより天真爛漫さが出てる感じですね。
そして裏々表紙とでも表現しましょうか、例のリバーシブルカバー。
少し心配でしたが、今回も健在でした。
しかし二人とも犬歯ってか、牙すげーなー。

口絵は、哀川さんと姫ちゃん。
戯言シリーズ至上身長が最長(もしかしたら双識さんかしら?)の哀川さんと、
戯言シリーズ至上身長が最低(もしかしたら崩子ちゃんかも?)の姫ちゃんが、
こうして並ぶとすさまじい差ですね。

さて、文庫版もあとネコソギラジカルのみとなりました。
刊行予定は、2月~となっているので、やっぱ1巻ずつかもです。
サイコロジカルと違って、ネコソギはもともと3ヶ月連続刊行だったし、
内容的にも、引っ張ったほうが文庫を追ってる方には良いかもしれません。
あと、3冊同時は、ちょっと財布に優しくないってのも考えられますね。
今から、きっと1回くらいは口絵に出てくれるであろう絵本さんに期待ですw

| 戯言シリーズ | 20:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】メフィスト 1月号 発売

メフィスト 2009年 01月号 [雑誌]メフィスト 2009年 01月号 [雑誌]
(2008/12/11)
不明

商品詳細を見る

というわけで、12月西尾維新強化月間第3弾、メフィスト1月号掲載、
「零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係」発売です。

本編は現在読み進めているところでございます。
例によって読み終わるのは明日になりそうなので。
感想は書くか書かないか分からないです。

それと、今回は巻頭に、メフィスト賞座談会なるものが収録されていて、
そこで、昨今話題になっている「西尾劣化コピー」についても触れられています。
先人の歩まぬ道を新たに開拓するのは難しいですよね・・・。

| 人間シリーズ | 20:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】パンドラVol.2 SIDE-B 発売日延期

http://shop.kodansha.jp/bc/mailmagazine/backnumber/kodanshabox_01.html

というわけで、12月15日→12月19日に変更です。
このくらいなら別に我慢の範疇ですよ。

これは1日に配信されたメルマガですけれど、
なんかメルマガがいつからか届かなくなったんですよねぇ。
確認してみたところ、とくに解除されてるわけでもないですし。

| 未分類 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界

不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス ニJ- 23)不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス ニJ- 23)
(2008/12)
西尾 維新

商品詳細を見る

昨日の25時くらいには読み終わったのですが、
そのまま力尽きて寝てしまいました。
続きに感想です。

≫ Read More

| 世界シリーズ | 22:53 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 発売

不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス ニJ- 23)不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス ニJ- 23)
(2008/12)
西尾 維新

商品詳細を見る

昨日メルマガで6日頃となっていたのに、今日普通に書店にならんでました。
みなさんのところはいかがでしたでしょうか?
こんなことなら昨日帰り道に確認して帰るんだった・・・。

まだ1章の頭までしか読んでないので、このまま読み進めたいのですが、
こんな日に限って、明日の大学の講義が、5時限分すべてレポートが出ているので、
今日はこれ以上読み進められそうにありません・・・・無念。
明日の夜には読み終わると思います。

| 世界シリーズ | 20:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】真庭語 初代真庭蝙蝠 初代真庭喰鮫 初代真庭蝶々 初代真庭白鷺

真庭語 (講談社BOX)真庭語 (講談社BOX)
(2008/12/02)
西尾 維新

商品詳細を見る

アニメ化も決定した、刀語シリーズのスピンオフ。
最期の真庭忍軍ではなく、初代の頭領制度が出来る少し前のお話。
ちょっと遅くなりましたが、読了いたしました。

よく考えたら10月頭以来の新刊ですね。
久しぶりの新作、存分に堪能しましたー。
続きに感想です。(ネタばれあり)

≫ Read More

| 刀語シリーズ | 20:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【雑記】不素きぼ 表紙

不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界
(2008/12/04)
西尾 維新

商品詳細を見る

この表紙は・・・・。
まぁスカートはいてないだけよしとしますか。
今回の凸凹部分は、ガラスの破片かと思いましたが
これはどうやらプレパラートのスライドガラスっぽいですね。
倫理教師となった弔士くんに、今度はどんな事件が待ち受けているのでしょうか。



12月3日 追記
コメントでご指摘をいただいたのですが、
自己完結していて書いていませんでした。
なにかというと、表紙の人です。
これ、誰でしょうね。
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1826263
これを見ると、こともあろうか倫理教師となったあの串中弔士とあるので、
出席簿っぽいものを持っているこの人は、弔士くんなのではないかと、
勝手に結論にいたってました。
全ては明日、明らかに!



12月3日 追記2
完全に見逃してました。
本日15時ごろ、メールマガジンが届いてました。
内容は、不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界の内容紹介だったのですが、
それのとなりに書かれている発売日が、12月6日頃になっていました。
もしかしたら発売日が若干前後するかもしれないので、ご注意ください。

| 世界シリーズ | 23:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】刀語 アニメ化決定!!!

真庭語 特設ページ
西尾維新アニメプロジェクト公式HP



本日(12月1日)は、真庭語を手に入れられなかったため、
先日記事にしたBOXのシールは確認できなかったのですが、
公式HPにて、特設HPが開設されたようです。


と、いうわけで。





刀語・・・・




アニメ化・・・・・・・・・




きたぁああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!





ふぅ、落ち着いた。
今日は1日中真庭語を探して町中を歩き回って、
それでも見つかることはなく、
へとへとになって帰ってきてみればこれですよ!
きたぁあああ!だけで体力を全部使い切りました。

上記URLは、上が真庭語の特設ページで、
真庭語の詳細と、狂犬の壁紙がゲットできます。
下が、そのページからのリンクで、
刀語アニメ化決定!の文字と共に書かれていたURLです。

下のURLに飛ぶと、刀語で使用されたNISIOISINのロゴが中心にドーン!とあり、
下の方には謎のカウントダウンが刻々と動くだけの簡素なもの。
この日数から逆算すると、2009年を迎えると同時に数字も零となりますね。
刀語と限定せず、西尾維新アニメプロジェクトとあるので、
化物語の詳細もここで発表されるかもしれません。

まさか化物語の詳細も、まだ満足に発表されていない今、
こうして次のアニメ企画が進行しようとは誰が考えただろうか・・・。
そして刀語も、絶刀が出てからはや2年が経過しようとしているのですね。
コレを期に、また刀語もいちから読み直してみようと思います。

| 刀語シリーズ | 19:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。