FC2ブログ

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【感想】JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN

JOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVENJOJO’S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN
(2011/12/16)
西尾 維新、荒木 飛呂彦 他

商品詳細を見る


西尾維新祭第10弾!

私はJOJOファンではありません。
ドラえもんのように、サザエさんのように、
国民的名作のひとつとして、知識を有しているに過ぎない人間なので、
これから書く感想はいつも以上にお粗末なものになると思いますが、
そこだけはご容赦ください。

基本的にワードに関してはほとんど本編で語られているのですが、
ジョジョの奇妙な冒険を知らない方のために、大枠だけストーリーを説明を。
ジョジョの奇妙な冒険。それは『血統』と『因縁』の物語です。
とある出会いを果たし、とある決別を果たす、二人の青年。
ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドー。
十九世紀から始まる二人の戦いは、その孫、さらに孫へと受け継がれ、
世代が代わる度に、『スタンド』と呼ばれる生命を象る能力が彼らを引き合わせます。
このノベライズ作品は、そんな二人の出会いを描いた第一部と、
『スタンド』が初めて登場する第三部の内容を主軸に、
世紀の悪役、ディオの語り部のみで綴られるストーリーです。

正確には、このストーリーのテーマとなる『天国へ行く方法』は第六部、
冒頭では第四部の内容だったり、場合によっては第五部、
そして何故か西尾先生が過去に書きたがってた第二部の内容は出てこないという、
色々思うところがないでもない感じになっていますが、
ざっくり、続きに感想いってみたいと思います。

≫ Read More

スポンサーサイト



| 未分類 | 01:42 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |