FC2ブログ

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【情報】零崎双識の人間試験 漫画版発売

西尾維新祭第14弾!

であり。
これが今年の最後の単行本になります。

通常版と特装版両方とも買ってきたので早速レビューを。
まず写真はこちら!

IMG_0287.jpg

通常版が左で光が入ってしまっているやつ。
特装版が右ですね。
そして周りに散らばっている6枚のイラストが、
特装版についてくるポストカードセットです。
今はもう手に入らないであろう、アフタヌーン連載開始号についてきた、
竹さんのイラストもポストカードになってついています。
これだけでも十分買いなんですけれども。

前にもお話したとおり、通常版特装版の両方とも巻末に、
西尾維新による作品用語解説 『人間試験 過去問』が収録!
もちろん零崎ってなによ?的なちゃんとした用語解説から、
なんで鋏が武器なの?無桐の由来って?など、
さまざまな裏話を交えた解説が載っています。
両方共、4ページずつ。内容は同じです。

次に、本編の通常版と特装版の違いですけれども、
これは基本なく、唯一違う点は、
特装版は最初の八ページがカラーで収録されています!
これは連載時と同じなのですが、このカラー口絵、
カラーであることを良い事に滅茶苦茶遊んでます。
西尾先生がよく、小説でしかできない表現を使うのと同様に、
カラーでしかできない表現がたった数ページに使われまくっています。
そのおかげで、通常版では白黒になっているのですが、
なんだか誤植みたいになってしまっているくらい。
ここを存分に楽しみたい方は、特装版を買うことをおすすめします。

最後におまけ。

IMG_0288.jpg

アニメイトで行われているフェアで、
西尾維新関連商品を一冊購入毎(講談社商品のみ)に、
上のしおり(全5種)を一枚ずつ配っています。
私も今日さっそくもらってきましたが、
人間試験も嬉しいのですが、それよりも物語シリーズの方が嬉しい。
このひたぎはやばいです!
こちらはなくなり次第終了だと思われるので、
欲しい方はお早めに!
スポンサーサイト



| 人間シリーズ | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】恋物語

恋物語 (講談社BOX)恋物語 (講談社BOX)
(2011/12/21)
西尾 維新

商品詳細を見る


西尾維新祭第13弾!

にして。
2011年に発売される小説としては、これが最後になります。
まさにセカンドシーズンのラストにふさわしい。

恋物語感想の前に、ファイナルシーズンの話をしましょう。
最後にクローズアップされるのは3人。
斧乃木余接、忍野扇、阿良々木暦。
どんなストーリーが描かれるのかは予想してみる。
おそらく余接で今度こそ学習塾炎上事件が書かれるのかなーと。
しかし残り二人に関してはまったく予想不可能ですね。
扇に関してはまんまですし・・・。
そして話数ですけれど、セカンドシーズン以降色々遊んできて、
猫黒から禁、懇、閑、変、乱、忍、恋ときています。
まあ大体の方は知ってるとは思いますが、すべて【-n】という読みです。
ファイナルシーズンもそれに倣って・・・と思ったら、
体、完、本ときています。
ど頭で物語に変調を取り入れ。
次に物語にピリオドを打つ。
最後に物語を冠する語で〆。
なかなか侮れない三冊になりそうです。
そして語り部も。
今回の話を読んだあとだとなんとなーく予想がつきますね。
それぞれがこのキャラですし?
まあまた手痛く裏切られるのでしょうけれど。

では続きにネタバレ感想です。

≫ Read More

| 物語シリーズ | 00:02 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |