2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニコニコ超会議 喜多村英梨とみる偽物語生オーディオコメンタリー

4月29日(日)、午前11時からニコニコ超会議で行われた、
アニプレックスステージにて、「喜多村英梨とみる偽物語生オーディオコメンタリー」
というものが行われました。いえーい。見逃したぜー。
タイムシフト予約はしてませんでしたが、有料会員なのでなんとか視聴。

偽物語宣伝担当のツイさんこと、鈴木健太さんと、
同じく宣伝担当のおなじみゆまこと、高橋祐馬さんのトークで始まり。
本当に愉快なところに力を入れてますねー。
彼ら敏腕宣伝マンの手際の良い宣伝のおかげで、
私は見事生放送を見逃しましたよ。
せめてツイさん、『偽物語』の一言でも良いので、当日につぶやいて欲しかった・・・。
そして公式HPのお知らせ欄、仕事しろ。

さて、火憐役の喜多村さんも迎えての生オーディオコメンタリー。
当然コメンタリーをするのは第8話。
そして当然歯ブラシを片手に行われています。
そして月火の話で、唯一月火が活躍しているOPで、
marshmallow justiceの話をする、当然というかなんというかの展開。

コメンタリーの9割はまあ、当然歯磨きの話に終始。
特に、行為をしているシーンというと意味深長になってしまうので、
単純に歯磨きシーンといいますけれど、歯磨きシーンの中でも、
このシーンでは◯◯だった、ここはリテイクが多かったなど、
ただでさえ内容がアレなのに聞いているのが恥ずかしいことこの上なかったw

そしてコメンタリーが終わった後も歯ブラシの話。
おそらく一日歯ブラシの話で盛り上がった場所は、このニコニコ超会議と、
歯ブラシ会社くらいじゃないでしょうか。GUMとか。
最後には実際どういう風に演じたのか、喜多村さんの顔をカメラでぬき、
「にいひゃん・・・いいよ・・・」のところを実演させる始末w
喜多村さんファンにゃたまらない40分間だと思います。
そこは予約録画をご確認あれというところで。予約録画した人と、
有料会員ならば、たぶん向こう1週間くらいは見れるはずです。

にしても、今まで物語シリーズはキャラコメが基本だったので、
こうしてスタッフによるコメンタリーは新鮮でしたね。
せっかくやったのだし、なんなら本編ディスクに収録してほしいところです。
第一巻のように、裏音声を入れられるなら複数収録も可能なはず。
今回だけというのは惜しいですね。
とはいえ、楽しい時間でした。
スポンサーサイト

| 物語シリーズ | 22:23 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】ラジオ「めだかボックス」 第5回

今回の花はスズラン。
漢字で書くと鈴蘭で、それだけでも格好いいのに、
スズランって、別名『君影草』っていうらしいですね。
厨二病全開の名前で私は好きです。

と、その話はさておき、今週と来週のゲストに、
栗林みな実さんがいらっしゃいました!
先週言ってくれよう!まあどちらにせよメールはしてませんでしたが・・・。

序盤はゲストトークっぽく、『HAPPY CRAZY BOX』について。
両曲ともめだかボックスの単行本が出ているところまでを読んで作った曲らしく、
やはり『HAPPY CRAZY BOX』はめだかの力強さと疾走感、
また、『approach completion』はめだかと善吉のことを想い作ったそうです。
『approach completion』の誕生秘話なんかは面白かったです。
叶うなら、刀語の曲が生まれたくだりとかも聞きたいですね。

ただ、歌うときは力強さが際立つ栗林さんですが、
一緒にやることになったコーナー、『十三組編入試験』は甘々でしたw
しかも最後に軽く罰ゲームのようなスキルを披露して終了。
いやでも凄いですけれどねw
自分の喉を操るスキルの持ち主は、一応めだかにも出てきますしね。

ここで、ラジオとは関係ありませんけれど、
めだかボックスのアニメサブタイトル情報。
残念ながら、メガミマガジンにはこれくらいしか情報がなかった・・・。
05/02 第05話 「勝って得よ!」
05/09 第06話 「わかってもらおーなんて思ってないよ」
05/16 第07話 「誰にでもこういうことするの?/勝手でなければ」
05/23 第08話 「黒神めだかは私が潰します」

水泳大会編が終わり、もがな回が終わった後、
前後するように夕原回ってことですね。んでその後に鬼瀬回。
鬼瀬回でどのくらいまでいきますかねー。「相容れねえ」あたりまでかな。
ちなみに私は気にせずここでもネタバレしていきますが、
豊崎さんは挨拶から飛ばしますねw 裸エプロ~ン。

で、冒頭にも書きましたが、次週も栗林さんがゲストです。
次回は5月4日(金)配信予定です。

| めだかボックス | 22:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】娘TYPE 2012 6月号に偽物語表紙&記事掲載

娘TYPE (ニャンタイプ) 2012年 06月号 [雑誌]娘TYPE (ニャンタイプ) 2012年 06月号 [雑誌]
(2012/04/28)
不明

商品詳細を見る


娘TYPE買うのいつぶりだろうか・・・。
西尾維新関係の記事が載っていたら平気で雑誌も買いますが、
載っているか定かではないものまで買う余裕は無いので、
今回は久しぶりに表紙に名前、どころか表紙そのものを飾っていたので購入。

描き下ろし(だよね?なんか最近見すぎて麻痺気味)は表紙のみで、
中身は、『阿良々木暦リア充な一日』という、なんとも爆発して欲しいタイトルのもと、
アニメで使われたカットを如何にも「とある一日に起きたこと」といった感じに並べ替え、
そのシーンごとの名台詞などを抜粋したりしたものなのですが、最後の最後が問題。
火憐に歯磨きをしながら一言。「僕だってお前たちのためなら死んでやるよ」。
月火の初チューを奪い一言。「好感度なんかいらねぇよ。僕は最低の人間でいい」。

いや、最後だけじゃなくてその前の、ヒロインと会っている部分も、
わざととしか思えない台詞のチョイスですw
これが幾度かにわたり、世界を救っていたかもしれない主人公の姿か・・・。

| 物語シリーズ | 19:37 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】少年ジャンプNEXT2012春号にブックカバー付録

IMG_0356.jpg

なにこれめっちゃ格好いい!
基本、めだかボックスの表紙は白が基調のイラストですが、
今回は真っ黒。
暗黒と言っても過言ではないほどの黒。
むしろ黒神めだかが主人公のこの物語は、本来こうあるべき・・・とか、
だんだん球磨川に洗脳されていくかのような表紙です。
裏側は球磨川の名シーンの数々を集められています。
なんか切り取るの勿体無いなぁ。
15巻にかける用と、保存用にもう一冊買おうかしら。

| 西尾維新 | 19:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】コミック版 零崎双識の人間試験 第8問

月刊 アフタヌーン 2012年 06月号 [雑誌]月刊 アフタヌーン 2012年 06月号 [雑誌]
(2012/04/25)
不明

商品詳細を見る


今回は忘れてたわけではまあ、なく。
あの怒涛の西尾維新ウィークにおける優先順位の下の方にあっただけ。
ままそれはいいとして。

今回は、というか前回も載ってたかな?
うろ覚えですが、特典につくポストカードイラストに参戦する、
イラストレーターさんたちが発表。
まず、原作の竹さんは今回も外せない。
そして、アフタヌーンで4コマ連載をしているカラスヤサトシさん、
『ヒャッコ』でも有名な真田ジューイチさん、
『くおんの森』・・くらいしか私は知らないのですが、釣巻和さん、
『やはり俺の青春ラブコメは間違っている。』イラストのぽんかん⑧さんの5人。
これ、毎巻やるんですかね。
だとしたら楽しみすぎる・・・。

そして、肝心の漫画を担当しているシオミヤイルカさんですが、
6月10日にサイン会が開催されるようです。
参加要項は、アニメイト秋葉原にて第2巻通常版か特装版のどちらかを、
全額内金予約or購入で参加券配布とのこと。
既に配布は始まっており、今現在どの程度残っているかは不明ですが、
予約時点で配布なので、欲しい方はお早めに、って感じです。
私は現在考え中・・・西尾先生のサインではないですしね・・・。

では続きに感想です。

≫ Read More

| 人間シリーズ | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ化物語副音声副読本(上)

さて、悲鳴伝の感想を書き終えた21時半頃から、
日付をまたいだ現在25時半までの4時間近く、
久しぶりに引っ張り出してきた化物語Blu-rayと、
今回購入した化物語副音声副読本との比較を行なっていたのですが、
言葉では説明しきれないので画像をご覧ください。

IMG_0354.jpg

付箋をつけた箇所がアニメには収録されなかった箇所です。
つまり、長すぎるので行単位でカットさせた箇所ということですね。
単語単位のものから、掛け合いがバッサリ削られたものまで様々ですが、
ざっと数えて、110箇所以上

で、それとは逆に、アニメで尺が余ってしまって西尾先生が、
収録現場で直接書き下ろしたとおもわれる箇所、
つまり、アニメには収録されているけれど、副読本には収録されていない部分、
こちらも少ないですけれど、約10箇所にわたりあります。
しかもひとつひとつが数分単位の掛け合いという、
どうすればそんな尺の読み違えをするのだろうという長さで存在します。

ちなみに、付箋の色が違っているのは別にパターンによって分けたのではなく、
単純に頭から順番に同色の付箋が尽きていくから色が変わっています。
7色あった付箋がいまやたったの2色しか残っていません。

これだけの量が詰まっていて、お値段は1400円です。
化物語Blu-ray BOXは高くて手を出せないけれど、
その副音声とやらは気になるという方にはお手頃価格にして、
お試し価格でもあり、既に持っている人にとっても聴き比べ見比べを楽しめます。
ただ、めっちゃ疲れるので覚悟を決めて挑みましょう。

| 物語シリーズ | 01:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】悲鳴伝

悲鳴伝 (講談社ノベルス)悲鳴伝 (講談社ノベルス)
(2012/04/26)
西尾維新

商品詳細を見る


新しい世界観の物語。
という意味では、少女不十分が出た昨年秋ぶりというところですけれど、
あれが現実に起きていたかもしれない異常な物語ならば、
こっちは現実が異常としか思えない、でも起きてしまった物語。
まあ言うなれば、戯言シリーズのような『設定』が多く混在する、
シリーズ化しようと思えばいくらでもできそうな、世界観重視の作品というわけです。
最長巨編の名に恥じないスペクタクルストーリー。
しかし壮大過ぎて、他の人はどう思ったのかが気になる構成。
コメント欄に感想、いくらでもカモーンです。
とまあ、あまりもったいぶってもしょうがないので早速感想を。

では続きにネタバレあり感想です。

≫ Read More

| 未分類 | 21:28 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ めだかボックス 第04箱「どっちやねん!!/願いがあるなら!」

っあー。
昨日は爆睡してしまった。
おかしいな、本来なら悲鳴伝を中段して先行上映を思い出しつつ、
感想の準備を進めながら久しぶりにリアルタイム視聴をし、
放送が終わるとほぼ同時に感想を投下し、すぐに悲鳴伝に戻り、
今頃は読み終えて悲鳴伝の感想に着手しているはずなのに、
未だ第3話で止まってめだかも見られていないとかね・・・。

そいじゃ続きに感想です。

≫ Read More

| めだかボックス | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】悲鳴伝 入手!

悲鳴伝入手!

発売前夜ですが、手に入るところでは化物語
副音声副読本とあわせて、もう並んでいます。
さっそく読み進めていますが、とても分厚い!
一晩で読みきれるだろうかというくらい分厚い!
さっそく他の西尾作品とその分厚さを比較してみました。

まずは刀語余語から。

IMG_0351.jpg

おわかりだろうか。
これが1300円(左)と5000円(右)の差である。

私にはよく分からないので、お次は西尾維新史上過去最長作品、
ヒトクイマジカルと比較。

IMG_0352.jpg

うっひゃーそんな変わんね。
これでも40ページくらい悲鳴伝の方が分厚いんですよ?
ちょっとページが浮いていますが、未だこれしか読みきれていません。
今宵は長い戦いになりそうです。

| 未分類 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ 偽物語 かれんビー(上)

「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2012/04/25)
神谷浩史、喜多村英梨 他

商品詳細を見る


というわけでついに発売日となりました、アニメ偽物語。
買ったらもう本編とかそっちのけでコメンタリー聞いちゃいました。
アニメ序盤はやっぱり複数回見てきてますからね。
ちなみに、ロリコンじゃない方は裏音声からじゃなくて副音声から聞きましょう。

まず副音声は戦場ヶ原ひたぎと羽川翼。
この二人はもう鉄板ですね。
鉄板過ぎて古株面が果てしなく面倒くさいw
バサ姉も以前のように無理して軌道修正しなくなってきたので、
今回はもうやりたい放題でした。でもツッコミを放棄しなかったのは評価したい。

そして第一巻のみの特典となる裏音声。
こちらを担当するのは中学二年生コンビ、阿良々木月火と千石撫子。
こっちもこっちで面倒くさいわ!なんだこの囮物語の再来は。
お互いの呼び方が月火ちゃん、撫子ちゃんになっているので、
偽物語よりは少しだけ進んでいるのでしょうけれど、
なに、この二人こんなに危ない状態のまま友好関係を気づいてきたのか・・・。
どちらにせよ、副音声も裏音声も全く視聴者に媚びることのない姿勢で安心ですw

ほいで最後に「marshmallow justice」フルVer。
毎回、meg rockさんの歌詞は2番でひねっていたので、
今回も何かしらあるのかなぁと思っていましたが、そんなことはなかった。
頭から最後まで全力疾走まっすぐな歌詞で勝負してきました。
途中に「マシュマロのように格好良く」という部分がありますが、
そこがまたちぐはぐな感じで火憐っぽくて好きです。

さて日付が変わって今日からは、化物語副音声副読本、悲鳴伝と忙しくなります。
それが落ち着いたら、今度はコメンタリーを外してゆっくり放送版と見比べたりしたいですね。

| 物語シリーズ | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】めだかボックスOP「HAPPY CRAZY BOX」発売

HAPPY CRAZY BOX 【初回限定盤】(DVD付)HAPPY CRAZY BOX 【初回限定盤】(DVD付)
(2012/04/25)
栗林みな実

商品詳細を見る
HAPPY CRAZY BOX 【通常盤】HAPPY CRAZY BOX 【通常盤】
(2012/04/25)
栗林みな実

商品詳細を見る


初回限定盤と、通常盤の2枚があるのでお間違えなく。
私はアニメジャケが欲しかったので通常盤をレジに持って行ったら、
レジでいつの間にか初回限定版に差し替えられていて、
途中で気づいて取りに戻るハメになりました・・・。

さて「HAPPY CRAZY BOX」。
単純にクレイジーという単語を聞くと、日本人は悪い意味しか持ちませんが、
これ、向こうでは日本でいうところの「ヤバイ」みたいな意味合いで、
最高!みたいな解釈で使われることもあるみたいです。
なので、完璧超人のめだかのためにあるような曲、ともとれますし、
また、悩める少年少女たちの背中を後押しする力強さと優しさのあふれる曲です。
『未来』や『夢』などの不確かなものを、めだかボックスのテーマにもある『花』に例え、
それを咲かせるために懸命になる姿が描かれています。

また、カップリング曲の「approach completion」。
こちらは、テーマに『ふたり』をつかった曲なので、
なんだかめだかと善吉のことを歌っているのかなぁとも思いましたが、
どちらかと言うと、自分の中にあるもうひとりの自分と、
向き合うための曲、という印象を受けました。
めだかボックスでいうなら、めだかの二面性について、ですかね。
まぁこの辺はアニメじゃまだ先の話ですけれど。
その時にはこの曲を使って欲しい気もしますね。

| めだかボックス | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】プロジェクトアマテラス 西尾維新参戦決定

ユーザー参加型プロジェクトサイト、『アマテラス』なるものが、
4月23日からスタートしたようなのですが、
その中のプロジェクトのひとつとして、

『悲鳴伝』プロジェクト、始動。
ビジュアルイメージマイカバープロジェクト。


と題して参加を募っています。
西尾維新祭同様、こちらも詳細は追って公開とのこと。
ビジュアルイメージを求めるということは、
悲鳴伝には一切イラストが無いと考えていいのでしょうかね。

他にも色々と面白そうなプロジェクトがあるので、
これからも随時チェックしてまいりたいと思います。

| 西尾維新 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】西尾維新祭2012(仮)開催決定

昨年12月に行われた西尾維新関連商品連続発売月刊が、
今年も装いを新たに帰ってきました!

http://www.nisioisin-matsuri.com/

今回の対象商品は、26日に発売となる、
・アニメ化物語副音声副読本
・悲鳴伝
の二冊。
今のところは、ですけれど、
もう一作品そこに加わりそうですね。
今回はどんな祭りになるのか未だ不明ですが、
とりあえず続報待ちですね。

| 西尾維新 | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第143箱「そんな理由じゃないんです」

西尾維新ウィーク第二弾、めだかボックス143箱。
めだか感想にこんなに時間をかけたのはいつぶりだろう。
数字言語のときは少し苦労したけれど、ここまでではなかったはず。

それはそうと、小説版の表紙が公開されました。
久々原滅私と啝ノ浦さなぎ、それぞれがどちらなのか不明。
多分前者が男で、後者が女かなぁと思いますが・・・。
この二人は変換でヒットしないので、今度辞書登録しときます。

今週は合併号なので、次週はお休み。
でも、今週半ばにめだか4話、今週末にジャンプNEXT、
来週半ばにめだか5話と小説版めだかボックスがあり、
そしたらもうすぐに144箱です。
しかも今週は読み応えがありすぎる内容なので、
退屈しない一週間を過ごせます。

では続きに感想です。

≫ Read More

| めだかボックス | 00:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】イベント めだかボックス第4話先行上映会

IMG_0348.jpg

そんなわけで本日、めだかボックス第4話先行上映を見てきました。
あいにくの天候でしたが、結構人がごった返していました。
まず、12時からゲーマーズで、13時からアニメイトで
上のスリムポスターの配布があり、そこでかなり人にもみくちゃにされましたね。
その人数からして、上映会の整理券はすぐに捌けてしまうと思っていましたが、
そちらは開始直前まで余裕あったみたいで、早起きして損しましたね・・・。

第4話はあくまで先行上映ということで、
ここではがっつりは語りませんけれど、とりあえず阿久根が以前
めだかにデレてたときの声は今回の話で払拭されたこと(ていうか慣れた)。
そして不知火が相変わらず食い過ぎなことだけは記しておきましょう。

にしても、めだかボックスは序盤と今現在の連載とでは、
本当に内容が違いますね。
それは豊崎さんも「バトルに突入する」とかラジオで言うくらい、
日常編とバトル編ががっつり分かれているわけで、
それぞれが他作品のような印象を受ける気もするのですが、
こういうイベントの場などでしっかりと台詞のひとつひとつを聞いてみると、
実はめだかや阿久根、善吉の中にしっかりとした芯みたいなものがあって、
それだけは揺るぎなく100話を超えても、受け継がれていることが分かります。
日常編あってこそのめだかボックス。
あらためて再認識させられた一日でした。

| めだかボックス | 17:28 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】ラジオ「めだかボックス」 第4回

今回の花はシロツメクサ。
名前の由来を初めて知りましたが、緩衝材代わりだったんですね。
花の立場からしてみたら迷惑なことこの上ないですねぇ。
なんかもっと緩衝材の役割を果たしそうな雑草は他にありそうですけれど。

てなわけで、ラジオの感想なわけですが、今週は西尾維新強化週間。
馬鹿みたいに色々なことがあります。

4月22日(日) めだかボックス第4話先行上映、めだかスリムポスター配布
4月23日(月) 週刊少年ジャンプ21・22合併号発売
4月24日(火) 偽物語(上)BD、めだかOP(フラゲ)発売
4月25日(水) 月刊アフタヌーン、化物語副読本発売、めだかアニメ4話放送
4月26日(木) 悲鳴伝発売
4月28日(土) ジャンプNEXT発売(掛け替えカバー付録)

なかなか地獄のスケジュールになりそうなので、
めだか4話に関しては今日見られてよかった・・・。
でも、感想は当日までとっておくことにします。

今回は、というか割りといつも演技のことについて触れてましたが、
今日イベントで、恐らくアフレコ開始前に収録したのであろう演技を聞いて、
やっぱりこっちでよかったんじゃないかなぁと思ってしまいます。
もちろん豊崎さんは制作サイドの意見を話すのが主だと思いますが、
今後めだかの異常性が浮き彫りになっていく上で、どうしても違和感が出る気がします。
やっぱりラジオを聞いていて豊崎さんが滅茶苦茶ファンなことが伝わってくるので、
その辺どう思ってるのか気になる!

今週の迷言。

すやすやブレイカーってどう!?


あんたそれ、序盤に読んだ「フラグブレイカーさん」から取ったでしょw
でもスキル名を考えるのは良いですね。
西尾先生に言えば、5分後くらいにつけて返してくれそうです。

今回見てきた第4話は内容に関してはネタバレなので伏せますが、
今回も次週の見どころが無かったので勝手に。

胸元を露出する!!


いやーヤバかったです。色々と。
ちなみに、今回のBパートの「願いがあるなら」は、
やっぱり八代先輩の話でしたね。
何度も読みなおしたのになんで見落としてたんだ・・・。
てっきりオリジナルがくるかと思ってました。

第4回はそんなところで。
次回はゴールデンウィークへ突入というところですが、
ゲストはまだなのか・・・。
てっきり毎回代わる代わるゲストがくるものだと。
次回は4月27日(金)配信予定です。

| めだかボックス | 17:13 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ めだかボックス 第03箱「余計な真似だよ!!/めだかさんの御心のままにっ!!」

今回はちょっと遅れてしまいましたねー。
やっぱりド深夜だとこんな感じになっちゃいそうです。
日によっては翌日の夜以降の更新になるかもしれませぬ。

とりあえず今の自分を深夜や早朝に目覚めさせているのは、
◯◯の声優さん誰かなーというところが一番大きいので、
次回新キャラが登場しない、みたいな回がきたら、
ずるずると更新が伸びる可能性がありますね・・・。

ちなみにお知らせ。
記事単体でいこうとも思いましたが、あまりにざっくりとした告知なので。
次回の第四話ですが、今週の日曜日22日にアニメイト秋葉原店で先行上映されます。
どの程度人が来るか予想がつかないので、早めに行こうとは思いますが、
なにやら配布物もあるようなので競争率高そうです。
詳細(たったの5行ですが)はこちら。
http://medakabox.jp/news/hp0001/index00290000.html

それでは続きに感想です。

≫ Read More

| めだかボックス | 04:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第142箱「相手にとって不足なし」

小説版めだかボックス(上)
久々原滅私の腑抜けた君臨または啝ノ浦さなぎの足蹴による投票

この情報がついに明かされましたね。
やはり予想通りめだかボックス第0箱。
黒神めだかが生徒会長に上り詰めるまでの前日譚が、
今原作者の手によって小説化される・・・!
てな感じの内容みたいですね。

善吉の話になる可能性もあるかなーと思っていましたが、
どちらにせよ善吉はいろいろ手伝わされたみたいですし、
確か不知火もいろいろひっかき回したんですよね。
どんな内容になるか楽しみです。

それでは続きに感想です。

≫ Read More

| めだかボックス | 00:21 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】ラジオ「めだかボックス」 第3回

今回の花・・・というか、うん、花は『イチゴ』。
イチゴの花ってぶっちゃけ見たことないのですけれど、
実の方のイチゴに関しては色々思うところがありまして。
私、イチゴ食べられないんですよ。苦手。
なんであんな可愛い色と形してるのに酸っぱいのか!
食べ方によっちゃ美味しいんでしょうけれど、
多分幼少期にハズレでもひいたのか、
そのときの衝撃・・・トラウマを未だに引きずっています。

今回は冒頭ではアニメコンテンツエキスポのお話でしたね。
詳細はこっちで語りつくしましたけれど、他所にちゃんとしたレポも。
http://closeup-nettube.livedoor.biz/archives/6950658.html
http://www.koepota.jp/news/2012/04/12/0301.html
やっぱ浪川さんのインパクトつぇー。
このインパクトに押し負けて、今回のアニメの見所は無しでした。

今週の個人的名言。

巨乳は正義です!


ここだけ抜き出すと変態ですね。
まあ西尾維新の書く変態には及ばないでしょうけれど。
うん。ほんとうに・・・。

そうそう変態といえばアブノーマル。
アブノーマルといえば、今週の「十三組編入希望試験」。
今週も順調に紹介された3人全員が編入しちゃいましたけれどw
その中でも、最初に紹介された18回連続でお菓子の当たりを引き当てた、
不覚にも今川義元の子孫さんは凄いっすね。マジアブノーマル。
ちなみにめだかボックスは13という数字に目が行きがちですが、
第一回人気投票で18位を記録した阿久根高貴は、18に因縁があったりします。
某所調べによると、鹿児島県にある阿久根市は県内ランキングで、
人口総数18位・転出者の人数18位・出生した人数18位
総世帯数18位・一般世帯数18位・高齢単身世帯数18位・離婚件数18位
らしいです。ほんとか知らんですけどw

あとは今回のラジオで紹介されたわけではありませんでしたが、
明日、15日の日曜日の22:00からAT-Xで放送される「Club AT-X しもがめ」内で、
豊崎愛生さんのインタビューがあるようなのでこちらもお見逃しなく。
ちなみにこの番組のMCを務めていらっしゃる大亀あすかさんは、
めだかボックス第二話で有明先輩を演じられた方です。
西尾作品アニメもめだかボックスで声優が増えていき、
どんどん輪が広がっていきますねー。
今のところ作品を跨ぎ重複している演者さんは、
「化物語」八九寺真宵・「(VOMIC版)めだか」不知火半袖役の加藤英美里さん。
「化物語」阿良々木暦・「VOMIC版めだか」人吉善吉役の神谷浩史さん。
「刀語」皿場工舎・「偽物語」斧乃木余接役の早見沙織さん。
「刀語」真庭白鷺・「VOMIC版めだか」日向役の羽多野渉さんの4人で全員ですかね。
今後が楽しみです。

そんな第三回。
最後の方まだ1クール目じゃまず出てこないであろう、
球磨川の話とかしちゃって、どんだけファンなのかこの人w
あ、でも回想シーンで出てこなくもないか・・・?ともかく。
よーく聞いてみると、原作の話をしだすとたまに編集が入ってますw
「私は球磨川くんが好きなのね!」って言う直前のところとか。
早く球磨川編までいって、豊崎さんのめだかボックス論を聞きたい!
次回は4月20日(金)配信予定です。

| めだかボックス | 18:57 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ めだかボックス 第02箱「貴様が犯人か?/当然、私だ!」

早くも第二話。
早くもって、普通に一週間しか経ってないですけれど、
ここ最近なんか毎日のように更新している感じなので、
本当に時間が経つのを早く感じてしまいますね。

ちなみに今回からしばらくは一話二編構成になりそうですが、
このサブタイ、どう考えても遊んでますよね。
貴様が犯人か?→当然、私だ!
って。
どっちもめだかちゃんの台詞だよw
本編中の台詞から抜き出しはどうやって選んでるのか不明ですが、
アニメに関してはこういった遊びを今後も含めてきそうですね。

ちなみに前回の第一話ですが、現在ニコニコ動画で配信中です。
http://ch.nicovideo.jp/channel/medakabox
これからも最新話が毎週土曜日の25時30分から一週間無料配信されるので、
お見逃しなく!

てなわけで続きに感想です。

≫ Read More

| 西尾維新 | 02:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】アニメディア・Newtype5月号 オトナアニメVol24に記事掲載

アニメディア 2012年 05月号 [雑誌]アニメディア 2012年 05月号 [雑誌]
(2012/04/10)
不明

商品詳細を見る


まずアニメディア。
こちらはなんとめだかボックス表紙!
表紙をめくると大きな不知火の姿も確認できます。
「表紙の2人張り切っちゃって。そのテンション、キモイなー」と、
Blu-rayのアピールする気ゼロなテンションです。
ちなみに中には4ページのめだか記事が掲載されています。
描き下ろしイラストや、豊崎さんのインタビューなど盛りだくさん。
アニメ5話、6話のサブタイもここで公開されていますね。
05/02 第5話「勝って得よ!」
05/09 第6話「わかってもらおーなんて思ってないよ」

ふむふむ、あの話ですね。
2話も使うのか・・・。

あとはもう少し先に偽物語の記事も2ページ載っていますが、
こちらはまあ特に新しいものがあるわけではなく。


ほいでもって、Newtype。

Newtype (ニュータイプ) 2012年 05月号 [雑誌]Newtype (ニュータイプ) 2012年 05月号 [雑誌]
(2012/04/10)
不明

商品詳細を見る

こちらは、偽物語の記事が4ページにわたって掲載。
うち、2ページは見開きで火憐と月火の描き下ろしイラストです。
もう2ページは板村さんと新房監督のインタビューでした。
まあもうさんざん聞いた内容ばかりでしたけれど、一部、
シーンの色替えに関して、白黒を挟むというのはここで初めて聞いた気がします。
確かに前作に比べてカラフル度が強かった気がしますけれど、
今回そこまでシーンの色替えを意識して見てなかったですね。
BDが発売されたら注意して見てみようと思います。


最後にオトナアニメ。

オトナアニメVol.24 (洋泉社MOOK)オトナアニメVol.24 (洋泉社MOOK)
(2012/04/10)
不明

商品詳細を見る

こちらは凄い特集ですね。
なんと36ページにわたる偽物語特集。
巻頭10ページ前後はClariSのインタビューですが、
その中でも偽物語に触れていて、しかも偽物語の後には、
めだかボックスが2ページ特集されているので、実質40ページ。
化物語のときもそうでしたけれど、本当西尾維新好きにはたまらない。
あのときと同じように、一話一話をしっかり解説し、OPアニメーションも、
カットごとに細かい解説、絵コンテもかなりの量が掲載されていて、
美術設定も、あの独特な阿良々木家やミスド、カラオケ店など余すところなく・・・!
ふう。
軽く読んだだけでも、きちんと偽物語を見れていなかったことを思い知らされる・・・。
今度ゆっくり読むことにします。ではー。

| 西尾維新 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第141箱「幸せになる前に」

前回、壮絶な幕の閉じ方をした「黒神めだかの後継者編」。
そして、生徒会長も99代目から100代目へと移り、
その意味では第二部、完。とでもいう締めくくりでしたが、
同時に今回から新章のスタートです。

ちなみに今回のめでぃあボックスは、
「箱庭名言総選挙」。
ようはそれぞれのキャラのキャッチコピーを募集するようで。
開始するのは4月16日~なので、なんか考えてみようかなぁ。

そいでもって、アニメめだかボックスのBD発売日は7月25日。
西尾先生書き下ろしのドラマCDとか、キャラソン収録CD付きとか、
また化物語みたいな豪華さで攻めてくるようです。
ある意味じゃあ傷が延期になって良かったとも言える・・・。

それでは「漆黒の花嫁衣装編」、開幕。

≫ Read More

| めだかボックス | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】西尾通信 当選!

IMG_0345_20120408205839.jpg

というわけで、昨年末行われた西尾維新祭における、
10000名限定の『西尾通信』が我が家に到着しましたのでご報告。
とはいっても、もうすっかり遅くなってしまいましたねぇ。
かなりの場所で到着報告がされているので何番煎じだもう。
とりあえず情報のまとめを。

1.全物語 アニメ化決定
 まず化物語の前日譚であり、傷物語の後日譚である猫物語(黒)。
 こちらが何らかの形態でアニメ化がなされたあと、
 原作ではセカンドシーズンと銘打たれている、猫物語(白)、
 傾物語、花物語、囮物語、鬼物語、恋物語の全6冊を、
 2クールアニメとしてTVアニメ化が決定とのことです。
 2クール・・・足りるのだろうか・・・。
 ちなみに全ての物語という意味での全物語なのか、
 <全物語>というタイトルでアニメ化されるのかは不明。

2.劇場アニメ 傷物語 2012年内のアニメ化不可能
 こちらは残念なニュースです。
 ですがまぁ、まどかマギカの劇場アニメもあることですし、
 しゃーなしだ!と諦められるかっつの!!!
 も~アニメ化が決定してから丸2年過ぎちゃいますよ・・・。
 この間神谷さんがすごいことになりますよ!って言ってましたが、
 製作期間丸2年半以上となるとそうなってもらわないと逆に困る。

3.「化物語」副音声副読本 上下分かれて発売
 上巻がひたぎ~するがまでの8話分で4月25日発売、
 下巻が残り7話を入れて5月末発売だそうです。
 よかった・・・これで悲鳴伝で悲鳴をあげなくて済む・・・。
 多分。

4.憑物語 2012年夏発売決定
 ま、遅くもなく、早くもなく、って感じですか。
 めだかのアニメも一段落つく頃合いだとは思いますが、
 下手に間があく月がなくてほっとしています。

5.VOFAN 物語シリーズ画集制作決定
 これまた驚くべきタイミングできました。
 制作決定なだけなので、どうなるかは不明ですけれど。
 今までモノクロでしか見られなかった口絵のイラストを、
 カラーで見られるようになるなら嬉しいですね。

載っていた新情報はこんなところでしょうか。
あとはその他の小ネタの充実度が半端無かったですね。
西尾維新ファンにはたまらない内容でした。
一面記事はメフィストに掲載されたものをそのまま転載と、
残念仕様にもほどがありましたが、
それ以外に『人間語』とかの連載小説は面白かった。
特に広告部分が一番きますねコレw
デジタル探偵ネタとか、名探偵規制法とか、
メフィストの連載読んでる人じゃないと分からないですw
今日はほぼ丸一日中これの発着に振り回されましたが、
これを読んでほっこりできる程度には癒されました。
明日からも頑張るぞ。

| 西尾維新 | 21:26 | comments:10 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】ラジオ「めだかボックス」 第2 回

今週の花は『チューリップ』。
私の実家は周辺では珍しく庭が道路側に露出している家で、
花好きな母が四季折々の花を植えていたので、
そこを通る人がその都度立ち止まるくらい色とりどりの花を咲かせていました。
チューリップもその中のひとつ。
ただ、花弁で包むように咲くお淑やかな姿が特徴的な花なのに、
日を当てまくり水をあげまくると、ラフレシアも裸足で逃げ出すような、
見事な開き方するんですよ、あれ。


今週の名言。

編入を認める!


いやいやいや・・・。
第二回目にして認め過ぎだろうw
きっと13番目に認められた人は、何かしらの栄誉ある・・・とか、
妄想を膨らませていたというのに、初回にして3人も認められました。
1クール過ぎる頃には大げさでなく100人は超えてそうですw

第二箱の見所は、

めだかワンコ


ふむ。
たしかにこれにはかなり力入れてましたね。
PVを見ていても、やたらこのシーンが使われていたし、
前に雑誌のインタビューでもそこをアピールしていたので、
よっぽど見所なのだろうと思っていましたが、どんどんハードル上げてますね。
個人的には陸上部二人がどんな感じになるかの方が楽しみなのですけれど。

そんなこんなで第二回。
まだまだゲストも来ないのでなんとも言いがたいですが、
二回録りと予想しても、第5回目あたりには誰かしら来るといいなーとか。
次回は4月13日(金)配信予定です。

| 西尾維新 | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ めだかボックス 第01箱「生徒会を執行する!」

ついにめだかボックスアニメがスタートしましたね!
アニメ化の話が持ち上がったのが昨年の9月末なので、
あれからもう半年になるんですねー。
早い早い。

ちなみに今日は初回ということで、リアルタイムで見ましたが、
仮眠をとってから視聴したら、まー頭が覚めてなくて、
アニメは楽しめたのに感想という感想が浮かんでこないw
とりあえずぽつりぽつりと書いて行きましょう。

では続きに感想です。

≫ Read More

| めだかボックス | 03:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】メフィスト2012 VOL.1 発売

メフィスト 2012 VOL.1 (講談社ノベルス)メフィスト 2012 VOL.1 (講談社ノベルス)
(2012/04/05)
講談社 文芸図書第三出版部

商品詳細を見る


今回は紫色の装丁が目印。
掲載されているのは、探偵都市伝説の連載第二回。
そして、悲鳴伝刊行記念特別インタビュー。
また、講談社ノベルス30周年記念企画。

探偵都市伝説の感想は続きにということで、
まずは悲鳴伝のインタビューですね・・・。
これが濃い!
とりあえず拾いたいフレーズは三つ。

原稿用紙1000枚分を超えた。

執筆期間は15日間しかなかった。
                                 そら から くう
主人公は13歳の少年、『空々空』。


って、思わずルビを振りたくなるくらいイカした名前っすね。
環境によってレイアウト崩れしてるかもですが、『そらからくう』です。

何故そんな枚数になったのか。
どうして15日で書くことになったのか。
本作の主人公は過去の西尾作品で誰に似てるのか。
他にも、『最長巨編』が生まれた理由、
本作から生み出された新しい執筆スタイル、
タイトルの由来、登場する『モノ』や『組織』について、
印象的なヒロインとそれが生まれるきっかけ、などなど。
ページ数にして、たったの4ページしか無いのですが、
読み応えたっぷりでした。
それでいて、どんなストーリーなのか全く分からないのだから、
うまいことやってくれますね、先生も、編集さんも。


そして講談社ノベルス30周年記念企画では、ご自身の作品について
語られていて、西尾先生本人でさえも過去の自分を絶賛する名作、
『クビキリサイクル』に残した『二ヶ月』の後悔。
今だから語れる・・・な内容になっています。


あとは簡単な刊行情報ですけれど、
物語シリーズ三冊の刊行をゆっくりやりたいということ。
『零崎軋識の人間ノック』の文庫化が5月あたり。
この二つくらいでしょうか。
ま、今年はアニメが豊作になりそうなので助かりますね。


では探偵都市伝説の方は感想というか、
続きに簡単にコメントを。

≫ Read More

| 西尾維新 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】めだかボックス 15巻発売

めだかボックス 15 (ジャンプコミックス)めだかボックス 15 (ジャンプコミックス)
(2012/04/04)
暁月 あきら

商品詳細を見る


前回めだかが弾かれたとばかり思っていた表紙シリーズですけれど、
当たり前のようにドアップで戻ってきています。
ぶっちゃけ今回あんまり出てこないのにw
本日はそんな15巻の発売日であると同時に、
テレビ東京にて、アニメめだかボックスの放送開始日です。
もう24時間切ってるー!

今回の収録内容はこちら。
「めだかボックス 第125箱「『勝ち』とはなんだ?」」 (12年1号内)
「めだかボックス 第126箱「人の心に大切なのは」」 (12年2号内)
「めだかボックス 第127箱「だからめだかちゃんには」」 (12年3・4合併号内)
「めだかボックス 第128箱「正義と違って必ずしも」」 (12年5・6合併号内)
「めだかボックス 第129箱「ゆえにこのゲーム間違いなく」」 (12年7号内)
「めだかボックス 第130箱「楽しんで欲しいじゃん」」 (12年8号内)
「めだかボックス 第131箱「罠を張ればいい」」 (12年9号内)
「めだかボックス 番外編 グッドルーザー球磨川」 (ジャンプNEXT冬内)
いつもは全部で9話収録されていますが、今回は7話。
なぜなら外伝の良敗者球磨川が収録されているから。
つまり、これのおかげで第16巻はぴったり140話で終わるということ。
また憎い演出をしてくれる。

描き下ろしの挿入イラストは赤さん大活躍。
これ、絶対西尾先生のお気に入りキャラだな。

そして巻末にはまず『安心院の誰だこいつら水槽対策』。
まあさすがに安心院さんも誰でも知ってるわけではないということですね。
花熟里の『四分の一の貴重』は安心院さんの酸素分子を操るスキルの前には、
手も足も出なさそうな気がするので評価も馬鹿にしてるようにしか見えないw

そしてもう一つの巻末付録は、『赤黒七並べ』のそれぞれの手札。
前にも一回予想してみましたが、やっぱりもがな、8持ってやがった。
それどころか9も。
この2枚を捨てるということは、もしも序盤にチームブラックに
手番が回ってくれば回ってくるほど不利になる作戦。
つまり病的ギャンブル。
やっぱデジタルゲーム化とかしてくれると面白そうだなあコレ。

そして最後に、投げ込みチラシと一緒に、『箱庭学園新聞』なるものも収録。
内容は一面記事に如何にも学園新聞っぽい内容。
中の見開きには、西尾先生書き下ろしの『安心院さんのこれは号外生徒会講座』。
そして暁月先生描き下ろしのめだかのプライベート写真激写!
誰だコレ!140箱以降のデレためだかなら有り得そうだけど・・・。
ともあれ、これは小説版以降も付きそうな気がするので期待しときましょう。

| めだかボックス | 06:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第140箱「生きることは劇的だ」

祝!表紙&巻頭カラー!
なのですけれど。
アニメが始まる直前に、とんでもない回を持って来ましたね。
加熱していた思考が、すうっと冷めていく感覚。
でもクリアになるわけではなく、
あとに残るのは混濁した何か。
カルピスを飲んだ後、喉の奥に残るあの
タンパク質の塊のような、そんな異物感。
こんな決定的な回でいったい何を言っているのか・・・。
読み切りの頃から数えると丸三年もの間、
追っかけ続けているというのに、今更
いったい何を言っているのだろうか。

と。
こんなテンションの中告知。
まず、今週のめでぃあボックス第7箱によると、
西尾維新先生がアニメのオリジナルシナリオを書き下ろすとか!
働き過ぎだよ・・・ほんと・・・最高だ。

んでもって、ジャンプNEXT春号。
こちらには、JCの付け替えカバーが付録。
発売日は4月28日です。

で、次号めだかボックスセンターカラー。
そして今週号で第16巻収録分が溜まったわけですが、
もしかしたら15巻にグッドルーザー球磨川が収録されるため、
1話だけところてん式に押し出されるかも?
そうするとこの巻が17巻のスタートになりますね。
ま、その辺は今日あたりフラゲできるかもなので確認し次第報告します。

では、感想を書き出したいと思います。

≫ Read More

| 西尾維新 | 08:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【感想】ACE2012 2日目 めだかボックスステージ イベントレポート

IMG_0341.jpg

さて二日目。
今日はめだかボックスのステージでした。
なかなか良い席だったのに、寝坊して台なしに・・・。
いやね、昨日の帰り、本来なら1時間ちょいで帰れる距離を、
バスを乗り継ぎ(ていうか久しぶりに乗車した)、
昨日は雨風に打たれながら5時間くらいかけて帰ったんですよ。
体力削られますって・・・orz

うう。
まま、見られただけありがたいことですね。
写真はステージにあったものではなく、メディアファクトリーブースの、
等身大?ポップ五人分。この右側に善吉と不知火もいます。
これはここだけじゃ惜しいですよねー。
アニメショップとかに置かれないかしら?

IMG_0344.jpg

そしてこちらはステージに来た人、
そしてメディアファクトリーブースに来た人に先着で配られた、
会長腕章。会長バージョンのみなので、
今日は司会も豊崎さんも小野さんもみんな会長でした。
トラブルの多い学園生活になりそうですw
いずれは他の腕章も作って欲しいですねー。

さてこんなところで、さっそく。
続きにめだかボックスステージのレポートです。

≫ Read More

| めだかボックス | 18:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。