PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【考察】クビキリサイクル文庫版 表紙&挿絵について

表紙というのは、ラノベ読みの選書条件に
欠かせない重要な要素の一つです。
ましてや、講談社文庫の中ともなると、
それは特に際立つことになるでしょう。

そもそも。
戯言シリーズはライトノベルなのか…。
その問いについてはザレゴトディクショナル内で、
語られているので、ここは割愛して…。
とりあえず、ラノベとして語っていきましょう。

講談社文庫で、一番最初にラノベが文庫化された例は、
おそらく『空の境界』が一番最初かと思われます。
まぁ、つい最近ですね。
他に、西澤保彦先生の神麻嗣子シリーズや、
京極夏彦先生の京極堂シリーズも、
ラノベタッチの作風と言われることが多いですが、
ここでは『空の境界』を原点としておきます。

さて、いかがでしょうか。
おそらくほとんどの書店で、ラノベコーナーと、
講談社文庫コーナーは隔離されています。
そんな中でああいうライトな表紙を飾る書籍が
悠然と本棚に並べられているさまは、
あまりこういう書籍を読まない他の客にどう映るのか。
正直な話、私は引きました。
もちろん『空の境界』は大好きですし(奈須先生は神)、
イラストについても申し分ありませんが、
やはり、あそこに陳列されているのには
違和感を感じてしまうのです。

多分どうするかはもう決まっているのでしょうが、
私は、手段として3つの選択肢を考えました。
①今の表紙、挿絵をそのまま移植する。
②新たな表紙、挿絵を竹先生が描きおろす。
③表紙、挿絵を捨てる。

まず①ですが、賢い選択肢ではないでしょう。
少し淋しい話ですが、今では大抵の古本屋に、
戯言シリーズが並んでいます。
たとえ新たな後書や、解説を加えたところで、
旧読者には立読みで済まされてしまうのが関の山です。

②について、これは①も同様のことなのですが、
『新たな読者層』を獲得できない恐れがあります。
先ほどのイラストの話に戻りますが、今日の世間体は、
それほどまでに冷たいものなのですよね。

では、③がいいのか。
そうです、それが一番無難な選択でしょう。
そうすれば、この奇を衒い、他を嫌ったような
『クビキリサイクル』というこのタイトル、
「お?なんだ?」と手に取る方も増えるのかもしれません。
ではこれが、最良に最善で最高の解答ということでいいですね?
いえいえ、そんなの




私が認めません!!!


異論は認めず、OK?
竹先生のイラストがない?
それの何がクビキリサイクルか何が戯言シリーズだというのか…。
それが、私が考察の結果導いた答えです。
あわよくば最良の表紙を。願うなら最善の挿絵を。
それがきっと最高の文庫本を世に送り出すことになるのでしょう。

今日はかなり生意気な記事になってしまい、
気分を害された方、すみませんでした。
明後日に控えた大学の成績表交付にびくびくして、
気分がハイになっていたみたいです…。
これによって2年生になれるかが決まるのでね。
失礼、私事でした。

あれから5年という歳月が流れ、
こうして文庫版の仲間入りを果たすことを、
ファンとしてとても嬉しく思います。
きっとどんな形になろうとも、私は買うのだろうし、
様々な方々の手に渡るのでしょう。
そのときまで、私は私なりに妄想を続けていくので、
どうぞよろしくお願いします。
…というわけで、次は『解説』についてです。

| 戯言シリーズ | 22:36 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さんくす

このブログでいつも西尾維新最新情報を手に入れてます。
ありがとう!

| さざなみ君 | 2008/03/18 22:57 | URL |

>さざなみ君さん

君さんてw
いつもお越しくださいまして、ありがとうございます。
こんなところでよければいつでも使ってやってください。
というか使ってください!お願いします!!

| snowrivers | 2008/03/19 23:02 | URL |

でも確かに表紙にイラストなかったら興味半分で手に取るお客さんもいるかもしれませんね。
私は竹さんの書き下ろし挿絵があればそれで十分です。
このところ竹さんの絵、タッチが甘い(はっきりしていない)ので心配ですが。
人間人間のような絵にはできたらなってほしくないです。

解説は綾辻行人さんかなんかになるのかな。

文庫化詳細予想、がんばってください。

| 穹 嵩人 | 2008/03/26 13:37 | URL |

>穹 嵩人
西尾信者が増えるかもしれない…という点は楽しみですw
竹さんは最近西尾先生の付き人と言ってもいいくらいに、
西尾先生との仕事しかありませんよねぇ…。
文庫化詳細予想…いい加減更新しないと出ちゃいますよね。
とりあえず、明日で地獄のようなバイトが終わるので、
土日にでも更新しようと思います。

| snowrivers | 2008/03/27 01:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/104-21156eff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。