PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

解説

『φは壊れたね』


この作品は『理系小説』の異名を持つ素晴らしい作品を
世に送り出してきた森博嗣先生の大人気シリーズの中の1冊。

森先生は西尾先生が影響を受けた『五大神作家』の中の1人であり、
(他の4人は、笠井潔、京極夏彦、上遠野浩平、清涼院流水)
西尾先生の処女作『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言使い』は、
森先生の処女作『すべてがFになる』の舞台設定によく似ている。

その森先生の処女作『すべてがFになる』から続く一連のシリーズ、
S&Mシリーズ、Vシリーズ、四季シリーズ、Gシリーズ、Xシリーズの中の、
Gシリーズの第1巻『φは壊れたね』が11月に文庫化される。

私は基本、文庫化されない限り本を購入しない性分なので、
もう一度読みたいと思っていた手前、とても嬉しいことなのだが、
西尾先生の為のブログに書くほど嬉しい出来事ではない。
なぜここまでタラタラと本の紹介をしてきたかというと、

西尾維新大先生がその文庫版の解説をするらしい…!!!

このことは森先生のブログ『MORI LOG ACADEMY』にて公表されている。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://blog.mf-davinci.com/mori_log/archives/2007/08/27/index.php

というか8/27(月)の日記だったようで…。
友人からメールが来て初めて気づいたのですが、
5日間も気づけなかったことが非常に悔しいですね。

西尾先生も清涼院流水先生との大河ノベル企画の次は、
森先生の作品の解説…と、本望ではないでしょうか。
11月がとても楽しみです。

ちなみに森先生の作品は非常に面白いのですが、
上で述べたシリーズは全て話がつながっているので、
『φは壊れたね』にたどり着くまでが非常に長いです。
(ちなみに『すべてがFになる』~『φは壊れたね』までで29冊)
なので、少し読むのは大変かもしれませんが未読の方は、
是非、一度読んでみてください。

『王刀・鋸』発売日は月曜ですが、大抵は前日に書店に並びます。
書店に立ち寄ったら探してみましょう!


続きにお返事です
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


>鎹 遊遊さん

『王刀』という名前はあまりに広義に解釈できるため、
前回の『微刀・釵』ような予想する楽しみがなくて
なんだか萎えてきてしまいました。

しかしそうなった分、明日が楽しみになってきました。
はたして王刀とはどんな刀なのか…!
心王一鞘流とはいったい…!?
明日が待ちきれません!

| 西尾維新 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/14-7e2d79d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。