PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第2箱「それでよいのだ」

週刊っていうのは、当たり前ですけれど待つ期間が短いですね!
ここ最近の小説の方は、最低でも数週間・・・シリーズごとだと数ヶ月単位で
次作品の掲載、刊行を待っていたので
あまりの速さにまだ慣れきっておりません。

さて第2話。
前回までの男むさい展開とは打って変わって
陸上部の女子達の中のおはなし。
感想はもう気の赴くままに書きます。


まず巻中カラー。ここで半袖のカラー絵が初公開。
何より驚いたのが髪の色ですよね、まさか水色だったとは・・・。
ああいうキャラはピンクとか、少なくとも暖色系の髪色と相場が決まっているのに。
また少し半袖の見方が変わってきた感じです。

デビルかっけぇは置いておいて。

初の女脇役キャラ、有明先輩。
メチャクチャ可愛いですね・・・これはまたジャンプらしからぬ・・・。
文字段階では使い捨てキャラのつもりでも、絵になると思いっきり感情移入し、
番外編で主役並みの扱いをしてしまう西尾先生に、彼女はどう映ったのでしょうか。

今回は言葉遊びの面は少なめでしたが、今回着目すべきは推理の部分ですかね。
シューズの部分までは、普通に感心できる華麗な推理でしたが、
新聞までくると確かに気持ち悪いですねw 初めて善吉から突っ込みが入った気がします。
1週間の新聞となると、コナン君とか金田一でもさすがに図書館などで調べるでしょうw

めだかが、追いかけながらフルマラソンのくだりを話すところは笑いました。
ちなみに、調べてみると世界記録で一番早いのが2時間3分59秒らしいですね。
人間技ではありませんね、しかも次ページ見てみるとローファです。

諫早先輩もなかなか可愛いです。
聞かれてもいないことを喋っちゃうところもそうですが、
フルマラソンのくだりを語ってるページの一番下、
悪いことをしていると分かりつつも、衝動を抑えられずにやっていることがわかります。
今のところ、本物の悪者が出てきていないめだかボックス。
この先、悪いことを悪いと思わない敵が出てきたとき、
めだかがどう対処するのか気になるところですね。

そしてラスト、あのスタイルの謝罪文は初めて見ました。
ますます諫早先輩の可愛さが。ほほえましい話でしたね。


次号は、部活動は不明・・・というか、別に部活縛りではありませんよね。
1話で全てのあらゆる悩みを解決する・・・と謳っているわけですし。
めだかの弱点とはいったいなんなのでしょうか。
次号は5月25日です。

| めだかボックス | 22:49 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

面白かった!

第2話も恙無く掲載されていて、感動しました!
デビルかっけえ!は飛ばしますか…。
なんだ、その語彙チョイス!人吉の今後を垣間見た気がしました。
個人的には諫早三年生派です!ちょいボケが可愛い。有明二年生含め、彼女らに更なる出番はあるのでしょうかwww

| 空欄 | 2009/05/19 12:32 | URL |

不知火さんは何者なのか気になる回でした。最初に出てきたときの右手の機械はなんなのか、なんとなく気になります。
「人を疑うことを知らないんじゃなくて人を信じることを知っている」まあジャンプらしいフレーズですね。
有明先輩も諫早先輩もずいぶん可愛かったです。2箱目にきても1箱目の勢いはそのまま続いてる感じです。この勢いがどこまで続けらるのか。長く続くことを望みます。
そういえば裏表紙裏の目次の作者コメントは西尾さんが書いてるみたいですね。他の人とは違い一味あってよかったです。

| 部外者D | 2009/05/19 18:03 | URL |

こういう場合、ブランクってのは誤用です。

| 塩バニラ | 2009/05/20 00:33 | URL |

1話、2話と日曜日にまとめて読みました。
詳しい感想は自分のブログに書いたのですが、正直いってこの連載はあまり長く続かない気がします。
読みきりの時は「こういうの(ベタベタな王道ストーリー)もアリかなぁ」と思ったのですが、連載になるとちょっと…
もしこれをめちゃくちゃ面白くできたらそれこそ西尾先生は天才だと思いますが、最近の西尾作品の方向性・クオリティを考えると期待できないかなぁと思います。
戯言シリーズやりすかシリーズのように、奥の深い話をまた書いてほしいというのが、個人的な希望です。
西尾先生より、絵を担当されている先生の画力がある意味評価できるかも。
ToLOVEるに取って代わる連載として残るのなら、それはそれでアリかとも思いますw

以上、あくまでも個人的な感想でしたm(_ _)m

| いもむし | 2009/05/20 16:15 | URL |

Re: 面白かった!

> 空欄様
これから先、何かの事件解決に、100メートル走12秒フラットの力が必要になるときが来れば、その可能性も無きにしもあらずですねー。
ただ、確実にめだかはその上をいくと思うので、必要になるシチュエーションがまったく思い浮かびませんけれど・・・。
そういったジャンプ的な、昨日の敵は今日の友・・・のような展開も期待です。

| snowrivers | 2009/05/20 16:51 | URL |

Re: タイトルなし

> 部外者D様
ああ、本当ですね。この機械は気づきませんでした。察するに、携帯・・・でしょうか?
触れられていないので、特別重要なファクターとして捉える必要もないのかもしれませんが、確かに気になります。
著者コメントも気づきませんでした。ちなみに、先週まではお二人ともコメントを書かれていましたね。
バクマンを見ると、毎週交代で書かれてる(っぽい?)ので、来週は暁月先生かもしれませんね。

| snowrivers | 2009/05/20 16:55 | URL |

Re: タイトルなし

> 塩バニラ様
ご指摘ありがとうございます。助かります。
調べてみると、期間的な意味でも違うみたいですね。
日本語は難しいです・・・。

| snowrivers | 2009/05/20 16:58 | URL |

Re: タイトルなし

> いもむし様
確かに、戯言の頃とは方向性が変わってきていますね。
その頃と同じ認識で読もうとすると、読みづらいのかもしれません。
逆に、西尾先生が王道を描くのはこれが初だと思うので、これから先、既に敷かれた道をどのように外れていくのか、西尾先生の場合横道に逸れるどころか、宙に浮いたり地に潜ったりさえしそうなので、まだ2話で見切りをつけるのは早計かもしれませんよ?
とまぁ、さすがに絶対読み続けてくれ・・・と強制はできませんけれど、これもあくまで私の個人的な見解と期待です。

| snowrivers | 2009/05/20 17:09 | URL |

時の移ろうは早いもので。

早い所ではもう次号が出てるのではないだろうか。
そんなタイミングでコメント。
西尾さん + 青髪 = サヴァン
この方程式が立ったのは自分だけではあるまい。
テンション(誤用)が高いし背が低いし。
ということは持ってるあれはポケコンかっ。

それは冗談として、第2話と言うことを踏まえて見ると
「人吉が~知らない方がいいね♪」は台詞として早過ぎはしないか?
あと早速、花が出ない。
連載の長期化で生きる設定なんだろうか。

それでまた個人的な話。
『陸上歴はそれなりに長く』『短距離走を専門』とし『左きき』で『後輩に記録を抜かれる』『100メートル走12秒台(フラットではない)』
...俺じゃん。

ちっ違う違う
スパイクにハサミなんて入れてないし!
「陸上部やめろ」なんて手紙も
!!

ゴめン
やりたかっただけ。

| 巾刀 鑓 | 2009/05/24 00:59 | URL |

Re: 時の移ろうは早いもので。

> 巾刀 鑓様
半袖の髪色は青、というよりは水色ですねー。
青はやっぱり彼女の永久欠番です。
100メートル12秒台・・・早いですね。
私も元陸上部ですが、いつもビリでした・・・。

| snowrivers | 2009/05/25 21:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/220-b6e44acb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。