PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【雑記】化物語キャストについて

化物語のキャストさんについて、色々思うところを書こうとは思っていたのですが、
書いているうちにだんだん自分が気持ち悪くなってきました・・・w
声優さんや他のアニメに興味のある方だけご覧ください。


●阿良々木暦役 神谷浩史さん
 彼を初めて知ったのは、ぱにぽにでしたかねぇ。ちょうどその頃はアニメにハマり始めた時期で、色んな声優さんの名前を覚えようとしていた時期でもありました。ぱにぽに自体は、もともと原作のファンで、ドラマCDを先行して聞いていたため、犬神は伊藤健太郎さんのイメージが強く、最初は受け入れられなかったのですが、いつの間にか好きになってしまっていました。
 いやー、絶望先生3期が同時期と聞いてから、まず神谷さんはないだろうと思っていたのに、まさかくるとは思っていなかった・・・。でも、決まったと聞いたときも、PV2弾を見たときも大満足。雑誌の対談によると、彼は新房監督の指名で決まったということだったので、本当に信頼を置いているんだなぁと思いますね。
 ちなみに、同じく対談より、神谷さんは指名以前から化物語を読んでいたらしく、イメージも固まっていたそうです。それを考えると本当にハマったキャスティングだったとも思えますね。テンポの良いトークを魅せてくれることに期待です。


●戦場ヶ原ひたぎ役 斎藤千和さん
 彼女もまた同じく、ぱにぽにのドラマCDで知ったのが最初・・・と思っていたのですが、まだ特定の声優にさほど興味が無かった頃、たまにケロロ軍曹を見ていて、後々調べたら同じ人が演じていたことに驚いたことが印象的でした。今聞けば絶対に同じ人がやっていることが分かるのに、興味が無いというのは怖いですね・・・。
 そして、ひたぎ役が決まったとき一番怖かった人でもあります。はたして彼女にあのツンドラ娘を演じきれるのか・・・ベッキーや、夏美のような可愛いひたぎになってしまわないか・・・という不安がPVを見るまで付きまといましたが、まったくの杞憂でしたね。完璧なひたぎでした。
 ネギまのお父さんのような声を変えるのもですが、何より演技力がすさまじいというのを忘れていました。ケメコのようなぶっとんだ役や、ドルアーガの2期のような感情の壊れた役・・・など、たまに鳥肌が立ちます。化物語でもその演技が楽しみですね。


●八九寺真宵役 加藤英美里さん
 言わずと知れた、大人気アニメらきすたの、大人気キャラ柊かがみを演じられた方ですね。私もらきすたまで知りませんでしたが、非常に気に入りました。そういえばらきすたも原作ファンで、ドラマCD先行だったので小清水さんじゃないかがみに戸惑った記憶がありますねー。広橋さんから平野さんに替わったこなたほどじゃありませんでしたが・・・。
 で、千和さんに続く少し不安なキャスト二人目。正直彼女の演技は、かがみと黒執事のメイリンくらいしか知らないので、未だ自分の中で八九寺ボイスを再生できず、悶々としております。Wikiを見ると、過去に見てきたアニメに何度も端役として出ているみたいなのですが・・・。
 しかし、新房作品にしては珍しい今作からの新規投入キャストということなので、選ばれたのにはれっきとした理由があるのでしょう。あ、なんか「失礼、かみまみた」だけ脳内再生できるようになってきました・・・これはいけるかも。


●神原駿河役 沢城みゆきさん
 彼女もまた、シャフトファンからすると言わずと知れた・・・の声優さんですよね。ある時期から全てのシャフト作品に出演していて、その並外れた演技力には毎回驚かされます。沢城さんの声を初めて聞いたのは多分ぴたテンの頃で、ひとりの声優として認識したのはやっぱりぱにぽにです。芹沢最高でした。そういえばアナザーホリックにも芹沢の名前出てきましたね。
 神原に関しては、もう何も心配していません。原作を知っているものから、アニメで初めて知った作品のキャラでさえも、納得せざるを得ないあの演技力・・・。別に演技云々に詳しいわけではありませんが、それでも毎回感動させられます。
 あとは、どれだけぶっ壊れた変態演技ができるのか・・・ですか。偽物語あたりになると阿良々さんがそのバイタリティを発揮しますが、化物語の頃はまだ一番の変態は彼女であるため、アニメから入った人にこの作品を印象づけるのは、沢城さんの演技にかかってます。や、もちろん他にも見所は沢山ありますけれど。そこは頑張っていただきたいです。


●千石撫子役 花澤香菜さん
 キャストが決まって、一番感動したのがこの配役。あまり期待していなかったとはいえ、まさか自分の望み通りのキャスティングが行われるとは思ってませんでした。花澤さんはゼーガペインからの大ファンで、出演作はヒロインから端役まですべてチェックするくらいの狂信ぶりに自ら引いてしまうくらい好きな声優さんです。多分初めてファンになった声優さんが彼女な気がします。アニメ化が決まった頃、ぼんやりと千石に花澤さんこないかなーと思っていたのが懐かしい・・・。念願かなったよ!昔の自分!
 そして、ここまで考えるからにはもう脳内での再生も完璧なわけで、偽物語上を読みながらニヤニヤしてしまったりしているのですが、せっかくなので化物語下を読みたい・・・でも貸した友人から帰ってこない・・・!貸したのは確かアニメ化が決定するよりも前なんですけれどね。とりあえず明日会う約束をとりつけたので、絶対に奪い返します。
 もうなでこスネイクが楽しみで楽しみで仕方がありません。1クールということなので、配分的には8~9話あたりになるんでしょうかね。8月後半あたりはバイトとか入れずに朝からしっかりテレビの前で待機することにします。


●羽川翼役 堀江由衣さん
 今もっとも輝いているアイドル声優の一人、ほっちゃんこと堀江由衣さん。確か初めて知ったのはフルーツバスケットの時。中学校でフルバが流行って、見始めました。その後も赤松作品や、DCシリーズなど見る作品ほとんどに出てきたので、初めて声優一個人として認識した声優さんかもしれません。ちなみに次期、化物語と同時に出演するアニメは全部で6作品と声優界で最多だそうで・・・。すごいです。
 そして、彼女も第2弾PVに出てきたので、判断しやすいですが、普通にぴったりでしたね。ぴったり過ぎて他にコメントができないくらいなのですが・・・。強いて言うなら、獣化したときの口調が楽しみなくらいですかね。堀江さんボイスであの台詞群が聞けるのは楽しみです。


●忍野メメ役 櫻井孝宏さん
 ラスト、櫻井さんは繰り返しますがぱにぽにで知りました。一個人として認識していなかった時代だと、00年前に放映されていたデジモンのテントモンですかねー。正直、思い出せないです・・・。
 櫻井さんについても、さほどキャスティングに心配はしておらず、PVを見た感じでもなかなかいけるのではないかと。ただ、音声の切り抜きの問題だとは思うのですが、「お嬢ちゃん、何か良いことでもあったのかい?」の「お嬢ちゃん」の部分のアクセント等に多少の違和感を感じた気がします。まぁ、問題ないとは思いますけれども。あの何でも見透かしているような飄々とした感じが良く出ていましたしね。
 阿良々木さんを除くと唯一の男キャラ・・・格好よくキメて欲しいですね。

| 物語シリーズ | 21:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

神原駿河の欄について

重箱の隅をつつくようで申し訳ないのですが……。

芹沢が出てきたのはアナザーノートではなくアナザーホリックではないでしょうか。

| 無策師 | 2009/06/22 01:09 | URL | ≫ EDIT

Re: 神原駿河の欄について

> 無策師様
・・・ですね。
素で間違えてしまいました・・・、修正します。
ところでHN格好良いですね!

| 管理人 | 2009/06/22 21:20 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/237-ab3125af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。