PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第7箱「途中からでも」

中途半端に湿気が高い所為で、ジャンプが少ししわしわに・・・。
まぁあんまり気にはしませんけれども。
ところで、週刊少年ジャンプドットコムで、第1話が立ち読みできるそうです。
読み逃してしまって、単行本が待てないという方はGO!
http://www.shonenjump.com/j/index.html

それでは続きに感想です。


第7話、今日は阿久根回でしたが。
ちょっと微妙ですね・・・。まだ出てきたばっかりのキャラなので、
感情移入しきれていない点もあると思いますけれど、
もともと彼のパーソナリティが受け付けないのもあるかもしれないです。
というか、どこかの三姉妹的な作品に出てくる気持ち悪い先輩を思い出してしまった・・・。

それから八代三年生。
八代先輩はもっとヤバそうな人を想像していたのですが、
ことごとく良い意味で期待を裏切りますね。
めっちゃ可愛いじゃないすか。
小さいコマ割でしたが、ラブレターを渡しているシーンがもうツボですw

そして、今週の不知火ちゃん。
あぎゅあぎゅ、ばりおぼりお、わっしわっし・・・って食いすぎ!!w
メガもギガもテラも超えたのではないか、そのペタマックはどこで買いましたか不知火さん。
何気に不知火が食べるものに対して、善吉が顔でリアクションしているのが面白いです。

最後にめだか。
夏服仕様、これは西尾先生考案?暁月先生考案?
どちらにせよ、馬鹿ですね。無論良い意味で。グッジョブ!!
「貴様には失望した。もう何もしなくていいぞ」
これはゾクっとしましたね・・・おそらく以前の阿久根には絶対に向けなかったであろう言葉。
ただ、善吉にはこのようなキツイ言葉を向けることは無いので、
めだかの『身内』の定義を未だ計りかねますねー。
そしてラストシーン、「ありがとう!(にこっ」・・・例によってここがまた見所なのでしょうか。
ここは、個人的には「良くやった。それでこそ我が書記だ」的な台詞で閉めた方が、
しっくりきそうな気もしないでもないのですが・・・。
それだとオリジナル性に欠けて、王道になってしまうかもしれませんけれど。

そして、花。
すごいことになっていますね。
これは一つ一つどんな種類の花であるとか、設定はあるのでしょうか?
私は花については詳しくないのでよく分かりませんが、花言葉だとかを絡めながら
それぞれに意味を持たせておいていたら格好良いなーと思ったり。

次回、第8話は、美術部員のお話。
初の文科系部活になりますかね。
しかしただの文科系では終わらなさそうな・・・。

| めだかボックス | 21:52 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。いつも拝見させていただいています。

めだかの身内についてですが、多分、善吉には昔からそういうこと言ってたんだと思いますよ。それで、今の善吉はめだかから失望されるようなことはしてないんじゃないかと。(そもそも、めだかが厳しいのは身内以前に『弱い人間』に対してだけですし)

ちょっと思ったのでコメントさせていただきます。

| 西織 | 2009/06/22 22:13 | URL | ≫ EDIT

腕章の不自然さにはツッコまない。

 ウェブで第1箱が公開されましたが、コミックス版はカラーが白黒になるだろうからずっと公開していて欲しい。無理でしょうけど。
 数えたわけではありませんがおそらくここら辺までが1巻収録の話なんでしょうね。4箱に1箱の、5箱に2箱のキャラが出て、今回は3箱の話に触れていることから、キリのいい単行本作りを心掛けているのでしょう。
 内容も生徒会長、庶務、書記それぞれの役割が書かれていたような気がしますし。というか阿久根クン、字が上手いとか言われつつ、やっぱりめだか以上ではないのか・・・。

| 巾刀 鑓 | 2009/06/22 22:32 | URL |

今回は結構言葉遊びがあったように思えるのは私だけでしょうか。
「サタンかっけえ」や「血と汗と心のこもった」はうまいいいまわしでしたね。

今回は阿久根さんの回ということで全キャラがちらほらといった感じに出てましたがそれでもめだかはかなり際立っていたように思えました。

| 部外者D | 2009/06/23 16:40 | URL |

Re: タイトルなし

> 西織様
はじめまして。いつもありがとうございます。
なるほど・・・普通に考えたらそうですよね。
幼馴染だから、ではなくめだかが認める人間だからこそ、善吉は今のスポットにいるわけですしね。
なんだか変に深読みしてしまいました。

> 巾刀 鑓様
確かにここできればかなり綺麗に終わりますね。
あるいは、新メンバーが入ったところで「この先どうなるのー?」で2巻に繋げるのも良いかもしれませんが。
去年のうろおぼえウロボロスを加えれば、ちょうど良いくらいになると思います。
めだかは、この先どんな強敵が現れても超えることはできない存在でしょうねー。字でさえも。

> 部外者D様
血と汗と~の部分は普通にスルーしてしまっていました・・・。
よくよく見てみると、グッとくる表現ですね。
めだかはまぁ、当然といえば当然な気がしますが、阿久根先輩もちょっと際立っているので、
そろそろ善吉には頑張っていただきたいですね。

| 管理人 | 2009/06/25 23:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/238-ca82e069

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。