PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ 化物語 第06話「するがモンキー 其ノ壹」

先日、金曜日のMXも、家を出て少しバイクを走らせたところで、
MXが映ることが発覚したので、さっそく今週やろうと思っていたのですが、
ちょっと怪我をして、結局家を出ることができず。
まぁ、今週頑張ってみますです。

それでは続きにネタバレ含む感想です。


アバン
 最初はやはり、暦の語りから始まるかと思っていましたが、まさかの猿の動画・・・ビクっとしましたよ・・・。
 SEのみという独特な始まりでしたね。シュールでした。例によって、カットされまくりの八九寺パートでしたが、不思議と違和感なく見ることができました。構成がウマかったのか、単に慣れただけなのか・・・。
 そして、化物語第3話「するがモンキー」のメインヒロインとなる神原駿河。初登場です。演技自体は、ドラマCDで先行して聞いていましたが、演じる沢城さんはやはり天才です。これが動く神原か・・・素晴らしいです。

OP
 まさかのひたぎOP「staple stable」でした。まさかもう一度くるとは思っていなかったので、感激です!!ちゃんとテロップまで変わっていましたね。しかし、特別ひたぎが活躍する回、というわけでもないはずですが・・・やはり来週の冒頭のシーンがあるので、そのためでしょうか。

Aパート
 こらこらこらこら神原の説明を端折ってどうしますか。いや、端折ってはいませんが、あれでは読めない人にとっては無いも同然ですからね。まぁ、後に後輩というポジションは会話内で補完されますけれど・・・スター性とかまではいまいち伝わりにくかったのではないでしょうか。
 あと、褒め殺しキャラ・・・というのが神原のキャラ付けですが、これを音声だけで聞くと難しい言葉を使うキャラ、というのが先行して、褒め殺しが殺されてる感が多少ですが否めませんね。そこは、やはり小説ありきということでしょうか。
 ところで、今回文字演出のシーンでは、漢字の下の数字が全て**になっていましたね。何を狙ってのことかよく解りませんでしたが・・・。
 ひたぎさんパート。もう、完全にハマっていますね。雑誌の千和さんのインタビューでは、書き言葉を読み上げるというのはとても難しいものだ、とおっしゃっていましたが、まったく違和感なく聞くことができます。
 幸せの青い鳥の演出は、ひたぎの家で多用されますねー。最初、第2話の回想シーンで使われたときは残酷に映ったものですが、今回6話で青い鳥が増えたり減ったりするところが、見ていてなんともほほえましいです。
 するがモンキー、問題のシーン1つ目。本当にリアルにやってくれます。とりあえずBパートへ。

Bパート
 シャーペン眼球つき立て。小説が静の恐怖だったら、アニメは動の恐怖。バババっと動くので、瞬きする間もなく引き込まれました。まぁ、今回に限っては実写の演出は余計だったような気がしますけれど・・・。もし実写を使うのなら、眼球のみを使用してほしかったですね。って、ムリな注文ですが・・・。
 戦場ヶ原ひたぎと神原駿河。陸上部のひたぎとバスケ部の駿河。ヴァルハラコンビ。ここら辺は、徹底して説明が入ったので、よく解りました。この説明がないと、これから先の神原パートが楽しめないですからね。しかし、ひたぎが神原を拒絶した、と言っていたシーンの、あの神原の演出・・・眼球よりもビクっとしたかもしれないです。ひたぎが、どれだけ残酷に神原を拒絶したかが伺える感じでしたね。
 羽川パート。軽く勉強してただけだから。この台詞をここで吐かせますか!!これが文章だけと、映像付きとの違いで面白いところです!・・・が、前半の暦の台詞が、全て文字演出になってるのはこれ如何に・・・。しかも、夕焼けに白文字だから、まったく見えないんですよね・・・。ここは羽川の言葉から脳内補完しろ、ということなのですかね。
 そして最後、レイニーデヴィルの登場。何のインタビューだったかは忘れてしまいましたが、対駿河戦は、見るからに痛々しくしたいとのことだったので、期待していたのですが期待以上で逆に引きました。いまどきアニメでこんなに血が流れるのは、朝や夕方にやるジャンプアニメくらいだと思っていましたよ。これは、するがモンキー最終話も期待できますね。
 来週冒頭は、ひたぎのあのシーンになるはず・・・。暦目線になるのか、暦の顔が映る演出になるのか、暦の瞳に映ったものを間接的に見ることになるのか・・・。楽しみです。

予告
 今回は、長篇版よりもTV版の方が面白かったです。クイズじゃん・・・笑いました。

| 物語シリーズ | 23:45 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちょっと名前出したくらいでひたぎさん怖すぎだよ!ヤンデレすぎるだろ!
神原の声はドラマCDで聴いてたけどやっぱ動いてる方がらしさが伝わりますね。はやく本領を発揮した彼女を見たいですよ。てか神原のセリフは地上波で大丈夫なのだろうか~。
区切りよく?阿良々木君が襲われるところで終りましたけど、あれ阿良々木君頭撃ち抜かれて死んでないですか(笑)

| 空 | 2009/08/18 20:10 | URL |

レイニー・デヴィルだ。適当に書くな。

| にゃーさん | 2009/08/20 20:44 | URL |

Re: タイトルなし

> 空様
ヤンデレ度は大満足ですね。
あれが大丈夫ならば、神原の台詞くらい・・・。
ちなみに顔殴られているところですが、
伸びてるだけで打ち抜かれてなさそうです。

> にゃーさん様
失礼しました。
大ポカしました・・・しかも変な方向に。
ご指摘ありがとうございます。修正します。

| 管理人 | 2009/08/20 22:22 | URL |

個人的には羽川との電話で最後に暦の方から切らなかったのがちょっと不満だったかなーと。
あそこは羽川の潔癖さを出しておかないといけない場面だったんじゃないかと。

|   | 2009/08/21 20:04 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> 名無し様
ただ、それには「そういえば以前・・・」という暦のモノローグを入れざるを得ませんからね。
今回の制作にあたって、できるだけモノローグを入れないようにしてるっぽいですし、
私も少しあれ?と思いましたが、まぁ仕方なさそうですね。

| 管理人 | 2009/08/24 22:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/270-c8d80487

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。