PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ 化物語 第09話「なでこスネイク 其ノ壹」

4日。
4日の間、原因不明のトラブル・・・いや、原因は分かっているのですが、
根源は未だに不明のトラブルで、ネットに繋がらなくなり、何もできない日々が続きました。
今朝、なんとか出かける直前に一部復帰したので、そこからなし崩し的に完全復旧。
日曜の朝からカスタマーサービスや、友人に電話したり、携帯で調べたり、長い4日間でした・・・。

それでは、続きにネタバレ含む感想です。


アバン
 ・・・の前に、神原と暦によるおよそ50ページに及ぶ馬鹿トークが全てカットされたことについて、最初にコメントしておきます。放送前から、この掛け合いに重きを置いていきたいと新房監督をはじめ、スタッフの方々も口をそろえてずっと語っていただけに、ここまでの全面カットは正直残念です。仮に、DVD&BDに新規パートとして追加するのだとしても、放送では全てカットというのは、どうなのかな・・と。中途半端に入れたくなかった・・とかでしょうか。ううん・・・とりあえず、カットに関してはこのくらいにしておきます。しかし私は私で、毎度毎度しつこいですね・・・(-。-;) なでこスネイクは1話におけるページ数の比重が一番大きいので、また来週も言いそうですが・・・。
 で、アバンですが、竹林の描写が思っていたよりも『背景!』って感じで始まりとしては見やすくて良かったですね。もっと奥行きがないような、デフォルメされたものを想像していたので、落ち着いて暦と撫子の再会シーンを見れました。しかし、かなり整備された石段でしたね。結構長い間放置されているはずの神社なので、木々に侵食された上りづらい階段を予想していました。後に出てくる神社があまりにおんぼろなので、微妙に両者のギャップが激しい印象を受けます。とまぁ、ここは別に食いつくところではありませんけれどね。

Aパート
 廃れた神社・・・というのは、うちの近くにも何箇所かありますが、ここまで荒廃した神社というものは見たことないですね。まるで、それをさせた『自然』が罰当たりのような、そんな感覚になる光景です。ここに到着してから、かかり始めたBGM(?)が、それでも神聖さを演出しているのが、後にここで巻き起こる蛇切縄とのバトルを厳かに予見しているようです。
 神原が忽然と消えたところからのBGMですが、ここはこのBGMでよかったのでしょうか・・・。第7話Bパートのギャグパートでの印象が強いBGMだったので、かなり焦っているはずのシーンなのに、なんか滑稽な笑えるシーンに見えてしまいました。
 そして、今回の物語の中心となる『蛇』。5等分された、蛇。真っ赤な血が、さらにリアルさを演出していて、これを撫子が一人でやってのけたんだと思うと、それだけで身の毛がよだちます。

Bパート
 お待ちかね羽川さんパート。削るところはばっさり削りますが、ここだけは毎回しっかりやってくれますね。まぁ、物語のラストは彼女の独壇場なので、そこに繋げるためには仕方が無いのかもしれませんけれど。
 か・ん・ば・る・さ・ん・の・こ・と。ここは楽しみだったので、堀江さんグッジョブでした。そしてもう一つ楽しみにしていたシーン、「はい、どうぞ」。これで落ちない男はいない気がします。というか、参考書コーナーって結構奥まったところにある印象だったので、これもあまり人から見えないところからやっていると原作を読んでいるときは思っていたのですが、これは大胆すぎますね。マジでされちゃってたときは、どうしてたんでしょうか彼女は。他の人だったら、しっかり諌めそうな気がしますが、暦に対してのみ、それはそれで・・・ってなるかもしれません。
 神原と合流して、少し話をしましたが、最後の神原の締めの言葉が格好よかったです。ただの「やれやれ」という、短い言葉でしたが、なんというか、男らしさがにじみ出ていました。今回は変態成分が少ない分、よけいにそう感じましたね。
 回想シーン。撫子視点の、撫子の回想シーン。そういえば、5ヒロイン中撫子だけは、自分で自分の過去を語ることはありませんでしたね。だからこそ・・なのか、9話目にして原作には無い初のオリジナルシーンが追加されました。何故か小学生の作文形式。その意図するところはあまり分かりませんでしたが、小学生の撫子が見れたので難しいことはなっしんぐ。そういえば、この時のららちゃんは和服じゃないんですね、さすがに。小学2年生ってことは、七五三で少なくとも2回は着物を着ているはずですが、そのときにはまだ目覚めなかったみたいです。
 第9話が始まってから、初のギャグパート。ここにたどり着くまでに、ものの数秒で終わりそうなギャグすら端折られてきたが故に、めちゃくちゃ面白かったです。ただ、やっぱり3話Bパートのテンポの良さには劣るかなぁとは思いますけれど。もう一度あのくらいのテンポとスピードのギャグパートを見たいですね。
 化物語中数多く存在する名シーンのうちのひとつ、撫子の裸ブルマー。先日の尾石さんのインタビューで、ここには思いっきり力を入れているということが書かれていたので、どんなもんだろうと期待していましたが、期待以上でした・・・!冒頭で思いっきりカットされた神原のギャグパートが一瞬「ま、これが見れたならいっか」と思わせるまでの破壊力でした・・・が。その身体を余すところなくびっちりと埋め尽くす鱗の痕。蛇。蛇切縄に締め付けられている痕、というわけですが、内出血までは表現しなかったんですね。というか、そこまで表現されてしまったらそれこそ痛々しくて見てられないですけれど。ともあれ、撫子の涙で締め。終わり方だけは綺麗でした。

予告
現代編クイズー!って、この間の過去編クイズとの対比ですかね。面白かったです。100年に99度は大盛況!前向きだねー!っていうのは、原作の撫子が服を脱いでるときの暦と神原の掛け合いとかけてる感じですね。

| 物語シリーズ | 22:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

珍しく感想が遅いんでちょっと気になってましたが事故とかじゃないんなら良かったです。

やっぱり原作量に対して2話ってのはきついですね、序盤の神原との会話が全てカットだったのは残念です。BD発売のときに追加してほしーわ―。
アニメ化する前はなでこのことは特に何とも思ってなかったんですが(失礼)ブルマーの破壊力は予想以上でした!声のハマり具合と合わせてヤバすぎます。
まよい・神原と並んで私的トップに躍り出そうですわ。

| 空 | 2009/09/11 02:05 | URL |

Re: タイトルなし

> 空様
私にとっては撫子は何があってもトップです。
たとえ、新作で月火が歯磨きみたいなことになろうとも、それは揺るぎません。
まぁ、神原の会話がカットされた代償に、撫子の出番は守られたので、
そこだけは喜ぶべき・・・なのでしょうか。

| 管理人 | 2009/09/12 01:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/278-6399ae55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。