PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第21箱「やり過ぎだ」

10月2日に出た単行本第1巻。
やっぱりどこにも売っていないですね・・・。
今思うと普通に買えてしまったのが奇跡かもしれないです。

それでは続きに感想です。


ついに、雲仙編完結!・・・ですが。
前回までとはうってかわって、今回は雲仙に強く感情移入してしまったのですが、
そうするとめだかの未熟さが全面に押し出されますね。
人間が大好き。それは、人間に憧れる化物の心情の裏返し。

そして雲仙の先輩っぷり、すごかったですねー。
大体善吉視点で物語が進んでいくので、目を向けそびれそうになりますが、
雲仙はずっとこんなことを考えながら、めだかと相対していたのでしょうか。
本当に彼をここで倒してよかったのか・・・これが後の事件の引き金に、
みたいなことにならなければ良いのですが・・・。

・・・と、思ったらさっそく雲仙編から新章突入ですかね。
新キャラ、箱庭学園理事長不知火袴総帥。
不知火半袖の祖父にして、枠外の『十三組の十三人』を、枠に収める頂点の存在。
ついに、不知火の正体が判明しましたねぇ・・・。
こんな大物をバックにつけて、何かを企まずに物語に絡むはずがありません。
来週、物語はどう動くのか・・・まぁ、でもとりあえずはいつもの目安箱の流れに戻り、
骨休めをしてもらいたいですね、彼女達には。

| めだかボックス | 21:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

細々しいバトルシーンがやっと終わりましたね。まあ、嬉しいというべきか残念というかはさておき、今まで全人キャラが生徒だったのに対して理事長の登場。
不知火さんの腹黒さの裏がここで出てくるのにも驚きですし「袖ちゃん」と呼ばれているのにも驚きです。
まあしばらくは依頼をかたずける方向であることを願いたいですが、彼女らの行動にも気をつけなければなりませんし、残りの特待生の中の特待生十三組の人々にも目が離せませんね。

| 部外者D | 2009/10/07 16:27 | URL |

Re: タイトルなし

> 部外者D様
もう新しい伏線だらけで、どこに目を付けて妄想してよいのやら。
まぁやっぱり一番着目したいのは十三組の十三人ですね。
激しくバトル中心になりそうな伏線ではありますが、果たして・・・・。

| 管理人 | 2009/10/09 22:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/293-8a64a844

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。