PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誠刀『銓』 読了!!

刀語 第10話 (10) (講談社BOX) 刀語 第10話 (10) (講談社BOX)
西尾 維新 (2007/10)
講談社

この商品の詳細を見る

というわけでようやく手に入れた誠刀『銓』!
少し遅くなりましたが、読了です。

誠刀っていうからどんな刀かと思ったら、
本当に誠実な刀でした…。
意味がわからない方は今すぐ書店へゴー!

続きに感想です。


というわけで、いつも通り表紙のレビューから。

刀語 第10話 (10) (講談社BOX) 刀語 第10話 (10) (講談社BOX)
西尾 維新 (2007/10)
講談社

この商品の詳細を見る


1月から始まったこのシリーズ。
表紙における七花ととがめの距離は物理的に縮まっていく中、
今回一番距離を置いた表紙ですね。
でも心の距離は………近すぎです!!!!!

そして毎度おなじみ今月の花。
今回は……これは……。
………???
これは多分、『金木犀』ですかね??
季節的に、あと花びらの形をみると…ね。
本当に竹さんの絵は素敵です。


序章

………。
コメントするのが難しい!!!

ここだけは、今回は深く考えずに、
飲み込んでおきます。


一章 汽口慚愧(回想)

なんか前回のラストの『看板娘です』とかの印象が強くて、
てっきりお笑い的要素の強い章になるかな…と思ったら、
結構真面目な章でした。

なぜ七花はこんなにも刀を使えないのか。
それを慚愧は『呪い』と称した。
そんなに重要な要素に見えないようで、実はこの物語の鍵を握る設定。
虚刀流は刀を使えない。
十話はその『理由』が明かされる(?)回でもありましたね。


二章 百刑場

歴史の生々しさを感じさせる今回の舞台。
昔はこれが当たり前だったんだから怖いですよね~。
そこで語られるとがめの過去。
ここで、前の巻や今回の序章を思い出すと…
あまりの痛々しさに涙ですね…。

そしてもはやお決まりとなったとがめと否定姫の会話シーン。
『かっ勘違いしないでよね!別に(ry』
…姫、もうめちゃくちゃです。

三章 真庭人鳥

ここで初めて人鳥くんの能力が明かされます。
『増殖の人鳥』、真庭人鳥。
能力は、『運命崩し』、『柔球術』。

今まで真庭人軍は自分の名前がタイトルについた章で、
必ず落命していましたが、人鳥くんは…?
鳳凰さんのように生きている例もあります。
答えは購入して確認してください!!!


四章 彼我木輪廻

毎回毎回敵キャラというのは主人公を大きく成長させてくれます。
現に七花は9ヶ月間様々な相手と戦ってきたわけですが、
今回の対戦相手、『仙人』の彼我木輪廻は、
七花を確実に成長させましたね。

こういう性格のキャラは嫌いじゃないです。
なにもかも見透かしたような感じで、
うまく表現できないですけど、一つ思ったのは、
西尾維新の全作品に登場するキャラクター達を一つに固めると、
あんな感じのキャラになるんじゃないでしょうか。


五章 誠刀防衛

第一話の『報復絶刀』と微妙にかぶってるのにはあえて触れません。
かぶることに関しては人一倍敏感な西尾先生がこんな技(?)名にしたのは、
単にこの技にこれ以外ぴったりの名称はないからなんですかね。
ほんとぴったり過ぎます。

戦いの哲学。
第三話の真庭白鷺の話が引き合いにだされましたが、
このシリーズが冒険譚であり、バトルものなので、
なかなか考えさせられる内容でしたね。


六章 飛騨鷹飛等

さてここにきて初めて明かされる誠刀『銓』の正体。
それは、『刃』の無い刀。
それ故に『鞘』もいらない。
あるのは『柄』と『鍔』のみ。
『己を切ること』に特化した刀。
それが、誠刀『銓』というわけで。

形状については、
まぁそれなりに驚きましたが、正直久々に刀らしい部分が見えて驚きです。
だって一月から数えて
刀→刀→刀→刀→鎧(!?)→彫刻(!!?)→くない(!!!?)→人形(!!!!?)→木刀(ホッ…)→柄と鍔
なわけですから。
来月はともかく再来月はぶっとびますけどね。

この章はもう哲学の時間。
正直ついていくのが大変でした。
主題だけまとめると、『己の弱さ』についてですかね。
非常に興味深いテーマです。
今度じっくり哲学してみることにしましょう。


終章

『また行稼ぎかよ~』と思った方。
これが西尾維新先生のやりかたです!
他の作品ではもっとすごいことしてますから!

最後に関しては特にいうことはありませんね。
一番最後に行き倒れになってる人物を除いて。

いったいどうしちゃったんでしょう…。
これほどにも緊迫した終わり方は初めて…
精確にはネコソギラジカル以来なので、なんとも形容しがたい心境です…!
このあと、どうなっちゃうんでしょう…!!


次回、待ちに待った『神の鳳凰』降臨!!!
真庭人軍、相生人軍、虚刀流が、新・真庭の里で激突する!!
蒐集対象は十二本中最も危険な刀、毒刀『鍍』!!!
急な展開にとがめは!否定姫は!どう動くのか!!!?
克目して次回を待てっ!!

| 刀語シリーズ | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/30-f6861ae5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。