PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ある果実』

『ある果実』


先日刀語を買うために書店に足を運び、
予想はしていたけれど、まだ刀語は置いてなかったので、
腹いせ(?)に立ち読みしてきた、西尾先生の短編の1つ、
『西尾維新クロニクル』の中の作品です。


続きに感想です。


ある果実


この作品の登場人物は中学生、『海鳥なこと』、そして高校生、『沢崎るい江』の物語。


西尾維新は『小説』に関連した議題をテーマに、
ストーリー展開をすることが多い。
というか、西尾先生の短編は全部そうなんですけどね。
ちなみに本作は、『小説を読む行為』と『小説を書く行為』が議題。


私は正直『小説を読めない』という人の感覚がよくわかりませんね。
あの「文章を目で追ってると眠くなる…」というやつです。
それは読書家の趣味の前提を崩していることになります。
本を読むことしかできない人間と、本を読むことだけはできない人間。
これはきっと何年経っても変わらずに対立関係を築いていることでしょう。


小説を読みはじめたのは小学3年生のころですね。
青い鳥文庫とか、そういう子供向けの本から…
あ、でも絵本の文章やらも含めていいのなら
幼稚園に入る少し前から読み始めましたね。


毎日のようにさまざまな世界を知り、
幻想の世界を体感していたのを思い出します。


でも、小学校6年生くらいから、
だんだんワンパターンな展開に、飽きてきました。
夢のような体験。
それを本の中からはもう得られないのだろうと悟り、
読書の世界から卒業しました。


そして、中学2年。
小学校を卒業してから漫画しか読んでなかった私は、
ライトノベルというものに出会いました。
最初に出会ったのが『キノの旅』という作品。
さまざまな世界観、宗教、人間たちに魅了され、
私はまた読書の世界に身を投じました。


そしてそこそこに読書ライフを楽しんでいるとき、
読書仲間である友達に、1冊の本を渡されました。


これ面白いから読んでっっ!


その小説のタイトルは、
『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』


これがなければ私はこの『ある果実』にも出会わなかったんですね。
その友達に感謝です^^




私は、読書家としてはまだ『初級』といったところでしょう。
まだまだ知らない世界がたくさんあります。


もうこれ以上読めない…ってくらいまで、
これからも読み続けます!!

| 未分類 | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/35-5f48a111

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。