PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第39箱「異常の自由のために」

化物語第14話がなかなか配信されないので、
コメンタリーを聞きながら、めだかの感想でも。
昨日すっかり忘れてました。

続きに感想です。


何時の間にやらどっかの女子ふたりが和解していますが・・・。
それはともかくとして。前回の回想シーンでは分かりにくいですが、
阿久根は最強・・・ですか。中学時代は逆だったのかもしれませんが、
どこかで逆転したんですかね。
思い当たるのは猫美先輩との出会い・・・あたりですか。
その辺も詳しく書いてもらえると嬉しいです。

動物たちは一瞬で退場。
初登場時は可愛らしい顔をしているだけでしたが、
この獰猛な牙に、恐ろしい顔つきを見て、
懐かしき秋月先輩の飼い犬を思い出しました。
元気にしてるでしょうか。

もがなの肺活量と、善吉の震脚。
見ただけで、あれを自分のものにしてしまうのは、
さすが十一組・・・といったところでしょうか。
身体能力のスペシャリスト。

しかしそこは元十一組の名瀬も条件は同じ。
ただし、その比重は自己操作よりも他己操作に傾いているようで。
動物のみならず、他人の身体をいじくりまわして、異常を生み出す。
フラスコ計画の最終目的には、確かに欠かすことの出来ない能力ですね。
異常を生み出すために、内面を伸ばす真黒とは、手法と結果が違います。

そんなわけで改造人間、古賀いたみ。
彼女の異常性は、従来の十三組とは別格で別個のところにありますね。
カテゴライズ可能なのかさえ、判断がつきません。
それでもあえて呼称するのであれば、彼女はフラスコ計画の
最終目的である作られた異常、つまり『試作品』ということですかね。
それも、十三人に加えられるほどなのですから、かなりの完成度なのでしょう。

しかし前回古賀が言っていたことを鵜呑みにするのであれば、
名瀬と古賀は大親友とのこと。そして、古賀の身体をいじったのは名瀬・・・。
親友の身体を、いじくりまわすというのは、どういう感覚なのでしょう。
親友に身体を、いじくりまわされるというのは、どういう感覚なのでしょう。
何か・・・こうなってしまうまでに、何か壮絶な過去がありそうな気がしますが・・・。

| めだかボックス | 17:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

亜音速を出せるめだかちゃんより強いだと!
相変わらず強さの基準が難しい・・・


古賀ちゃんの決めポーズは今の世代の何人が分かるのやら

| 真庭赤猿 | 2010/02/23 19:48 | URL |

Re: タイトルなし

> 真庭赤猿様
む・・・いわれてみればそうですね。
まぁ、中学時代もいくら反射神経が身についていないとはいえ、仮にも全盛期と呼ばれた時代なわけですから、その時代の彼女をタコ殴りにできる阿久根なら、黒神ファントムも震脚のようにものにしている可能性も・・・。
そこまできたらもうアブノーマルですけれど・・・。
ちなみに、あれは私も分からない世代です。
いや、世代的には知っているのかもしれませんが、当時興味が無くて知らなかったかもしれません。

| 管理人 | 2010/02/24 17:17 | URL |

15歳なので昭和ライダーとか全く分かりません
というか、子どもの頃仮面ライダーとかウルトラマンとかを
見た記憶がありません

「仲間」で「試作品」……
サイコロジカルで友が兎吊木のことをそういう感じに言ってましたね

まぁ、なんにしろ穏便な感じではないようですね

| 泉 | 2010/02/26 18:40 | URL |

Re: タイトルなし

> 泉様
研究者というのは総じてクレイジーですからねぇ。
改造されるにあたって、ほんわかした物語が裏にあるとは考えにくいですが。
アニメと特撮の両方に詳しいという方は、あまりいないような気がします。
私は、今も昔もアニメ一色の人生を送ってきたものでして・・・。

| 管理人 | 2010/02/26 21:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/368-1abd1638

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。