PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ 化物語 第14話「つばさキャット 其ノ肆」

あらためて、21時1分頃配信スタートしました、
アニメ化物語 第14話。たった今、視聴終了しました。
最高だった・・・。つばさキャットは今のところは、
ほぼ全て納得のいくクオリティです。

前回はかなり重かったらしいですが、今回はサーバを
別のところから借りているようで、かなりサクサクです。
とりあえず、もう1周ほどしてきましょうかしら。



追記・22時42分
ボチボチ重くなってきましたね・・・ほぼ完全につながらなくなりました。
また明日ゆっくり見たいと思います。今日は気持ちよく寝られそうだ・・・。
シャフトさん、アニプレックスさん、バンダイチャンネルさん、お疲れ様です。
感想はまた明日。それではおやすみなさい。



追記・2月24日
続きに感想です


アバン
もう喜びであんまり頭に入りませんでしたが・・・。
ようやく始まりました14話。最初は忍野との会話シーンから。
こうして比べるのは少しどうかと思いますが、
西尾維新のメディアミックス・・・としては刀語より化物語の方が上ですね。
格上で、格別です。久々に見た本編・・・あらためて思い知らされました。
『頭痛』ということを指し示すだけでも、あえて拳銃の形を作って、
ロシアンルーレットのように自分の頭に押し付けることによって、
それに鈴以上の含みを持たせる表現などには感服します。
あと、アバンではまさかきんぎょ注意報タッチの絵を見れるとは・・・。
当時私はまだ幼稚園前でしたが、近所のおねーちゃんと一緒に見てました。


OP
實寫版OPENING・・・つまり、実写版ですね。
はぁ・・・。これはまた物議を醸しだしそうなことをやってくれました。
まぁ、BD5巻でもこれは変わらず、フラゲをしていた私は配信が2回目、
正確な回数でいえば、本編で2回、ACで2回見ていたので、それだけ見れば、
配信の時には大分慣れた状態で見ることが出来たので良かったです。
事前情報無しで見ていたら、度肝を抜かれ過ぎて視聴を断念してそうです。
簡単にまとめると、羽川のコスプレをした女性(?)が映った静止画と、
羽川なのか誰なのか分からない女性の裸体と、羽川が旅をする予定(?)の、
地名が書かれた文字が交互に、時には同時に出てくる実写ベースのOP。
最初に実写版と銘打っているので、後に本物のOPが用意されるのでしょう。
そして、内容・・・歌詞ですけれど、これは辛い・・・。
他の4曲とは違って明るくないといいますか、曲調が不安にさせる感じ。
しかも、既にBDを買ったから知っていますが、2番でも救われることは無い。
羽川じゃなかったら絶対に耐えられなさそうな曲ですね。
いや、彼女でも耐えられなかったから、つばさキャットがあるわけですが・・・。
なんとかして猫物語では完膚無きまでに救っていただきたいものです。


Aパート
いつもの本文マシンガンも、今回はシンプルに、次回。最終回。
本当に終わってしまうんですねぇ・・・。例によっていつになるかは不明ですが。
そしてここからは羽川を除くヒロイン達の、ほとんど最後の出番ですが、
こちらもまた、例によって大幅カット。まぁこれなら割り切れるレベルです。
前に神原の大幅カットならぬ全面カットで打ちのめされたので、
もう何にでも耐えられる・・・というのもあるのでしょうが、
13話でラジオの伏線があったので、それがある限りはカットされない、
というのもあったので、安心して見ていられました。

まず真宵。
彼女の必殺技、三段噛みましたは、結局1回しか使えませんでしたが、
ここは原作にも無かったんですね。脳内記憶では勝手に追加されてました。
ただの誤植は上手い具合に避けましたね。シャフトの専売特許です。
あ、でも迷子のくだりは欲しかった。シリアス挟むとテンポが崩れますかね?
次に撫子。
5人中では一番出番が少ない彼女ですが、存在感はトップレベル。
ぶっちゃけ私の中では揺ぎ無きトップをキープしている彼女なわけですが、
今回もやってくれました。OPとは違った意味でやっちゃってくれちゃいました。
なにその格好!!そして部屋がとんでもなくファンシーで驚きました。
そして、暦の心配の言葉を遮るようにして発せられた「大丈夫。やらせて」は、
撫子の名台詞トップ3に入りますね。スネイクの頃とは気迫が違います。
そして駿河。
まぁ、やっぱり彼女が化物語本編中では一番無駄なトークを繰り広げるので、
必然一番カットされる分量が多くなるのは、致し方ないことなのですけれど、
それでも文句が出るほどカットされなかったのには安心です。
オシャレ魔女★ラブandベリーがカットされなかったのは、これまたいつも通り。
ちなみにコレ、2008年にはもう稼動終了しているんですってね。
昨日なんとなく調べてみて、初めて知りましたよ。時代は変わるものです。
この後に繰り広げられたハズのエロ会話は、今度はACで楽しむとして。
これからも活躍に期待してます。神原後輩。
最後にひたぎ。
最初の電話に出るまでに時間がかかったくだりが少し惜しい気もしますが、
彼氏の話を聞いた上で、あくまで「行かないわよ」と主張する彼女。そして、
このシーンで前口上を全て一蹴するだけの破壊力を持った最後の言葉。
この二つで十分でしょう。この十分な言葉で、ヒロインとしての風格を、
十二分に発揮するのが彼女の末恐ろしいところです。
どうしてあそこまで平坦な口調なのに、それにあれほどまでの感情が乗るのか。
演技を生業とする人の神秘ですね。
最後の最後(?)忍野。
第10話以来の、存在しないはずのシーン。
おそらくこれの意味するところは、お別れ・・・なのでしょう。
原作は、第10話の頭で話した、挨拶も無しにいなくなったりはしないさ――と、
彼らしいひねくれた、お別れの挨拶。まんま原作に書かれていることですが、
それゆえに、シャフトが意味するところを読み違えたりすることはない、
と考えるのが妥当でしょうから、するとこれは意図した演出だと考えるべき・・・
なのでしょうね。もしかしたらラストが原作とは違ったところに、
着地する可能性・・・というのも見えてきましたね。
まだまだ分かりようもないことですが、もうここまできたらシャフトのやり方に、
私の全期待を乗っけて、物語の終焉を心待ちにしたいと思います。

夜。
ブラック羽川、再降臨。この場合は再登場ですか。
ともあれ、ここから先はほぼ全シーンがこの二人で進行するわけですが・・・。
にゃにゃめ~が、ドラマCDの時よりスローペースになって、
しかもより猫っぽくなっていましたね。
あれだけ早口で言えるのだから、ゆっくり言うことなど造作もないのでしょう。
マジぱねぇっす。


Bパート
怪異について。
この物語の、彼の物語の根幹であり根本となるテーマ。
触り猫曰く、それは慣れるべき存在ではないと主張する。
触り猫の台詞は、全ての「な」が「にゃ」に変換されているのに、
『慣れ』だけは、発音を崩さずにしっかりと発しているところから、
それだけ重要なテーマであることが伝わってきます。
信じられ、怖れられ、怖がられ、疎まれ、奉られ、敬われ、嫌われ、
忌まれ、願われなくてはならない。慣れられて良い――存在ではない。
そもそもこれは、現実とははずれたところにある問題で、一介の高校生である
暦がそんなことに頭を悩ませることが無かったのは当然ですけれど、
それでも彼は悩んで、そして考えておくべきだったのでしょう。
そのチャンスはいくらでもあったし、一度は忍野に念を押されてさえいる。
それともあるいは、怪異以外のことにも目を向けておくべき・・・
だったのかもしれませんけれどね。それが今回のラストというわけですが。
まったく事態に直面してから初めて動き出すのは、西尾キャラの悪い癖です。
やっぱり忍野のようにはなかなかいきませんよねぇ。

ちなみにラスト。暦の「・・・・・・あ?」で終わるのも一興だったと思いますが、
今回の終わりかたの方が次回が気になる感じでより良かったです!
外でバトってる時に、主人公の家で、主人公のお茶碗が割れる的な、
フラグっぽい雰囲気が出ていて、次がいよいよクライマックスな感じです。


予告
怖い怖い怖い怖い。
月火は確実にヤンデレ一直線ですね。
今回にいたってはただの嫌な奴になってますしw
そして一文字変えるだけで意味が変わる、
西尾維新スタンダードの言葉遊びも光ってました。
ちなみに私は、教室の隅っこでずっと読書をしている方でしたが、
以外にもソリストではありませんでした。友達は大切に、ですね。


EDカード
今回は中村光さん。
シャフトの製作が決定している次の作品、
「荒川アンダーザブリッジ」の原作者さんです。
残念ながら私は作品を読んだことがないのですが、
美人な方らしいということだけ風の噂で知っています。
初の忍野チョイス。これで、EDカードには全員出揃いました。

| 物語シリーズ | 21:35 | comments:9 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

今回はスムーズに見られてよかったです!
OPの実写には驚きました。色んな意味で

| 名無しの権兵衛 | 2010/02/24 00:41 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> 名無しの権兵衛様
実写という要素だけでもう十分に驚くべきなのに、
さらに上乗せでいろいろやりましたからねぇ・・・。
とにかく、次回もスムーズに見られればいいですね。

| 管理人 | 2010/02/24 17:21 | URL |

初コメです

以前からちょくちょく拝見してます。
今回は前の失敗を考えてテスト期間中だけれど、学校から帰ってずっとPCとにらめっこしてたこともあって、見れて感激でした!
……高校生は大変です。

| 幽弥 | 2010/02/24 20:11 | URL |

僕も混み合う前に見ることができました。
OPには驚きましたが全体的にはとても良い出来だと思います。
エナジードレインをどう表現するのか、けっこう気になっていたんですけどふむふむ、なるほど10万ボルトですか、骨が透ける演出を入れるのもよかったかもしれません。

忍野がビルの上から手を振るシーンはよかった、うれしい演出です。

| 真庭赤猿 | 2010/02/24 22:58 | URL |

撫子の可愛さとブラック羽川のたゆんたゆんにやられた(マテ
にゃにゃめ~の早口はやっぱり凄いですねー阿良々木君が言わせたくなるのもわかる可愛さ!
続きが気になる15話ですが2週間くらいで来ますかね~じゃないと6巻延期ですしね。

http://natter.neko-love.net/ また変なの見つけた~ツイッターやってれば少しだけブラック羽川っぽくなれるよ。

| 空 | 2010/02/25 01:41 | URL |

今までスーパーバイザーってついてましたっけ

| K.O. | 2010/02/26 02:58 | URL |

Re:

> 幽弥様
お!快適に見られてよかったです。テストは大丈夫でしたか・・・?
私の妹も高校生なのですが、テスト期間中に西尾作品をすすめたら、切れられました・・・。

> 真庭赤猿様
エナジードレインの描写は、11話でも用いられていましたが、
あの時はイメージ映像な感じだったので、今回はよりリアルでしたね。
忍野のオリジナルパートは賛成派ですかー。
私は未だにあれはよかったのかどうか悩んでいます・・・。
よかったと思えるような15話になれば良いのですけれど。

> 空様
むしろ、延期してもいいから先送りにしてほしい・・・という思いの方が強くなっていっているのは私だけでしょうか・・・。
twitterですかぁ。噂では知っているのですが、いまいちどういうものか分かっていなかったりします。
私はどうしても文章を書くと無駄に長くなってしまう傾向があるので、簡単な雑記はツイートしてみてもいいかもしれませんね・・・。

> K.O.様
確か太田さんでしたよね?
うろ覚えですが、最初からずっといたような気がします。

| 管理人 | 2010/02/26 21:01 | URL |

よかったですねー!


ねんどろいどの第2弾がでるようですよー。
http://www.goodsmile.info/product/ja/2817/%E3%81%AD%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%81%84%E3%81%A9%E3%81%B7%E3%81%A1+%E5%8C%96%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88+%E5%85%B6%E3%83%8E%E8%B2%AE.html

撫子と真宵と駿河ですよ!

| 七色砂漠 | 2010/02/27 07:43 | URL |

Re: タイトルなし

> 七色砂漠様
お!ついに第二弾ですか!
相変わらず金欠で手を出せませんが・・・。
でも化物語のグッズは、基本既存のイラストを商品化したものだけなので、
完全に一から作られたのはねんぷちだけなんですよねぇ。
いずれは買いたい・・・。そのときは、まず撫子に手を出します。

| 管理人 | 2010/02/27 13:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/369-07f282b8

TRACKBACK

化物語 第14話「つばさキャット 其ノ肆」

1回で見れた?(*゚д゚*) 実写ハジマッタ?(*゚д゚*) OPが委員長ヴァージョン♪ でも実写w いろいろビックリです。 すごく久しぶりな気...

| 空色きゃんでぃ | 2010/02/24 19:08 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。