PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】あとがたり3 & まえがたり2

あとがたり 第三話「千刀・鎩」篇
まえがたり 第四話「薄刀・針」篇

4日ほど前に更新されていたのですが、
すっかり忘れ・・・というか気づいてませんでした。
続きに軽く感想です。


●あとがたり 第三話
三途神社の名前の由来について語っていましたが、深い考察をされますねぇ。
私は単純に第『三』話から、三途という言葉に目をつけたと思ってました。
語感が被るといえば、千と三もそうですね。同じ三画、さ行+n。
そして、田村さんの言う「不気味な感じ」という言葉。
単純に馬鹿と表現するのと、この言葉をチョイスするのとでは、
全然意味合いが違ってきますよね。
またこれを竹絵で表現するわけだから、
表情がどうしても乏しくなってしまうところが、
その不気味さを助長させている気もします。


●まえがたり 第四話
こちらは細谷さんと、錆白兵役の緑川さんが話されています。
いきなり出オチのグリリバさん。お茶目なお方ですねぇ。
今回もネタバレ容赦無しです。しかも反省していない!
まぁもういいですけれど・・・。
ちなみにあの海を真っ二つにしていたのが速遅剣だったんですね。
原作の描写じゃ少しわかりづらいところがあったので、
改めて見ると燃えますねー。
他にも色々と語られていましたが、話を聞いてると楽しみで、
あまり頭に入ってきませんでした。
あと8話ありますが、おそらく全12話中一番気合が入っている第四話。
放送まで一週間を切りました!楽しみだ~!

| 刀語シリーズ | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/394-7b8c9e74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。