PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第51箱「だったら私に教えるがよい」

まったくせっかく一周年なのに。
明日もう52話発売ですよ。ていうか日付的には今日ですよ。
とりあえず一周年おめでとおおおおおおおおおおおおおおおお!!!
これからも末永く続いてほしいですっ!

続きに感想です。


凄まじい蹴り合いを、都城が賞賛していましたが、
そうすればするほど、彼がどんどん小物っぽくなっていくのは気のせいですか。
ともあれ、どんどん異常スキルを身に着けていく黒神めだか。
まるで鑢七実の見稽古ですね。
よくよく見てみると、善吉のサバットすらも取り込まれています。

黒神めだかの過去。
十五年前。めだかの母の死。
生後半年で兄と姉の身長を抜き、
生後八ヶ月で現在と同じだけの知識を得、
そして二歳で彼と、彼に出会う。

まず、くまがわみそぎというネームプレートをつけた、
妙な喋り方をする少年。あのマイナス的な思考の彼が、
果たしてどれだけの影響をめだかに与えたのかは定かでは有りませんが、
ひとつだけ言えるのは、今の黒神めだか(改)は、きっとこの時に誕生した。
ということでしょうか。

そして、もう一人の少年。
託児室でパズルに没頭する純朴な、くまがわみそぎと対照的な少年。
少年は、めだかに言う。「君はみんなを幸せにするために生まれてきた」と。
都城に洗脳される前の無印のめだかは、この時に誕生した。
そこからの十三年間は、善吉の存在無しではありえなかったのでしょうね。


あなたから。
攻撃を受ける理由がありません。
ゆえに。
避ける理由がありません。


もう、ここからは号泣ですね。
ほんっっっとーうに!良い作品になった!
今までに何度も、あ・・・終わりそうな展開・・・なんて思ったこともありましたが、
正直、今なら終わっても一切文句言わない。
それほどまでに最高な引きです。

52話はどうなるんでしょうねー。
とにかく素敵な展開であることは確実です。
明日・・・ていうか今日、本当に楽しみです!

| めだかボックス | 01:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初めまして、代吉という者です。

こんなに純粋だった善吉がグレてオールバックになってたら、
そりゃ、めだかちゃんだってローリングソバット放ちたくなりますよね(汗)
今回の回想は阿久根先輩の回想シーンに微妙に繋がっている気がします。
確か、生徒会長時代の球磨川も、知恵の輪の様な物を手に持っていた気が……。
気のせいかもしれませんが。

| 代吉 | 2010/05/31 14:19 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> 代吉様
はじめましてっ!これからも遊びにきてください。
球磨川の回想シーンは忘れていました。
あれを伏線ととっても良いのならば、善吉も球磨川の影響下にある・・・?
善吉とめだかの出会いも決められたことなのだとしたら、
今まで信じていたものをすべてひっくり返されますね。
まだまだ伏線だらけのこの作品、どこまで回収されて終わるのやら・・・。

| 管理人 | 2010/05/31 16:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/411-cbfa104b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。