PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第52箱「お前は何のために生まれてきた?」

今週は即買い即更新!って既に日付変わってますけどw
まぁ帰ってきたの23時過ぎくらいなのでご勘弁。
あ、来週の月曜日は私の誕生日だ・・・誰か買ってくれないものか・・・。

続きに感想です。


前回の感動的な締めとは打って変わって、またバトルモードへ。
涙を流しながら戦うめだか。それを見ているとこっちまで泣けてくる・・・のですが、
なんか途中からその涙がゲシュタルト崩壊してきて、
若干フリーザみたいに見えてきたのはないしょです。
って、私全然ドラゴンボール知らんですけどねw

都城のサンタの例えが逸脱でしたね。
そして真黒の絶望もまた絶望的だった。
真黒の妹である名瀬の覆面からも、それが伝わってきたし、
全てを感受する行橋の仮面からも、それが伝わってきた。

善吉の言葉にまた動かされて、今度はめだかの中で戦いが始まる。
二つの人格を、強制的にチェンジするという作業は、
もう科学的にも心理学的にも語れることではないと思うので、
ただ単にめだかの苦しさが伝わってきました。
しかしそれすらも氷解させてしまう善吉。
(改)が消えていく描写は感動ものでした。

黒神めだか完全復活。
ついに最後の実験が始まりました。
十三組の十三人、創帝の都城王土。
箱庭学園生徒会会長、黒神めだか。
見知らぬ人の役に立ち、自分も幸せになると誓った彼女と、
見知らぬ人の上に立ち、自分本位に権力を奮おうとする彼。
どう決着がついても、ここが分岐点になるはず。
あるいは、ここで終焉か。
次回、物語が大きく動きそうです。

| めだかボックス | 00:40 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こうなってくるとこのまま綺麗に着地してほしい気持ちと終わって欲しくない気持ちが出てきて複雑です…
とはいえ球磨川をはじめ確かに伏線は山程あるのでまだまだ終わりは遠いのかもしれませんね

…うん、やっぱり終わって欲しくないです

| リーシー | 2010/06/01 01:43 | URL | ≫ EDIT

細かいことに突っ込むのも野暮ですが、逸脱ではなく秀逸じゃないでしょうか。

| Jin | 2010/06/01 01:47 | URL |

Re: タイトルなし

> リーシー様
やっぱそうですよね~。終わるにせよ終わらないにせよ、
この戦いだけは美しく終焉を迎えて欲しいものです。
個人的に回収してほしい伏線は、そうですね・・・不知火だけはせめて・・・。

> Jin様
し・・・知ってるよ!わざとだよ!ついだよ!
・・・とまぁ、ぶっちゃけると最初から秀逸を使おうとかは思っておらず、
単に逸脱を秀逸っぽい意味で使ってしまった一番救えないパターンですね。
これから気をつけます。

| 管理人 | 2010/06/01 22:20 | URL |

終焉だなんて…そんな…哀しいことを言わないでっ!!

………とはいうものの、そろそろ西尾さんも本業が気になる頃ですし、いい区切りなのかも…。特にりすかの続きを切望してます。
兎にも角にも来号待ちですね。個人的にジャンプはめだか(と、べるぜバブ)しか注目作品がない(www)ので、是非とも続けて欲しいところです。

| 空欄 | 2010/06/02 00:34 | URL |

いやー善吉カッコエェ……

「覚えてるに決まってるだろ」とか
「忘れるわけねぇだろ」ではなく

『憶えてるわけねーだろ』
そして、
『初めて会った時から ずっと!
今でも そう信じてるってだけだ』

かっこよすぎる……

しかし、それはいいとして
フラスコ計画潰した後はどうするんだろうか?
(どう繋ぐんだろうか?)
無難に行くなら一回初期の頃みたいな感じに戻して
途中でまたバトル
かな?

| 泉 | 2010/06/02 20:26 | URL |

巻末の西尾先生のコメントですが「一年で百冊読む」は凄いっすね(そしてもう37冊も読んでいるなんて!!!
先生に影響されて小説書いてみようかな、って思ってた自分が恥ずかしいです…

実は俺の誕生日も来週なんです。めだかボックス、次の回が今までで一番良い回でありますように。

| 五十四 崎 | 2010/06/02 23:42 | URL |

Re: タイトルなし

> 空欄様
いやいや、言葉の綾ですよw
十三組の十三人編が終わったら、次は球磨川編、学園編、
そこまでやりきったら次は学園の外へ・・・と、
いくらでも続けられるネタはありますしね。竜頭蛇尾にさえならなければ・・・。

> 泉様
・・・はっ!目安箱の話をすっかり忘れていました・・・!
案外そっちの話に軸を戻して、なおかつ一つ一つの悩みを、
何話か時間をかけてやるってのもありかもしれないですね。
それで、たまーにストーリーが進むコナン形式とか・・・?

> 五十四 崎様
案外1年で100冊というのは難しいものではないと思う。
というのが高校生時代の私の持論でしたが、あれですね。
大人になるって大変だ。
今は年に30冊読めれば万々歳な生活・・・あの頃に戻りたい・・・。

| 管理人 | 2010/06/03 23:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/413-545ee0b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。