PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】あとがたり5&6 & まえがたり7

あとがたり6回目と、まえがたり7回目が配信され、
そして一切悪びれることなくあとがたり5回目が配信されました。
まぁ、MX放送終了後まで待っていただけなのでしょうけれど、
MX放送が発表されたのは、たしか6月末くらいだったはず。
その間1ヶ月にわたり放置というのはどうなのでしょうか。
せめて諸事情により・・・とか、一言くらいほしかったです。
http://www.katanagatari.com/maegatari/

とまぁ、続きに簡単にコメントです。


あとがたり 第五話「賊刀・鎧」篇
まさかの収録現場に鎧が!?
絶刀、斬刀に続いてマジで作っちゃったのかと思いましたw
どうやら、必の音声は道具を使って篭らせた音声を作っていたようです。
あとは、田村さんが言っていた本当は好きじゃないんじゃないか、
という話が興味深かったです。第五話は深い・・・。
ラストは小山さんのセクハラで締めでした。

あとがたり 第六話「双刀・鎚」篇
まずは入れ替わるところの話から。
まえがたりの時と話題が変わってないのが細谷クオリティw
そして、日高さんは狂犬の演技をアフレコ当日に役作り。
たしかに、根谷さんの演技を見ないことには、作りようがないですし。
こなゆきが大人・・・というのは新しい意見な気がします。
敬語の幼女キャラというのは、それだけでそんな印象を与えますね。

まえがたり 第七話「悪刀・鐚」篇
さーて、今回はネタバレ自重してくださいよ細谷さん。
なにやら、今回は白黒らしいです。禍々しいとも。そこは期待。
そして、OPが残酷・・・「○○」的なシーンがあるらしいので、
原作ファンとしては、一番期待しておきたいシーンのひとつです。
そして、予告にもありましたが、絵がいつもと違うようで。
より原作に近づけて。より竹絵に近づけて。
それはたった一人の手によって作られたもの。気合入ってますね。
あとは、最後もなかなか良い感じ・・・いや、悪い感じらしいので楽しみ。
ほっ・・・今回はバカみたいなネタバレせずに、安心のまえがたりでした。
しかし、その反動故にか、月一ビジュアルは、ネタバレのみ・・・で
構成されているので、見たくない人はお気をつけて。

| 刀語シリーズ | 00:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/435-ddd919b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。