PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ 刀語 第八話「微刀『釵』」

放送終了です。あーもう4時だ・・・。
OPが変わったり否定姫たちが動き出したり予告が無かったり・・・。
色々動いた第八話でしたが、今回も十二分に満足です。
オリジナルはイチャイチャが多かったですが、
それが微笑ましくてニヤニヤしてしまいました。
ちなみに日和号は遠藤綾さん、EDはのみこさんでした。
どちらも素敵な演技と歌。のみこさんは少し衝撃的でしたがw

感想は明日・・・以降ですね。6時間後にはバイトで家を出なければ・・・。
それではおやすみなさい。



続きに感想です。あんま時間が作れないので簡単に。
あ、ちなみにここで予告を見られます。少し小さいサイズですが。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/katanagatari/index.html


まずOP、刀と鞘ですね。歌うのはALI PROJECT。
イントロから、「あー。アリプロだw」と、つきなみな感想。
私はCDを買ってしまうほど好きではありませんけれど、アニメ主題歌になった曲は、
TVサイズならカラオケで歌える程度には、お気に入りのアーティストです。
サビに入る直前の、あのフレーズとかクリーンヒットですね。
バックの絵も格好良くて、個人的に嬉しかったのは残りの所有者も出してくれた事。
未読の人は、少しは気になってくれたでしょうか。

Aパートは否定姫ととがめの初対峙。いや初ではありませんが。
ここの互いに譲らない蹴落とし合いは、原作でもアニメでも息を飲みます。
否定姫の演技も、5、6、7と出てきた中では、一番輝いています。
「否定するー。私はあんたのことを否定するー」が特に良かったです。

いちゃいちゃその一。
右衛門左衛門の後ろでお姫様抱っこ。
これはシチュエーション萌えですねw
顔を赤くするとがめが可愛すぎる・・・!

日和号登場。
初っ端からめっちゃ怖いっすね。首が自由に動くのがもう不気味。
詳細な動きについてはまた後である戦闘シーンにとっておくとして、
ここでひとつ問題なのが、微刀のありかについてはまだ不明なのに、
とがめが「この日和号こそが微刀・釵だ」とか言っちゃってる点。
本当は日和号がぽそりと、「微刀・釵」と名乗りを上げるはずだったんですけどね。
カットするのは構わないのですが、矛盾が生じるのでは意味が無い・・・。

真庭海亀VS左右田右衛門左衛門。
まず最高(略が、台詞で聞くとうぜぇ。
きっと、僕はキメ顔(略も、同じくらいウザいに違いない。
でも、それを払拭するくらい、刺突剣を取り出した直後の姿が格好イイ。
絵もそうですけど、やっぱり関さんの演技がいいんですかね。
演技といえば、不生不殺をうけたあとの海亀。
突然しわがれた声になり、原作の地の文を読みながら逝く姿は、
今までのまにわにの中で、一番二つ名が合っているように思いました。

いちゃいちゃその二。
まぁそこよりも、BGMに笑ってしまいましたがw
食べ物を粗末にしてはいけません。

共感覚のハナシ。すっげぇ久しぶりですね。
たしか三話ぶりだったと思います。原作じゃ毎月出ていますが。
人によっては、何その設定!?ってなりそうです。

いちゃいちゃその三。
とがめをいじめて遊ぶ七花。
七花が一方的にじゃれついている感もありますけどねw

真庭忍軍ももう三人。
なんか、どんどんボロボロになっていくようで、
見ていて痛々しいですね。
人鳥が弱々しいから、また余計にそう感じます。

いちゃいちゃその四。
こちょこちょ。
いいかげんにしなさい。

今回は3回とがめの奇策が発揮されましたが、
オリジナルのほうが・・・その、なんていうか・・・ぶっちゃけしょぼい。
お皿のやつはとんちだし、落とし穴はロケット団が考えそうな愚策です。
まぁお皿は、炎刀の状況と上手くかぶせていて、面白くはありましたが。

日和号VS鑢七花。
注目したいのは、人形殺法ですね。
竜巻。旋風。春一番。突風。鎌鼬。嵐。砂嵐。台風。微風刀風。
全てが、違う動きで表現されていたのが凄かった。
個人的にお気に入りだったのは、春一番と鎌鼬。
あとは、知っていたにもかかわらず驚かされたのが突風。
いやー。グロいですやっぱ。
七花、よく空中で避けましたね。
そして、燃料切れで落下した日和号を、ダッシュで受け止めにいく七花。
ここの演出、オリジナルなのですがこれにはやられました。
日和号の目から、一滴の涙。
雨と分かっていても、ロマンチックな方向に考えてしまいます。
まるで、自分のご主人・・・ではなく、ここは所有者と言うべきですか。
四季崎記紀を、そして彼の工房を守ることができなかった・・・。
それに対して、涙を流したように見えました。
そして、そう考えてしまうだけの『人間性』を、
このからくり人形は持っていた・・・そう考えると切なくなってしまいます。

EDは、のみこさんの歌う、「からくり眠り談」。
彼女の曲は、あまり知らないのですが、
「アキカン!」のED12曲ですっかり好きになってたので、嬉しいです。
これは人形視点の歌・・・ですかね?もしくは人形を歌った歌。
ちょっと歌詞の解釈がむずかしいので、それは歌詞カード待ちですが。

予告は、前回と違って大々的なネタバレは無しでありながら、
原作を知ってるとニヤニヤできる上手い構成になっていた気がします。
あのシーンが、どんな演出になるか今から楽しみです。

| 刀語シリーズ | 04:14 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いや~面白かったです
七花が妙にとがめにちょっかい掛ける
シーンが多くて成長が見て取れますね。

「この日和号こそが微刀・釵だ」の件は
否定姫から四季崎記紀の話を聞いて日和号
の持つ刃、もしくは日和号自体が刀であると
予想し、七花の共感覚から確信した、と解釈
すればなんとかなりそうな気がしました。
原作とは違うアニメ版の改変というかw
個人的に皿の話は結構有名ですし、否定姫の部屋にあった
炎刀・銃との意味合いを兼ねているのでよかったんですが
落とし穴はさすがに無いと思いましたw
あの奇策が成功したら日和号が穴に落ちて壊れる
可能性があるでしょうから。
とがめの性格上、迂闊すぎですね。

| koya | 2010/08/17 13:43 | URL |

ショートヘアのとがめ可愛い!否定姫ナイスおっ◯い!この二つが俺の中での8話でした(マテ
OPは今までの慣れからか少し違和感あったけど映像もいい感じだったのですぐに慣れそう。
海亀はウザっww
今回は戦闘多めだったし七花の人間的成長も見られたので楽しかったね。涙のシーンはマジで泣いてんのかと思った、ああいう演出は好きだなぁ。
そいや日和号の声は遠藤綾さんだったとか、終わってからも全然分からなかったよ。
8話で一つ疑問があるとすれば、炎刀・銃はどこが刀な(ry

9話はついに汽口慚愧が出てくるんですね、PV見た時から気になってたから楽しみ!では期待しつつ原作8話を読んで待つとしよう。

| 空 | 2010/08/18 11:52 | URL |

ALI PROJECTさんは僕も好きです。
あの独特の歌い方は聴いていると癖になりますね。
バック絵も綺麗で曲と相まってとてもかっこよくて素敵なOPになっていると思います。
本編は今まで一番バトルシーンが多かったですね。
真剣をものともせず素手で捌きまくっている七花はカッコよくてワクワクしました。
とがめと七花のいちゃいちゃっぷりも堂に入ってきて…これ最終話確実に泣きます僕

| 真庭赤猿 | 2010/08/19 02:09 | URL |

Re: タイトルなし

> koya様
あ、いえ。日和号が刀であることは七花の共感覚で分かるとして、
問題は、残り五本――微刀・王刀・誠刀・毒刀・炎刀の中から、形も知らないのに
何故微刀をチョイスできてしまったのか、というところに違和感を感じたのです。
HPのコメントフォームあたりから訴えてみようか・・・DVDでは修正されるかも。
落とし穴の落とし穴は、記事を書いたあとに私も思いました。
斬刀が壊れる可能性があるから、下酷城を燃やす手は使わなかったのに、
それから半年、何も学ばなかったわけではあるまいに・・・。

> 空様
考えるんじゃない。感じるんだ。七花のように。
鎧が出てきた時点で、もうどんな刀がでてこようと気になりませんとも。
遠藤綾さんは、私も最初は分かりませんでしたが、
二回戦目あたりで、お?と気づきました。あとがたりが楽しみです。

> 真庭赤猿様
昔の真剣にビビっていた七花とは大違いですね。
人間相手ではなく、人形相手の時の方がバトルが多いのはあれな気もしますがw
しかしこの先も本当に楽しみです。十二話も期待。

| 管理人 | 2010/08/20 12:35 | URL |

ああ、なるほど。
とがめが「微刀」に隠れた暗示を感じていたとしても
断定してしまうのは確かにおかしいですね。
それよりは原作通りに日和号に言わせた方が
自然です。
迂闊でした、スミマセンです(汗
修正されるといいですね。
でも、1巻の「土佐」とか3巻の「斬刀の刀身」
とか修正されてなかったんですよね…?

| koya | 2010/08/20 18:55 | URL |

Re: タイトルなし

> koya様
そうなんですよねぇ・・・。
一応その都度公式のコメントフォームから送ってはいるのですが、
一向にノーコメントを貫き続けるので、電話とかしてみたほうがいいのでしょうか。
そこまでいくとやりすぎな気もするので、少し様子見ですねぇ。

| 管理人 | 2010/08/23 13:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/463-fd28e178

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。