PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ 刀語 第九話「王刀『鋸』」

というわけで、帰ってまいりました。
そして第九話試聴終了。
続きに感想です。


アバンはバッサリきましたね。
展開としては分かりやすくてよかったです。
怒っている斬愧かわゆー。

Aパートはとがめの勘違いが延々と続くオリジナル展開。
うーん・・・個人的にはあまり好みでは無いので割愛。
これ入れるなら、他にもっと入れてほしいシーンがありました。

Bパートは短め。
王刀の話。心王一鞘流の話。
木刀も人を殺せるという話は、楽しみにしていたので良かったです。
斬愧のあの目が、その話が大げさでないことを語っています。

Cパート。
まずは否定姫パート。
肯定する強さと、否定する強さ。
この違いが、最後の最後、二人の勝敗を左右するわけですが、
この辺の話は、現実の話でも考えさせられますね。
そして真庭忍軍。なんか、何の説明もなく川獺の腕が、
鳳凰に生えていましたが、まぁまにわにだし・・・で片付けられそうなのが、
彼らの良いところであり悪いところであり困ったところ。
さらに鴛鴦戦。永劫鞭は先端が蛇になっているところが、
確か原作の絵にはなかった表現だったと思うので、格好良かった。
無敵と思われたあの結界も、謎の鉄の塊によって破られてしまうわけですが、
その後、鴛鴦は将来を誓いあった蝶々の元へ・・・天国で幸せになってほしいです・・・。
まにわにが天国に行けるのかどうか・・・については突っ込むのは野暮ですね。
そして奇策の後、ちゅー。うん、ぶっちゃけここだけで良かったと思います。
愛想をつかされたと思っているのなら、こんな行動に出られないですし。
なんか矛盾している気がしちゃいますねぇ・・・。

Dパート。
再戦。そして、とがめの奇策発動。
もうちょっと斬愧には驚いてほしかったですが。
あ、あと惜しかったのが意味のない返しにもとがめが対応するところ。
それに動揺する描写が削られていては、
本当のとがめの凄さが伝わらない気がしました。
斬愧に説明させなければならない分、難しくはあるかもしれませんが。
ともあれ、あのバーチャル映像的な将棋盤が格好良かったです。
そして面有り。勝負有り。
あのズッコケが、果たして残心の姿勢と受け取られるのか、
もう剣道やってたの大分前なので、感覚を覚えていませんけれど、決着。
最後は、とがめの「おねだりのつもりか?」の言い方、
そしてそれに赤くなる七花が可愛すぎましたw
冒頭の勘違いネタとかよりも、こんなイチャイチャをもっと見ていたいですね。

EDは、"Annabel"さんの「証」。
まったく知らない人だったので、どうなるか気になっていましたが、
なんていうか・・・めっちゃ良かった・・・。
2~3番目くらいに好きな曲かもです。

次回は誠刀・銓。対戦相手は彼我木輪廻。
公式PVを見ると、CVは渡辺久美子さんっぽいです。
ていうか、PV格好良すぎです。これはまた後で別個で記事書きます。

| 刀語シリーズ | 15:30 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

もうイチャイチャ、可愛いな~

慚愧の髪が刀のようになっていて、態度もキリリとしてる感じがかっこよかったw
あと観終わって思ったのが、おねだりしたいお(・ω・`)
最後に「あと3話で終わるのが寂しい」(笑)

| 味塩太郎 | 2010/09/11 18:54 | URL |

汽口ちゃん可愛かった~vv
欲をいえば「看板娘です」のときに
設定集にあったうつむきながら照れてる
のも見たかったなあw
今回はラブコメ全開でしたね。
オリジナル要素が多彩でとがめの表情
がコロコロ変わってて面白かったです。
ただ…オリジナルは個人的に不満は無いのですが
化物語のとき(6話の羽川の電話や12話の阿良々木
がひたぎの手を握るなど)のような
おお!と思える要素が弱いような気がします。
羽川との電話は猫物語の「部屋がない」と
リンクして感動したものですが、
それくらいの驚きが刀語にも欲しいですねw

| koya | 2010/09/11 19:41 | URL |

ギャグ要素が強かったですね。
汽口と七花のからみや稽古の拙い動きはいい表現だったと思います。
とがめは可愛かったですね、とくに今回顔芸が多くて竹さんの絵で多彩な表情が見れるのは感慨深いです。
鴛鴦の永劫鞭はなかなかカッコよかったです。それだけにあっさりやられてしまうのは惜しいです。
あと汽口の刀のような髪をピカピカ光らせていたのは、分かっているなあと感激しました。

| 真庭赤猿 | 2010/09/11 23:28 | URL |

とがめ可愛すぎワラタww先月よりもパワーアップしててやばかったよ!
汽口慚愧も黒髪ロングキャラで伊藤静さんとか俺得過ぎましたし!
看板娘の笑顔もそれまでとのギャップで(σ´Д`)σ・・・・…━━━━☆ズキューン!!でした。
鴛鴦さんエロいよ!エロかっこいいよ!…しかしそこはまにわに、生き残れない運命とか悲しい。人鳥もいつか…いや、それはないよね?
Bパートの話は西尾作品にはよくある言い回しで自分も好きですわ、原作でじっくり読みたいかな。

おおう、マトモな感想が少なさすぎるww

| 空 | 2010/09/12 01:38 | URL |

Re: タイトルなし

> 味塩太郎様
白黒だとあの髪はあまり印象に残りませんが、カラーで見ると本当に目立ちますね。
あの髪を王刀と勘違いする人が出てきてもおかしくない・・・。
所有者と一体化する刀・・・は、悪刀と少しかぶりますか。
「あと3話で終わるのが寂しい」はパスですかw 最初は気づきませんでしたw

koya様
原作は、原稿用紙300枚という制限があったのと同じように、
アニメも1時間という枠の中でやらなければいけない分、オリジナルは、
アニメならではの表現でうまく時間をつかってほしいですね。
前回のような、日和号の涙みたいなオリジナルをもう一度見てみたいです。

> 真庭赤猿様
刀のようでありながら、動けば髪も一緒に柔らかく動くのが上手いですね。
私はてっきり、あの形のまま固定されてるものだと思ってました。
顔芸の中では、とがめがポロポロ涙を流していたのが可愛かったと思います。

> 空様
伊藤さんはああいう真面目な演技と、ちょっとお茶目な演技の使い分けが凄いです。
人鳥はどうなりますかねぇ・・・。PVを見る限りでは、11話の時点で存命なので、
来月は安心して見ることができそうですけれどね。鳳凰は死亡フラグビンビンですけどw

| 管理人 | 2010/09/12 13:16 | URL |

真庭鴛鴦は真庭蝶々と幸せになってもらいたい!
流石にまにわにはかわいそうですよ。
まあそこがまにわになんですけどね~。
これはぜひ真庭語の映像化もしてほしいものです。

| BSDK | 2010/09/13 11:12 | URL |

Re: タイトルなし

> BSDK様
どこでどう転んで、彼らはああなってしまったのか・・・。
たとえ、真庭語が映像化されても、あれは初代頭領たちの話ですし、
真・真庭語とか作って欲しいですw

| 管理人 | 2010/09/13 22:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/473-cf614339

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。