PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第73箱「今から俺は」

最近は日曜夜~月曜朝にかけて雨ばっかりで辛い。
少し前の自分ならばそれでも買いに行っていたことを思うと
めだかボックスへの愛が薄れていっているのかもしれませんが、
それでも一時期水曜日とかに買っていたのに比べればまだマシ?

続きに感想です。


名瀬夭歌。
揺檻女子中学校出身。
『どっちつかずの名瀬』の異名を持つ裏切りの少女。
誰よりも不幸を追い求める異常にして過負荷。

そんな名瀬を引き抜こうとした球磨川ですが、
当然というか何と言うか、あれ?のっちゃった!?
まぁこのあくどい感じも今となっては可愛く見えるのですがね。

めだかが携帯を使えることは、なんかネタとしてよく分からないのですが・・・。
今までに携帯を使うべき状況で使っていなかったり、
機械オンチ的な設定とかって登場していましたっけ?
あ、都城がめだかに告白する回で、善吉が学園中を探しまわってましたっけ。

不知火はもー相変わらず可愛いですね。
いい感じに内部から引っ掻き回しています。
なんていうかこの作品は『女キャラ』ってだけでもう可愛い気がする。
これから先超うぜーキャラが登場しようとも、
どこかで必ず可愛くなる前提で読み進めることになりそう。

今揃っている生徒と、これから揃う生徒。
その『これから』の中に入っている一人。
それが名瀬の目に止まったようですが、もしかしてそいつが、
球磨川に匹敵するマイナスの一人?
とにかく球磨川が否定しないので、名瀬以上ということは確か。
何かやんごとなき事情があって転向してこれないそうですが。

あれ。駄目だ。
俺あいつらのこと大好きじゃん。


都城戦中の「ごめんなさい」「何でもするから」以来のグッとくる台詞です。
めだかに関しては言葉無く。
これを思うとどれだけ彼女のことを考えているのかが伝わってきます。
きっと思うところがありすぎて何も言わなかったのかと。
先週めだかvsくじらの姉妹因縁対決とか予想した自分はバカだ。

そんな名瀬の態度が志布志の逆鱗に触れたよう。
もしかしたら志布志と名瀬の境遇って似ているのかもしれませんね。
同じように不幸でも、より不幸を望む者と、幸せを妬む者。
その謎は志布志の過去編をまたなければいけなさそうですが・・・。
とにかく13年前から既にその真価を発揮していた彼女が、
ある程度成長した時点でどのような生活をおくっていたかが想像つきません。

名瀬にとって、古賀ちゃんは本当に古賀ちゃんですね。
どうしようもなく弱点で、どうしようもなく幸せの塊で。
でも彼女には頼れる、大好きな仲間がいて、かけがえの無い妹がいる。
くじらが名付けることになった、『改神モード』。
めだかの真の力をもってしてようやく倒せたとはいえ、古賀にせまる驚異は去った。
でも代わりに、名瀬は書記戦へエントリー。
書記戦がそれぞれの大切なものを人質にして、
相手の人質を抹殺すれば勝ち、みたいな不幸対決にならなければ良いのですが。
そして誰よりも不幸な本来の書記の活躍できる舞台があれば良いのですが。
どうなるやら。

| めだかボックス | 14:38 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

安心してください。
それは愛情が薄れたのではなく
愛情に慣れてしまっただけですよw
いつまでも新婚気分でいられないのは
愛情が深いからなんです。

名瀬ちゃん裏切りフラグで先週ドキドキしましたが
とりあえず順当に戦挙はしてくれそうなんで
よかったです。
まあ、順当にいくかはわからないんですけどね。
球磨川なら…

| koya | 2010/11/01 16:16 | URL |

ここにも馬鹿が一人います。
完全にめだか対名瀬の形を予想していました。
まあ前回あんな風にあおっておきながら普通に手のひらを返すところがめだかボックスのいいところなんですけどね。

| 部外者D | 2010/11/01 17:55 | URL |

名瀬は包帯まいてても巻いてなくても
かわいいです
回想の困ったシーンとか
雰囲気が伝わったり
本人素直ではない
と自認しているけどきれいな顔立ちだから
表情はわかりやすいです

| シェーリング | 2010/11/01 19:47 | URL |

庶務戦はめちゃめちゃ盛り上がって最高のできでした!
西尾維新大先生の真骨頂は最後のシメが最高に面白いとこだと思います
猫物語 白 のラスト阿良々木暦は最高の盛り上がりだったなー
これからどんどん盛り上がるのだと思うと会長戦が楽しみです!!

| キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの眷属 | 2010/11/05 18:04 | URL |

Re: タイトルなし

> koya
あ、なるほど。便利な言葉もあるものですね。
というか、多分今一番愛を注いでいるのが物語シリーズなので、
それ以外がどうしてもおろそかになってしまうのですよね。
球磨川にはこれからもどんどん踏み外していってほしい。

> 部外者D様
踏み外すのは球磨川ではなく西尾先生ということですよね。
彼の場合、自分がやったのではなく作品が勝手に転がったと表現しそうですが。
でもそう勘違いしてしまうのはしょうが無いですよね。

> シェーリング様
包帯巻いていると簡略化されてる感じがあるのですが、
アップになると意外と可愛い感じが伝わってきます。
今回のときめくねぇ!のところとかがグッドでした。

> キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの眷属様
多分今連載されているジャンプ作品の中では、
各話の締め方に限ればかなり上位に食い込むのではないでしょうか。
とにかく読者の予想の斜め170度くらいをいく裏切り感。
これを毎週味わえるのは単行本派には味わえないでしょう。

| 管理人 | 2010/11/06 01:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/496-e343cb4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。