PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

刀語 第十一話 毒刀『鍍』・読了

刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX) 刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)
西尾 維新 (2007/11/02)
講談社

この商品の詳細を見る


というわけで読了です。
いやぁ~物語もいよいよ佳境ですね。
とがめと七花のいちゃつきぶりも健在ですww
七花っ!騙されてるよっっ!!


続きに感想(ネタバレありかも)です。


刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX) 刀語 第十一話 毒刀・鍍 (ドクトウ・メッキ) (講談社BOX)
西尾 維新 (2007/11/02)
講談社

この商品の詳細を見る



いつもどおり表紙から。
今回はなんだかあったかい感じの表紙ですねぇ。
竹さんの絵にしては珍しい感じです。
でもまぁしっかりいちゃついてるわけですが。


ところでこの表紙の絵って原案…というか構図は誰が考えてるのでしょう?
やっぱ西尾さん?竹さんの独断と偏見で考えてるのかな?
もし竹さんなら、GJです!!




まずはじめに最初で最後(?)の四季崎記紀の登場。
すべての始まりであり、四季崎記紀の仕事の終焉シーン。
ようするに、鑢一根と四季崎記紀の対面。
この作品の最重要項目ではないにせよ、物語の始まりでもあるので、
なんか厳かな気持ちで、読んじゃいましたねぇ。
てか四季崎さん言葉遣い悪すぎだわww
もうちょっと違う雰囲気を想像してましたよ。




そして『粗筋』。
なんと!今回はタイトルがまんま『粗筋』。
中身はさらにびっくり!本当に『粗筋』だったしwww
だからみなさんが刀語の中であまり好きではない、
いわゆる『字数稼ぎ』をふんだんに…というよりは、
それのみで構成されているので、心して読んでくださいね。




第二章では、究極の自虐ネタから始まっていますが、
ここでは伏せておきます。西尾先生は面白いwww
ここで明かされる真庭鳳凰と左右田右衛門左衛門の関係。
このとんでもない二人の関係のことを思うと、
二人がどんな気持ちで刃を交え合っているのか、
私には想像もつきませんでしたね。
ある意味で壮絶な、ある意味で息を飲む戦いでした。




とりあえず三章で、語るべきことはあのシーンくらい。
おなじみ、とがめと七花のいちゃつきシーンですね。
ネタバレを含むのに、ここを先に見てしまう方もたまにいるので、
ここではとりあえず、伏せておきますが………だから!
七花!!!騙されてるってーのっ!!
だがそこが良いのですww
とりあえずとがめの驚きの言葉は必見!!




人鳥くん強すぎwwwww
これは確かに、鳳凰をも凌駕してしまいかねない能力ですねぇ。
しかし、現代の西尾先生の世界ならばさして珍しくもない能力ですね。
そして柔球術のあれはなんなんだろう…。
想像では、さして殺傷能力があるとは思えないのですが…。
でも人鳥くんの能力ならば、まぁ強力な武器かもしれませんが。
そして最後に、左右田さんはやっぱり悪魔!!




刀工 vs 無刀。
あーなるほど。そういうことでしたか。
あの状況の鳳凰ならば、確かに刀工ですね。
察しがよければ、分かってしまった方もいるのではないでしょうか。
でも、あれはさすがに鳳凰が気の毒でしょうがないですね。
どのくらい不憫かというと、そうですねぇ…
『映画 名探偵コナン ベイカー街の亡霊』のコナンと一緒に
生き残った最後の一人くらい可哀相ですねww
(↑わかる人にはわかるハズ!)
あ、とがめと七花の刀の予想について。
二人ともセンス良すぎwwww




終章。
ここはもうなにも語ることはありませんね。


ぱん。
ぱん。



とうとう次巻、最終巻!
対戦相手は左右田右衛門左衛門!
蒐集対象は「炎刀『銃』」!
克目して次回を待て!!
































私事ですが、4日前に私の友人が亡くなりました。
ここまで近しい人が亡くなるのは、初めての経験だったので、
ここ数日、とてもふさぎこんでいたのですが、
今回のあとがきで、西尾先生は『死』について語っていました。
そこで西尾先生が語られた、


死ぬというのは無くなることではなく、バトンを受け渡すこと


という言葉に、友の死を受け入れることができなかった私も、
ようやく、また歩き出すことができそうです。
西尾先生、ほんとうにありがとうございました。
そして我が友へ、今まで本当にありがとう。
安らかにお眠りください。

| 刀語シリーズ | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/50-f50f5541

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。