PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第75箱「戦わない理由にはならない」

先週久々に行けたのに、今週はまた朝買いに逆戻り。
荒川アンダーザブリッジが面白くて、面白くて・・・Zzz・・・
はっ!朝だ!バイト行かなきゃ!みたいな。
ちなみに今回は大増23ページということで、表紙にもちょっと載ってます。
でも絵を使い回すのはいい加減やめてもらいたいw
腕章全部ついてるしw
せめて2枚くらいをローテーションしてほしいですね。

続きに感想です。


初っ端から名瀬のペース。
前回の自分のパンツに続いて、
血塊のハンマー、防刃タイツ、ガトリング注射、黒鬼。
そしてそれらを十全に使いこなす元統括としての頭脳。
ちなみにこの黒鬼(ブラックオウガ)は、前まで着ていた黒タイツとは違う模様。
まさかとは思いますけれど、もしいつかこういった戦いが起きたときに、
突然黒タイツを着てたら違和感が生じてしまうので、
あえて今までも黒タイツを着続けてきたとか、
さらにはタイツの上にパンツを穿いているというよく分からない設定も、
前回のハッタリのためだけに用意された伏線であるとか、
考え出したらキリがない。
仮にそんなこと微塵も考えてなかったのだとしても、
彼女はありとあらゆる全てのことを伏線にして自ら回収し昇華させる。
これが魔王でなくて何だというのか。
恐るべし名瀬夭歌。

球磨川は相変わらずいっちゃってますね。
毎話一回は嘘をつかないと気が済まないのでしょうか。
逆に球磨川が嘘をつかなかった回ってあるのでしょうか。
ちょっと今度検証してみましょう。
・・・とか曖昧に言ってると絶対にやらないので、今やりました。
55箱 『僕は悪くない』
56箱 『僕は球磨川雪だ』
57箱 『エリートが両親を』『妹がエリートに』『親友のエリートに』
58箱 未登場
59箱 未登場
60箱 『だって初恋の人だもん』
61箱 『もちろん怒江ちゃんが心配で』
62箱 『えーと、誰?』
63箱 『僕はずっとこんな風に叱ってくれる人を待っていた』
64箱 『僕正直ちょっと引いてるよ』
65箱 『めだかちゃんの元彼でーっす』
66箱 『生徒会長なんて誰がやっても同じでしょ』
67箱 『マイナスの気持ちを分かって欲しいだけ』
68箱 『僕、わざと負けたげよっか』
69箱 『親が高校くらい出とけってうるさいんだよ』
70箱 『僕が悪かった』
71箱 『僕達はきみ達には勝てない』
72箱 『当然緩めないよ』
73箱 『きみは世界一不幸になれる』
74箱 『僕は心を奪われる』
台詞が少ないところは無理やりですが、ほぼ全ての話で嘘ついてますね。
というか嘘じゃなさそうな台詞まで総じて嘘に見える。
62箱は迷いましたけど、その前の登場コマで前生徒会長と聞いて、
思わせぶりな顔してるんですよねー。
まぁ今となっては話にもあがらないことでしょうけれど。

致死武器(スカーデット)。
致死武器はそのまま読みが血飛沫。
致死する武器との言葉遊び。
ルビはスカーレット(鮮血のように明るい赤)のもじりと思われる。
でもハガレン好きな西尾先生のことだから、
顔に大きなばってんの傷を持っているスカーというキャラと、
そのままの意味のデッド(死)をかけ合わせたんじゃないかとも考えました。

そんなわけで、彼女の能力は古傷を開く力。
まったく予想できなかった・・・あれだけヒントはばらまかれていたというのに。
過去の西尾作品のキャラクターをあさってみると、
この世のありとあらゆる液体を自在に操れる、
つまり体内に流れる血でさえも爆散させることができるキャラがいますが、
それとはまた趣を異にした・・・というか、こっちはまったく趣の無い能力ですね。
彼女が始めは会長戦でめだかとぶつかる予定だった(という嘘?)らしいですが、
その場合、古賀の強制治癒能力をもっているめだかが彼女にぶつかることで、
どれだけの生き地獄を味わうことになったのか・・・。
でも誰が相手だったところで死にたくなるほどの地獄は味わうことになったのでしょうけれど。
心の古傷さえも開く。
特に不幸を、地獄を、悪夢を追い求め続けてきた名瀬・・・否くじらが、
それを全て同時に思い出すという仕打ちは、精神にどれだけのダメージを与えるのか。
逆に火がついちゃったりするのでしょうか。
でも予告だとなんか反撃開始みたいなので、まだまだ期待できますよー!

| めだかボックス | 20:26 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

液体を操るキャラって誰でしたっけ?りすかシリーズに出てそうだなとは思いました。
にしても「致死武器」の「武器」の二文字には誰もが騙されたんじゃないでしょうか。俺は極限糸を想像してました。あの能力って、球磨川には効くのかが大いに気になりますね。

| 五十四 崎 | 2010/11/15 22:03 | URL |

今回ノーマライズリキッドが登場しましたが、マイナスには通じなかったところを見るとやはり、異常と過負荷は別物のようですね。
そして志布志のマイナスはえげつなさでは西尾作品トップクラスの能力ではないでしょうか。でもこれで日之影がやられてしまったことも納得できますね。

それにしても黒鬼は一体お値段おいくらなんでしょうか?性能をみるに白虎よりも高いでしょうけど。

| 真庭赤猿 | 2010/11/15 22:16 | URL |

名前にすでにヒントはありましたね
それでもわからないのはインパクトの強さでしょうか。

名瀬の戦闘タイプではないのにあの堂々たるたち振る舞いは
やばいです。江迎がいうように彼女の分析能力もさることながら心の強さが大きいですね。

| シェーリング | 2010/11/16 07:14 | URL |

Re: タイトルなし

> 五十四 崎様
あーたしかに極限糸はあんな感じの傷がつきそうですね。
もっとも姫ちゃんなんかは身体をバラバラにする面の方が強いですけれど。
西尾作品ではありませんが、刀に糸をくっつけることで、
一太刀で複数の斬撃を飛ばすトリックを使うキャラクターなんかもいますし。

> 真庭赤猿様
彼女の力は子供であれば子供であるほど効かなさそうですよね。
ようはどれだけ傷を負う歴史を積み重ねてきたかが問題なわけですから。
でも(真黒のような一般的な)高校生ですらあれですから、
もし不知火理事長あたりがくらった日には・・・。
黒鬼の値段はいつもどおり単行本で明かされることでしょう。

> シェーリング様
今回みたいに分解して考えると、蝶ヶ崎の能力も推測つきそうですね。
それにしても名瀬の株急上昇ですね。
次の人気投票があったら五本指には入りそうです。

| 管理人 | 2010/11/18 16:08 | URL |

スカーとは

「スカーレット」ではなくて、英語で傷(特に皮膚の傷)を意味するscar(スカー)からじゃないですか。
ハガレンのスカーも、本名はわからないので、顔の傷から「スカー」と呼ばれていたような気がします。(うろ覚え)

| ひよこ | 2010/11/26 08:35 | URL |

Re: スカーとは

> ひよこ様
ああ、本当だ、ググってもなかなかヒットしないので造語かと思ってましたが、
辞書引いてみると普通に載ってるんですね。
じゃあそれこそ本当に予想できて然るべきだったのかもしれませんw

| snowrivers | 2010/11/27 13:06 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/502-d08d7675

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。