PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第77箱「敵うはずがねえだろう」

昨日の夜はうっかり寝てしまったので、
今日はまたこの時間の更新なり。
最近12時間くらい眠らないと起きられないのが辛い。

続きに感想です。


書記戦決着。
前回は名瀬の凍る火柱の発現で終わりましたが、
今回はもう独壇場ですね。
名瀬格好良すぎる。

球磨川が横やりを入れてきましたけれど、
多分名瀬だったら大嘘憑きも荒廃する腐花も致死武器も、
十二分に使いこなすことができる気がします。
ただしユーザーとしてではなく、プレイヤーとして。
もし彼女が本当にマイナスに所属してしまっていたのなら、
それ以上の悪夢はなかったことでしょう。

恒温動物と変温動物。
多分中学生のときに理科で習うことだとは思いますが、
人間は言うまでもなく恒温動物。
だから寒ければ服を着るし、暑ければ脱ぐことで調整する。
しかし名瀬は恒温動物と変温動物の間のようなスキル。
寒かろうが暑かろうが自分の体温を操り保つことのできる能力に目覚めた。
これだけ聞けばたしかに身体をいじくれば使えそうな気もしないでもないですけどね。
私は一時期自己暗示とやらにハマったことがあったのですが、
あれって初歩の初歩として、自分の体温をあげることから始めるんですよね。
といっても身体がぽかぽかする~って程度ですけれど。
でも名瀬は、その上限と下限が加減を知らない。
空気中の水蒸気を凍らせることができるということは、要は氷点下の体温を保っているというわけで。
普通の人間にはありえない・・・ここらへんが凍る火柱のマイナスたる所以かもしれません。

それに対抗して志布志の最後の切り札。
バズーカー・デッド。
やっぱりやろうと思えば無生物にも効くんですね。
でないと13年前の研究所壊滅の説明がつきません。
でも最初からこれ使ってれば「服の繕い」も傷に見立てて
最初から身ぐるみ剥ぐことができた気がしないでもないですけどw
まぁ無生物に対してだけはアンコントローラブルなのかもしれません。
ていうか、英雄率いるあの四人がぜえぜえ言いながら戦っていたのに、
外の人たちめっちゃ冷静に分析してますねw
まぁ結構前からそんな役回りですから、今更驚きませんけど。

右手に炎を。左手に氷を。
ご丁寧に目の前でアイスファイアなんて命名までしたのに、
気づかないとは馬鹿ですねぇ。私含めて。
でもまさか衣類が燃える温度にまで体温を上げられるとは思いませんよ・・・。
紙や布の発火点は200度以上。
それに耐えられる肉体の作成は、黒鬼あたりをサンプルにしたのでしょうか。
あの数十秒でどうやって・・・。恐ろしすぎる名瀬の異常性。
ともあれ、衣服をすべて燃やされた志布志はいつも通りの完全敗北。
あと一戦で、旧生徒会の勝利です。

| めだかボックス | 16:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

志布志負けましたねぇ。
球磨川の「負けたら手を引く」宣言はどうなるんでしょう。
フツーに大嘘付き使ってきますかね。
・・・それだと面白く無いかな。

| 名無し | 2010/11/30 01:14 | URL | ≫ EDIT

確かに今回はすごかったです。
すべて名瀬のターン
志布志の反撃すらも自分の見せ場
ここまでよんでるから逆に安心していられるのかも

あとあの二人何気に相性いいね、あいつら生徒会メンバーズ以外で決め顔きめるかっちょええキャラ(かっこいいじゃない)だからね。

| シェーリング | 2010/11/30 07:35 | URL |

今週は最高に盛り上がりましたね。名瀬の立ち振る舞いはさながら魔王のようでカッコよすぎですよ!名言連発でこれ以上ない活躍だった。しかし古賀の「いたみと共にある」というセリフは上手すぎます。
そして志布志の「負けていいなら過負荷の修羅場だ!!」は個人的に最高にカッコいいセリフでした。

次回の予告は黒子のバスケのページにありましたが、球磨川の衝撃宣告とのことで、何を言ってくれるのか楽しみです。

| 真庭赤猿 | 2010/11/30 20:46 | URL |

今週のめだかボックスはアツかった・・・。

| kiji_32 | 2010/12/01 22:46 | URL |

Re: タイトルなし

> 名無し様
今のところ、発言を撤回したことはないですよね。
まぁ理屈の上では可能なのでしょうけれど。
なんでもなかったことにできるから、ああいう発言をしているともとれますし。

> シェーリング様
なんか名瀬がいればこの先何がきても怖くないと思えるくらい
頼もしさを彼女には感じましたね。
これからもピンチになったらおもいっきり局面をひっくり返してほしい。

> 真庭赤猿様
セリフ・・・修羅場はかっこいー!と思いましたが、いたみは気づかず。
これを真顔で言ってる古賀ちゃんがまたもういいですね。
黒子のバスケの予告は気づかず・・・。
もう今更球磨川が何言っても驚きませんけれど、気になります。

> kiji_32様
今週に限らず、ここ最近はめっちゃ熱い。
こんな氷まみれの回でさえ熱いのだから、
もし次の舞台が砂漠にでもなったらと思うと・・・。

| 管理人 | 2010/12/02 00:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/506-c6bc3689

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。