PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】傾物語

今日が発売日・・・ということでいいんですよね?
公式HPでは何故かまた24日に戻ってしまっていますが、
結局全国的にはまだ手に入らない場所もあるみたいですし。
というわけで、祝!傾物語発売!

猫白は違った面白さがありましたが、
今回のは従来の面白さ・・・に加えて、また新たなストーリー展開。
楽しい一冊でした。
では続きに感想です。


●なにこの偽物語(下)・・・
まず、全体的な感想というか言及したい点ですが、
これ、鬼物語と違いますか・・・。
やり方としては、偽物語(下)を思わせます。
冠になっているヒロインはほぼ登場せず、
煽り文句だった「二人組」は真宵との・・・ではない。
一度騙されていたのに、今回もまんまとハメられました。
とはいえ、それがつまらないなんてことに繋がるわけがなく、
今回も大いに楽しませていただきました。

●サイエンスフィクション
三章くらいまでを一人でゆったり読んで、
そこから先を家族がいるリビングで読んでいたのですが、
母の「なにそれ?SF小説?」という質問に、妖怪とかの類の話だから、
そんな話は微塵も出てこないと返した直後にこの展開。
どこまでこのシリーズは風呂敷を広げるのだろう・・・。

●タイムワープと命日
せっかく十一年前の母の日の前日、
つまり八九寺の命日に合わせるようにして過去に来た二人。
ならば八九寺を救おうと考えるのは当然の流れかもしれませんが、
それでも誰かが過去の出来事を変えてはいけない・・・なんて、
一般的な意見を述べて実行に移されずに終わることの多い展開ですが、
この作品はさすがに違った・・・。
時間移動に携わった者も一緒にノってしまうとは。
でも、あんまりSFを読んだことがないとはいえ、
運命の修正作用ははじめて聞きました。
類例をあげるなら、刀語の歴史の修正作用くらいでしょうか。
このシステムだと本当に細かいこと考えなくていいから助かります。

●新キャラ
前回の臥煙伊豆湖、阿良々木母に続いて、今作でも新キャラ登場。
まず忍野扇。暦の回想シーンのみの登場であり、
冬に直江津高校に転校してくる後輩キャラになるようですが、
その時の会話から察するに、忍野メメの姪にあたる人物。
出会い頭に殴られ、しかもとても丁寧に他人を褒める神原に対して、
扇ちゃんはとても丁寧に他人(暦だけ?)を貶すキャラクター。
冬、ということは撫子か、あるいは忍あたりのエピソードに
絡んでくると思うのですが、今回の八九寺のエピソードと共に思い出す
というのだから、そのへんの話もまたタイムワープになるのかな。
そして八九寺父。またしても親の登場。
あまりに普通で拍子抜けしましたけれど。
この作品もなかなか大人キャラが増えてきましたね。
今のところ親が出ているのは、阿良々木母、ひたぎ父、羽川両親、
神原祖母、そして八九寺父ですか。あと出てないのは撫子の両親。
猫白でちらっとでたものの、喋りませんでしたから、
なでこメデューサに期待。きっと凄まじい親なのだろうな・・・。

●滅んだ世界とゾンビ
もしこれがアニメ化されることになったら、シリーズ中
最も人間が登場する・・・否、しない作品になることでしょう。
でも、今まで重要な登場人物以外の人間が登場しなかっただけに、
ここの表現はどうしてくるのかに期待してしまいます。
まあ原型をとどめていないということなので、
最近最後に見たゾンビもの、HOTDのようなしっかりと顔が分かるような
中途半端に人間らしさを残した演出じゃない分、楽にいじれそうです。
ゾンビが白米に弱い、というのは初めて聞いた設定でした。
まあ語れるほどゾンビに詳しいわけではないですけれどw

●Xルートの人間
時間移動だけでも十分SFなのに、パラレルワールドまでくると
いよいよ物語シリーズのSF小説化が顕著になってきました。
猫白がシャーロック・ホームズのような古典推理小説とするなら、
傾はSF小説・・・。いや、前者は無理やりな解釈ですけれど、
この先も大枠な『物語』の解釈がなされたものになる気がします。
というわけでXルート。
八九寺真宵が死なず、阿良々木暦が死に、キスショットが乱心し、
忍野が気持ち悪いくらい優しい世界。
八九寺が大人になって登場したシーン、めっちゃ感動してしまった。
最初は暦が中途半端に月火のことを想像したものだから、
八九寺の台詞を井口裕香さんみたいな声で再生してしまったことを、
ひどく悔やみましたけれど(悪口ではない。ゆかち大好き)、
それを払拭する大人版八九寺の魅力にやられましたね。
声も違ったと言っていましたが、声優さんは変えずにお願いします!
そして忍野はまたやけに優しくなっていますね。
しかし根本は変わらない。とんでもなくおせっかいで、お人好し。
Aルートの忍野にもやっぱり再登場してほしいですねぇ・・・。

さて、やっぱり八九寺が最後の最後の最後でしか登場しないのは、
少し残念な気もしましたけれど、どうやら花物語は今回の続きから・・・
ということらしいので、きっと次巻の冒頭は100ページ以上にわたる
八九寺と暦の無駄トークが炸裂してくれることでしょう。
次は年が変わって2011年3月発売。
あの学習塾跡で何が起きたのか・・・。
何故神原の助けが必要になったのか・・・。
臥煙伊豆湖とはいったい・・・。
忍と暦のリンクが切れたのは何故・・・?
伏線だらけのお話。どうなりますやら・・・。

| 物語シリーズ | 15:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

白米、と言うか生のもち米はキョンシーには対処法みたいですなhttp://bit.ly/gPSkvg

| 空 | 2010/12/27 22:59 | URL |

傾物語読みながら戯言シリーズで西東天が言ってたバックノズルとジェイルオルタナティブのこと思い出しました。
西尾維新のこだわりなのかな?と思いました。

| 権兵衛 | 2010/12/27 23:35 | URL | ≫ EDIT

手紙の演出にはやられました。思わず「忍野ーーーーーー!」って叫んでしまいました(汗
八九寺との掛け合いがほとんど無かったのは残念でしたが、忍との掛け合いがたくさん読めたので満足。

西尾維新がすごくやる気みたいなんで花物語も順調に出そうで怖い。いえ、すごく楽しみなんですけどね。

| なうしろ | 2010/12/28 23:54 | URL |

Re: タイトルなし

> 空様
あ、なるほど、吸血鬼でもなくゾンビでもなくキョンシーですか。
どうりでぐぐってもでてこないわけだ。ていうかコメント怖いっすよー。
読み終わる前にブログ開かなくてよかった・・・。

> 権兵衛様
あ、なるほど。それもありましたね。
めだかボックスあたりも話の展開によっては出てきそうな話です。

> なうしろ様
手紙やばかったっすね!猫白にもありましたけれど。
もし必ず入れる演出なのだとしたら、過去の八九寺から未来の阿良々木暦へ・・・
なんて手紙もよかったような気がします。

| 管理人 | 2010/12/29 23:58 | URL |

扇ちゃんを思い出したのは信号繋がりなのではないでしょうか?
ルートAでは青信号なのに轢かれてしまい、
ルートXでは赤信号なのに轢かれずに助かった。
信号の安全や危険を語る扇ちゃん。
流石〈忍野〉、全て見透かしたような発言だ……

あっ、良いお年をー!

| 無策師 | 2010/12/31 01:44 | URL | ≫ EDIT

これはなんて「しのぶタイム」かと思いました(感想)。「しのぶ」と「タイム(トラベル←正確には間違いだけど)」。うん、完璧な布陣だww
このままのペースで花物語まで駆け抜けていただけるのを祈るばかりです…。

| 名無し | 2010/12/31 13:27 | URL |

Re: タイトルなし

> 無策師様
ああ、そうか、信号機か。
ぶっちゃけその後のパラレル展開で最初の話が吹き飛びましたw
最近は信号で停止するたびに、すべての信号が赤になる瞬間を
ぽーっと眺めることが増えました・・・。

> 名無し様
あ、そういえばその「タイム」でもあるわけか。
すると鬼物語は真宵の超活躍回になったりならなかったり?
まぁ個人的には次巻の冒頭でぶっとばしてくれればそれで満足ですがね。

| 管理人 | 2010/12/31 20:21 | URL |

感想とても楽しく読ませてもらいました。傾物語も二日前に読みました。千石と神原の話が絡んでくるだろうな、と個人的に思っていたのですが彼女たちについて触れられてのは、一緒に塾の廃墟あとで寝たという部分だけで、驚きました。予定では三月、次に期待をかけて待っています。
八九寺のボイスは、11秒ほどでしたよ。着信音にはとうてい使えないような失笑の決めぜりふでした。

| onihcu | 2011/01/01 02:39 | URL |

Re: タイトルなし

> onihcu様
うー。着ボイス聞きたい・・・。
セカンドシーズンはいい意味で予想を裏切ってもらえそうです。

| 管理人 | 2011/01/01 05:58 | URL |

物語シリーズをはじめ、西尾維新作品全ての感想をいつも楽しみに、興味深く読ませてもらっています。

ニコニコ動画にて素晴らしい作品がありました。
barbunbunさんの
『傾物語~まよいキョンシー』みたいな紙芝居
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm14119069
です。ラストの演出には良い意味の鳥肌が立ちました。
是非是非。

| ユーク | 2011/04/13 01:44 | URL |

Re: タイトルなし

> ユーク様
やばいですね・・・コレ・・・。
私も好きな作品ではありますが、また見方が変わりました。
プレミアム登録している癖にニコニコ動画なんてあまり見ないので、
教えてくださってどうもですっ。

| 管理人 | 2011/04/17 07:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/519-9736a6e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。