PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第82箱「あんたの息子だぜ」

2週間ぶりのご無沙汰。
今週は大増23ページで結構頭の方に載っています。

 ところで今週のバクマンを見ていて思ったことがあるのですが、今回、作中に友情とか仲間とか、週刊少年ジャンプを根本から否定する作品「シンジツの教室」が登場しました。ある教室の生徒が最後の一人になるまで一人ずつ死に、互いに疑心暗鬼になりながら、最後の一人さえも死んでしまう夢も希望もないお話です。
 かつて・・・というか今現在も、めだかボックスにはオブラートに包まずにジャンプを否定する発言をするキャラが出てきますが、でもそんなキャラさえも更生させてみせる!というのがめだかボックスの肝であって。その意味ではめだかは王道作品なんですよね。今まで結構邪道邪道と考えていたのですが、そういう面ももちつつ、一方でジャンプの三本柱を前面に押し出してくる、そんな板挟みが心地良いなあと、今日改めて感じました。
 あと科学的根拠のいらない設定とか。そのへんも思うところがありましたがまあまた今度。

では続きに感想です。


球磨川もかなり苛立ちを隠さず、本心を前面に押し出してくるようになりました。
本当に彼女、安心院なじみが球磨川にとってどういう存在だったのか。
少なくともめだか以上の存在であったことには違いなさそうです。
ところでこの「ゴゴゴ・・・ゴ・・・・・・ゴゴ」ってやつ。
よく漫画では使われますが、この作品で見ると不知火を思い出します。
早く再登場しないかなあ。
次出るとしたらやっぱ副会長戦なのでしょうけれど。

江迎怒江の視界。
手、だけじゃなかったんですね。
触る物だけではなく、見るものも。
きっと食べた物も、聞く音も、香る匂いも。
すべてが腐って、すべてがドロドロだったのでしょう。
恐るべきはそれを享受する狂気。
それでもかつては医者にかかり、絶望するだけの心があったのだから、
あるいはどこかで諦めがついてしまっていたのかもしれませんね。
いつかの古賀みたいに。
それが当たり前であると。
ならば彼女にとって球磨川はどれだけ救世主だったことか。

それでも、彼女は諦めなかった。
幸せになることを。
球磨川のように幸せを拒絶したり。
あるいは志布志のように他人の不幸を受け入れたり。
そんな狂った過負荷とともにいながら、江迎だけは願った。
誰かが願うのなら、生徒会執行部は立ち上がらないわけにはいかない。
・・・・・・もうこの辺から泣きまくり。

また、惚れるのかなあ。
欠点を才能と呼んでくれる男の子に、江迎は弱そうです。
手を差し伸べてくれるだけで。
手をとってくれるだけで、恋に落ちてしまう女の子。
常にまっすぐで全力の女の子が、不幸であっていいはずがない。

そんな、ありえるかもしれない温かい未来を夢想しているのもつかの間。
無理矢理な横槍が螺子込まれる。
江迎の過負荷を恐れることなく、自ら握りしめた善吉の両手と。
江迎が幼少児から十年以上付き合ってきた欠点だったけれど、
やっと必要としてくれる人を見つけた才能が。
全部ぱー。
結果的にはこれが一番理想的で、
この方がより明るい未来が待っているのかもしれないけれど。
大切な何かが踏みにじられ、台無しになったことは事実。
どこまでも最悪だ、この男。

そしてもう一つ置き土産。
爆弾を無かった事にする展開程度なら私にも予想できましたけれど。
あるいはタイムリミットを無かった事にする展開とかもありますね。
この手の爆弾解除ゲームでは、鍵を破壊するのが最も絶望を与えるのに効果的ですが、
鍵穴をなくす。ここまで悪魔的な発想をよく思いつきますね。
一番非人道的で先が真っ暗になる方法です。
しかしまあ、ここまできてようやく球磨川の顔が悪人っぽく見えてきました。
今までは掴みどころがなくてただ気持ち悪い止まりだったので。
しかし悪人に見えたところで苛立ちの度合いはあまり変わらず。
なにはともあれ善吉、二回目の死。

| めだかボックス | 23:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今回は最高にテンションが上がりました!
その人間性がどうしようもないと思われ続けていたマイナス勢でしたが見事江迎を説得!
こうして知ってしまうと、最初の病んでた文章が江迎のSOS、叶わない夢の吐露だった様に見えてきます。
そしてマイナス勢とも分かり合えるんだ、と思った瞬間に見せつけられる本当にどうしようもない球磨川のマイナスっぷり!
果たして2度目の安心院さんとの邂逅か。個人的にはママさんが母親らしい自己犠牲をしてそうな気がして怖い、、

| マンモーニのペッシ | 2011/01/18 02:26 | URL |

あらためて思いました。なにもかもなかったことにするってひどいことか。球磨川が江迎の過負荷を取り除いて簡単に済んでしまった。けれども、どうしたって横やりを入れられた感が残るね。
善吉にまた会ったらせめて人並みの幸せを与えてほしいと思うところです。

| シェーリング | 2011/01/18 07:46 | URL |

善吉格好良すぎ、怒江ちゃん可愛すぎ、球磨川マジ悪魔(良い事したのかもしれんが)っと今週も面白過ぎヤバイですね
てか過負荷を無くせるのならば球磨川が皆の消して最後に自分のをなかった事にすればそれで幸せになれるのかなぁ
最後あの近距離で爆弾二つは流石に全滅ですかね?まあそれもなかったことにされるんでしょうが・・・

| 空 | 2011/01/19 11:50 | URL |

ちょっと質問なのですが、人間関係のときの応募のトレカってもう抽選出たんですか?
自分のところには未だに来なくて(泣)もしかしてまだ発送されてないんですかね?あるいは抽選に漏れてしまったのかなぁ……

| ヨッシー | 2011/01/20 01:46 | URL |

初めまして。めだかBOXの感想サイトを巡っていてたどり着きました。

今回の話、さらっと読んで「戦挙終了後に善吉×怒江のイチャラブが見れるのかな~」なんてのんきに思ってましたが、たしかに最悪ですね、球磨川。「いいも悪いも一緒くたにかき混ぜて台無しにする」ってのはこういうことなんですね…

| Traijer | 2011/01/20 20:52 | URL |

Re: タイトルなし

> マンモーニのペッシ様
たしかにあのときの長台詞は今読むと印象が変わりそうですね。
瞳さんは何か今回動くのでしょうか・・・動くとしたら今回だけですよね。
あの距離だから全員死ぬことになりそうですが・・・。

> シェーリング様
そもそも大嘘憑きは物語の外側、物語を作る側が行使する能力ですからね。
便利といえば聞こえはいいですけど・・・。
次は安心院さんにコテンパンにしてもらいたいですw

> 空様
そもそも幸せを求めていない人間が、幸せにされるのが果たして幸せ・・・
って、何言ってるかわからなくなってきた。
あれはさすがに全滅だと思いますよ。
問題は瞳と江迎もまた彼女に会うことになるのかどうか・・・ですが・・・。

> ヨッシー様
私は来ていませんし、他の人の報告も今のところ聞いていませんね・・・。
あの数なのだから、一人も報告をみないのはおかしいですし。
前にも別の方に申し上げましたが、刀語の応募者サービスが、
締切りから約半年ほどだったので・・・あ、もう半年になりますね。
もう少しだけ待ったら連絡してみるのもありでしょうか・・・。

> Traijer様
どうもー。はじめましてです。
すぐにいちゃラブとはいかないまでも、少しずつ普通の女の子として、
変わっていく姿を見られればそれで満足だったのに、
そんなことすらも許してくれないところがどこまでも最悪です・・・。

| 管理人 | 2011/01/21 22:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/530-b112576a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。