PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第86箱「不慮の事故ですから」

最近めだかしか書いてないなあー。
せっかく時間があるんだし、西尾作品を頭から読みなおしてみてもいいかも・・・。
まあ今度計画します。

では続きに感想です。


志布志飛沫と、蝶ヶ崎蛾々丸。
この二人は昔から仲が良かったものだと思い込んでいましたが、
前回の話で別にそういうわけでもないことが判明。
そして今回の話で、その出会いもろくなもんじゃなかったことが判明。
まあ昔の志布志じゃあ、しょうがないのかもしれませんけれど。

それにしても、日之影は変わりましたね。
苦しんで。悲しんで。
悩んで。悔やんで。
失って。償って。
やり直せ。
きっとめだかに出会わなければ、今も昔と同じように力づくで敵を排除し、
不安要素を切除することで平和を勝ちとっていたのでしょうけれど、
今は違う。
きっと日之影ならば蝶ヶ崎を変えられる気がする。
蝶ヶ崎は他のマイナス達とは違う。江迎とはまた違った意味で。
彼が改心することがどういう結果を生むかはまだわかりませんが、
何かちがう結果を生んでくれるはずです。

そんな蝶ヶ崎が抱える過負荷。
『不慮の事故(エンカウンター)』。
自分がうけたダメージを自分以外の何かに押し付けることができる。
超常現象そこのけの能力にはもう慣れてきた所為か、あまり驚きはありませんが、
こんなのは相手が強ければ強いほど、有利に働く能力ではないか。
今回も最悪。相性が悪すぎます。

ちなみにこの能力。どことなくジョジョの第四部を思い出します。
・・・とまだ読み始めたばかりなのに偉そうに通ぶってみたり。読んだのはつい2日前ですw
えとですね、鋼田一豊大という男が持つスーパーフライという能力がありまして、
彼の場合は自分自身ではなく、ある鉄塔に受けた衝撃をそのまま相手に返すことが可能。
今回も同じく鉄骨の上ということで、近いところがありますね。
ただスーパーフライはダメージを受けたその場所から、でしたが
不慮の事故は自由に場所を移動させられるという点が最悪ですね。
西尾作品から引っ張ってくるなら、衝撃を逃がす能力は刀語の賊刀・鎧がありますが、
あれだって足が地面に接していなければ通用しないというのに。
副会長戦のルールがノックアウトとかじゃなかったのが不幸中の幸いですか。

まだまだ勝負は始まったばかり。
『光化静翔』アコースティック・ヴァージョンが、どのような音色を奏でるのか。
めだかとは無関係ですが、最近見に行ったライブにアンコールがなかったので、
こちらのアンコールは楽しみにしておきます。

| めだかボックス | 18:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

遂に不慮の事故の能力がでてきましたね!

地面に落とすというルールが重要になってきそうです

そして今回の煽り文句(?)もいい感じです




しかし、僕の周りにめだかボックスを読んでる人がいないので語りあう事ができませぬ…

「おもしろいよ!」
「絵がキモいからイヤだ」

みたいな…。
とりつくしまもない。

| 凸屋敷 | 2011/02/14 23:52 | URL |

『不慮の事故』は能力的には死吹の『藁人形』の名前のほうが似合う気がしますね。
あとメカニズムは羽川のブラック羽川や苛虎に似ていますね。ストレスなどを何かに押し付ける辺り。凶悪なのは内在する怪異に任せず、外在する他者に押し付けるところですか。

| 零崎零識 | 2011/02/15 02:00 | URL |

人鳥と同じ能力かと思ってましたがちと違いましたな。
どんなに攻撃しても効かないとかチート過ぎる気もするけど気になることも幾つかありますな、欲視力で見た(蛾々丸の視界)先にダメージがいってたのと、何故相手に直接返さないのかですね。
これらが弱点に繋がるなら勝ち目はなくもない?

| 空 | 2011/02/15 03:41 | URL |

使い古されながらやはり王道の無敵能力ですね、一切ダメージを受け付けない能力。側に居るだけで傷を開く志布志と一緒にいれたのも伏線、あんな内容で激昂したのもストレスに慣れてないせいか、他の人も自分と同じようにむかつく内容じゃないと不快感を移せないのか。
西尾さんはどう料理してくれるのでしょうか?単純な解決法は掴んで一緒にダイブとかかな、但し蝶蛾崎が衝撃を日之影に移すので日之影は大ダメージですが、、
スーパーフライは自分も思いました♪過負荷編は西尾流スタンド合戦を楽しんでる節があるので少なからず意識してるのではないかと♪

| マンモーニのペッシ | 2011/02/15 13:12 | URL |

お初でおじゃまします~
「不慮の事故」に関しては、わたしはブギーポップの近作思い出しましたね~。西尾さんは相変わらず上遠野耕平好きなんだな~と思った次第です

| 金眼の豹 | 2011/02/17 23:59 | URL |

Re: タイトルなし

> 凸屋敷
くじけず勧め続けてください。私もある友人に同じことを言われ続けて1年・・・。
我が家の漫画を全て読みつくした友人が暇をあかしてようやく手にとってくれて、
それからはほぼ毎週めだかを読みに我が家へと足を運んできま・・・いや買えよ!!!

> 零崎零識様
何かを誰かに押し付ける、という攻撃をこれほどまでに厄介に書けるのは西尾先生くらいだ・・・。
単純に痛みを転移させるよりも、この場合は心の傷みの方が重要ですよね。

> 空様
あのマイナス名じゃそういう予想になりますよね。
打撃を人に転移させないところが、その名前の所以でしょうか。
不慮の事故で建物が損傷を受けるのは納得できますが、
人がボコボコに殴られるのには、そこに何らかの意思が介入しますからね。
んーまだまだ謎の多いマイナスだ。

> マンモーニのペッシ様
攻撃できないタイプの能力の攻略法は、地理を利用するなどがありますが、
今回はその地理が限りなく限定されているので絶体絶命な感じです。
ジョジョはもう超楽しいです・・・これをひと通り読んだ上で西尾作品を読み直したら
どんなに楽しいことだろうか・・・。
これの後に第五部を読み始めたので、ゴールドEが生物化させたものに対する攻撃が、
そのまま返ってくるアレもまた今回のに近いなと思いました。

> 金眼の豹様
ブギーポップも読んでみたい!西尾先生が上げる五大作家のうち、
森博嗣先生と京極夏彦先生の作品はある程度読んだことはあるのですが、
残り三人はまだ・・・。なかなか奮い立たないのですよね・・・。

| 管理人 | 2011/02/20 03:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/537-6ddc2b07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。