PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第90箱「今も昔もそんな君が」

朝更新と言っていた理由が、今日は早朝バイトだったからなのですが、
震災の影響か何かは分かりませんが自分・・・シフトから外れてました。
せっかく早起きしたのに・・・5時に起きた揺れに怯えながら向かったのに・・・!
まあいいや、おかげで早く更新できるので。

それでは続きに感想です。


会長戦スタート!・・・と同時に、もう終わりそうな展開ですね。
今までの戦いが長かった理由のひとつに、
地の利を活かした戦闘というのがウェイトを占めてくると思います。
庶務戦では震脚によるステージ急降下。
書記戦では名瀬の過負荷発現。
会計戦では江迎の過負荷の進化。
副会長戦では天翔ける異常性と数多の衝撃を受け流す過負荷。
それが会長戦、人間比べには多分無いんですよね。
今までで一番凄い戦いをしているようで、実は心理戦以外の何モノでもない。

・・・とはいっても。
これだけ長い戦いになってきた生徒会戦挙を、
まさかたった二週間で終わらせるとは考えにくいので、
これから肉弾戦ではなく心理戦が横行していくのではと予想しますが・・・。

却本作り。
球磨川の始まりの過負荷にして、安心院が封じざるを得なかった
いわくつきの過負荷。
プラスをマイナスに引き下げる過負荷。
過去に球磨川が言っていたことを思い出します。

『僕は幸せでプラスなみんなに』
『マイナスの気持ちを分かってほしいだけなのかもしれないね』

言い換えるなら、
却本作りは分かってもらうための過負荷。
わかりあうための過負荷。
どこまでもぬるい球磨川の友情論のたまもの。

だから球磨川の立場まで落ちて落ちて落ち続けて、最底辺の人格まで落ち込んでも、
めだかは折れない。人間比べの敗北条件は負けたと思うこと。
だから、戦いは続く。
乱神モードが普段の髪色から少し色素を抜いたような色で、
改神モードがその性に相応しき漆黒の黒。
そして今回が見るも無残な白銀の髪。
名付けるとしたらどんな名前だろうか・・・。
傷神モードといったところでしょうか。

とにかく。球磨川の立場にまでようやく落ち込んだめだか。
これで球磨川の気持ちが、他の生徒会メンバーや我々読者にも分かる時が来ました。
前々回己の気持ちを吐露し続けた球磨川の奥の奥の気持ち。
次号から本当の意味での人間比べのスタートです。

| めだかボックス | 06:34 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちょっとがっかりな展開だな・・・
球磨川には最後まで「普通」でいてほしかったのに、
あんなに表情をだすのはどうかな?

| 名無し | 2011/03/15 09:13 | URL | ≫ EDIT

自分はこの回で両人の大嫌いで大好きというセリフが印象的。それは今まで両人がお互いに対して抱いているイメージそのままだから。そして同じ土俵に立った今だから通じ合えることができるかもしれません。

| シェーリング | 2011/03/15 12:03 | URL |

なんかホントに最終回近くみたいな展開でこわいです

でもまだ色々伏線は残ってるので…どうなるんでしょう?

コミック9巻とかもうまきまくりですよね(笑

「生徒会戦挙編が終わった頃にまたおいで」

「…あんたとんでもねー切り札持ってんじゃねーか」
「『たぶんその子は戦挙戦には間に合わないよ』」

〈この人本当に息子可愛さに転校してきたのか…?〉
〈ひょっとして何か他にも思惑があるんじゃあ〉
などなどこれらは回収してもらえるのでしょうか…?

| 凸屋敷 | 2011/03/15 17:03 | URL |

「却本作り」を他の西尾作品で比べると『刀語』の王刀・鋸や毒刀・鍍のような感じですかね?精神支配のような過負荷に思えます。


「却本作り」があれば球磨川の最初のみんな同じにする計画はうまく行ったんでしょうね。

| 零崎零識 | 2011/03/15 18:49 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/03/16 12:40 | |

...僕の家の近くに今ジャンプを売っている
所がありませぬ...オワタw

| いや,俺ネッシーじゃねーし | 2011/03/16 17:23 | URL |

Re: タイトルなし

> 名無し様
ですかねぇー。私はこの展開もどんとこいですけれど。
めだかに宣戦布告をした時、「そんな未来は絶対に無いんだ」と
絶望的な思いをしたことがありましたが、
その球磨川がこうして更生しかけている展開は熱いです。

> シェーリング様
どう考えても絶対的プラスと絶望的マイナスが
同じステージに立つことはありませんからね。
そこにこの過負荷をもってくるのはうまいなーと思いました。

> 凸屋敷様
せめて13巻までは・・・!と思うのですが、
でもフラスコ計画編のときも同じようなノリだったし、
もうすぐ2周年突破ですからね。新章突入するかも・・・?

> 零崎零識様
毒刀はともかく、王刀の真逆ヴァージョンですね。
慚愧が持っていたので分かりにくかったですが、
獰猛者の黒母は完全に毒気抜かれてましたからね。

> いや,俺ネッシーじゃねーし様
生きてください!
何か集英社が対策を打ってくれれば良いのですが・・・

| 管理人 | 2011/03/17 11:53 | URL |

ご無事で何よりです!展開の早さにちょっと危機感ですが過負荷が異常に真っ当な勝負でかなうはずがないと言うのも確かな話、球磨川はボコボコですねw
そして禁断の却本返しは球磨川製造機でした!確かに球磨川と同じだけマイナスで心折れない人など普通は存在し得ないのでしょう。安心院も喰らったら異常が全て吹っ飛んでしまうかも知れません。それほど深い闇…封印もやむなしでしょう。
それでも折れないめだかの心!同じ立場に落ちた今、仰るとおり真の意味で人間比べが始まるのかも知れません!

| マンモーニのペッシ | 2011/03/17 13:51 | URL |

今月の戯言の変更ありがとうございました。
人と繋がってると実感しました。

| 卯の花 | 2011/03/17 14:00 | URL |

Re: タイトルなし

> マンモーニのペッシ様
やろうと思えば、球磨川をめだかの立場まで引き上げた上での
「人間比べ」も実現できたのではとも思いますが、
この選択はいかにもめだからしく、生徒会長らしい。

| 管理人 | 2011/03/18 15:24 | URL |

ブックメーカー、考えてみるとすごく怖い過負荷ですね。
めだかちゃんのジエンドと組み合わせると、『あらゆるアブノーマルをジエンドで完成させて身につけ』た上で『他人をそのレベルまでブックメーカーで無理矢理引き上げる』というフラスコ計画そのもののコンボになります。
理事長が球磨川を招聘した理由がよくわかります…。

| Traijer | 2011/03/27 17:55 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> Traijer様
ああ、そうですね。めだかが使うとみなめだかと同じになるのか。
果たしてそれで人類を幸せにすることができるのかどうか、それは疑問ですが。
でも過負荷達を更生させるくらいには至りそうですかね。

| 管理人 | 2011/03/28 15:56 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/547-085da124

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。