PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

麻薬

もう何箇所かで紹介されているブログですが…。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
西尾維新は禁書にしたほうがいいんじゃないか



少し、考えてしまいました。
西尾作品は今だからこそ、ライトで、笑いを織り交ぜた誰にでも楽しめる作品になっていますが、
昔(戯言シリーズ時代)は、今と似通ったところは言葉遊びくらいで、
あとは…すべて狂っていたのかもしれません。
少なくとも、正常ではありませんでした。




西尾作品は最高の毒薬…それは確かにそうなのでしょう。
ファンなどにとってはもう麻薬に等しい存在です。
この、人を毒薬中毒にする力を持つ小説を、
はたして「小説」などと定義できるのでしょうか。




これ以上私のつたない文章では上のブログの方のようには語れないので、
もうこのへんにしておきますが………どうでしょう。
今一度、今度はそういった観点から彼の小説を再読してみるのも悪くありません。
何が、彼の小説を「毒薬」たらしめているのか…。
それが分かったとき、何が得られるのか…それとも失うのか…。
それを知る勇気のある方は、実践してみてはいかがでしょう?

| 西尾維新 | 01:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私も、みました。
私は、その麻薬中毒者かもしれません・・・。

| 通りすがり | 2009/04/11 17:28 | URL |

Re: タイトルなし

> 通りすがり 様
『西尾維新』でググると未だに上位にヒットしますよね。
私は基本的に小説を登場人物の心理を中心にしか読まないので、このような穿った観点から読んだことがほとんど無いのですが、それでも、サイコロジカルはあの方が書かれた記事のような読み方をしましたね。
改めてこういう読み方をしてみるのもいいかもしれませんね、特に初期の頃の作品は読み応えがありそうです。

| 管理人 | 2009/04/12 04:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/58-35a29e2e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。