PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】コミック版 零崎双識の人間試験 第6問

月刊 アフタヌーン 2012年 04月号 [雑誌]月刊 アフタヌーン 2012年 04月号 [雑誌]
(2012/02/25)
不明

商品詳細を見る


さて人間試験第6話ですが・・・。
しまった、すっかり忘れていた。
なんでしょう、月刊だから?いやいや刀語とかは忘れたことなかった。
やっぱり、漫画であることと、同じ漫画であるめだかボックスとの、
比較を無意識のうちにしてしまっているのでしょうね。
いかんいかん。
最近ブログも誤字脱字だらけですし・・・。
いやそれは前からだけどもw
反省。

じゃ、続きに感想で。


そうですね。
新キャラ、花撒小鹿。
彼の職業は『誘拐屋』と呼ばれるものらしい。
殺し名七名。
匂宮、殺し屋。
闇口、暗殺者。
零崎、殺人鬼。
薄野、始末番。
墓森、虐殺師。
天吹、掃除人。
石凪、死神
呪い名六名。
時宮、操想術師。
罪口、武器職人。
奇野、病毒遣い。
拭森、飼育員。
死吹、死配人。
咎凪、予言者。
暴力の世界には全部で十一の家柄が存在しますが、
彼はそのどれでもない、
強いて分類するならば、殺さぬことに長けた呪い名側ですね。
でも苗字はそのどれでもない。
前回も言いましたが、匂宮の家系はとても大きく、
本家も含め、分家の苗字には『源氏物語』の帖名が用いられています。
でも、その中にもありません。
あと考えたのは、匂宮の分家の対極の可能性。
そこまでいくとどんなモブだよ・・・と思わなくも無いですが、
匂宮の分家には『総角(あげまき)』という家があります。
人間シリーズに登場したキャラクターをあげると、
総角ぱれす。
総角ろうど。
総角さえら。
中国武具を使いこなす殺し屋の三姉妹。
強いていうならば、殺し名と呪い名の名前が対極であるように、
彼女たちの苗字と花撒が対極に聞こえなくもない。
とまあ。
今回はこのへんのことを考えに考えてしまって、
あまり話に集中できなかったというのが本当のところ。
原作通りだったら、それがどのように表現されているのか、
細部までチェックするところなのですけれど、
今回の話くらいまで原作とかけ離れてくると、
多少設定が生かされていても、他のところに目がいってしまう。
漫画とは不思議なものです。

ただ、何故彼を出してきたのかははっきりしましたね。
選択。
この場合は、選定と言い換えた方がよさそうですが。
伊織にはできないソレを、たった一人でやってのける。
家族もなく。仲間もなく。きっと伊織よりも幼い少年が。
おそらく、彼が序盤で登場することで、
終盤における伊織の『選定』が変わってくるのでしょう。
しかしそうすると、ひたすら選定を続け我が道を突っ走る、
無軌道な弟キャラが一人いるわけですけれど、彼の役割は・・・。
その辺がどう変わってくるのか変わらないのか。
今後の見所ですね。

| 人間シリーズ | 21:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

小鹿がすぐ死にそうな気がするのは俺だけ?

| PWONOMd | 2012/02/28 17:50 | URL |

Re: タイトルなし

> PWONOMd様
しかも考えうる限り凄惨で無惨なソレ。
きっとあと3話くらいは頑張ってくれますよw

| 管理人 | 2012/02/29 20:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/698-3ef1150c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。