PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ めだかボックス 第04箱「どっちやねん!!/願いがあるなら!」

っあー。
昨日は爆睡してしまった。
おかしいな、本来なら悲鳴伝を中段して先行上映を思い出しつつ、
感想の準備を進めながら久しぶりにリアルタイム視聴をし、
放送が終わるとほぼ同時に感想を投下し、すぐに悲鳴伝に戻り、
今頃は読み終えて悲鳴伝の感想に着手しているはずなのに、
未だ第3話で止まってめだかも見られていないとかね・・・。

そいじゃ続きに感想です。


お待ちかねの戦闘(?)シーン。
格闘シーンという方が正しいのですかね。
まともに柔道の試合を見たことが無い私には、
それを語ることはできないと思いますけれど・・・
ぜんぜん動かない気がしてならなかったですね。
めだかのアホ毛の方が動いていた気がする。
双手刈りのシーンは格好良く動いていたと思います。

そして問題の、というか件の「だから勝って!」のシーン。
たしか原作じゃ「きゃる~ん」という擬音と共に描かれていたシーンですが、
すっげぇアニメでも本当にそんな感じになっていた。
声優が豊崎さんというところからも期待していたシーンだったけれど、
予想以上に決まっていました。
これが、めだかがぶりっこする最後のシーンとなったのでした。
ですよね、たしか。

で、恒例の生徒会入りした際の下着姿シーン。
下着姿なのに・・・!なんでひまわりで隠している!
上映会のときは、下着というところよりも、花で隠していることに、
笑いが漏れていたのを今でも覚えています。
そしてそれに重ねるようにして、Bパートの『胸元を露出する!』ですが、
ここも笑いました。なるほどこの演出はサタンかっけぇw
なので、この間のラジオの感想でも見所に挙げさせてもらいました。

八代先輩回。
CVは中尾衣里さん。
久しぶりにダメ絶対音感が働かなかったので残念。

にしてもこの回、改めて見ても良いですね。
まずめだかの「もう何もしなくていいぞ」という台詞。
何故そんなことを言われなければならないのか考える。
人を叱る言葉として非常に効果的だと思います。
私は小学生の時に、同じく小学生の先輩から同じ叱り方をされましたが、
今思うとその意義を理解するにはあまりにも若すぎました。
過去の原作の感想を読んでも同じ所でひっかかってますね。
もしかしたらめだかの好きな台詞トップ10には入るかもです。

そして前にイベントの感想として唯一触れた、
不知火は相変わらず食い過ぎというところですけれど、
本当に食べながらひたすら台詞を言い続けていて、
これはラジオだったかイベントだったか忘れましたが、
不知火役の加藤さんもいったいどこまでが食べながらしている演技なのか、
だんだん分からなくなってくるそうですね。
もうずっと食べてて良いんじゃなかろうか。

そんな不知火が予告も担当。
あれ?このキャラ実はめっちゃクズじゃないのか?
まああれか。今更か。
次回はついにプール回にして、喜界島もがなの登場。
であると同時に、不知火とその相方を務める阿蘇短冊がやたら喋る回。
イベントでも「不知火好きの方は期待していてください」とのことだったので、
まだ球磨川が出てこない現在は、期待の比重がそちらに傾きます。

| めだかボックス | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/743-a979f6d8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。