PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】小説版 めだかボックス(上) 第00箱「啝ノ浦さなぎの足蹴による投票」

小説版めだかボックス(上)久々原滅私の腑抜けた君臨または啝ノ浦さなぎの足蹴による投票 (JUMP j BOOKS)小説版めだかボックス(上)久々原滅私の腑抜けた君臨または啝ノ浦さなぎの足蹴による投票 (JUMP j BOOKS)
(2012/05/02)
西尾 維新、暁月 あきら 他

商品詳細を見る


さて、久々原滅私編に続いて啝ノ浦さなぎ編。
久々原は残念度と不幸度がハンパなかったので、
もういたたまれない気持ちでなんとか読み切りましたが、
それに比べてこちらはいかにもめだかボックスぽかったです。

本編にも出てくる、あのキャラも出てきますしね。
原作単行本のカバー裏とか、単行本化時の挿絵とか考えると、
なんか西尾先生のお気に入りキャラな気もしてきましたよ。
イコールで不幸な目に合わないことを祈ります。

では続きに感想です。


啝ノ浦さなぎはノットイコールである。
もう一行目からしてやられました。
以前、恋物語の冒頭で裏切られたときぶりの裏切られっぷりです。
結局本編中では語られることのなかった、安心院さんがどうして、
七億人もの端末を作ったのか、その理由が明かされてすっきりしました。
理由付けはしょうもなかったですけれど納得です。
喜々津がゲーム好きであったように。
鰐塚の遍歴が複雑であったように。
財部の二面性が線引きされていたように。
与次郎の妄想癖がとどまるところを知らないように。
希望が丘の心が作り物ではないように。
啝ノ浦の性格は、『性格』を設定する性格。
これってつまり、安心院さんの端末にはかぶりが無いという意味でしょうか。
でないと個を生み出す意味がありませんしね。
まあ自我を持つことを強いておきながら、個性を奪ったら意味が無いので、
その辺はあまりいじくりまわしてはいなさそうですね。

性格、という意味でいえば、啝ノ浦さなぎは、
「黒神めだかに敵対するような性格」という解釈もできそうですね。
理事長命令でトコロテン式に二年十三組、就任時は一年十三組ですか。
雲仙冥利の担任を任せられたのは、理事長の思惑はなくとも、
安心院さんの思惑くらいのことは考えてもよさそうです。
あのモンスターチャイルドと同じクラスにずっと居続けることで、
めだかのことを不快に思うような性格が新たに作成されたのか、
あるいは同じような性格だからこそそこに設置されたのか。
いやいや、深読みは落とし穴っぽいからこのへんで。

最終的に啝ノ浦さなぎは黒神めだかと真正面から敵対し、
勝負、つまり足蹴による戦いをめだかに強いることになるわけですが、
その結果は語るまでもなく、今めだかが会長の椅子に座っていることが示しています。
ちなみに、後継者編でめだかと五人の悪平等、候補生達が、
サッカーのPK戦で戦いますが、あれが安心院なじみの端末と黒神めだかの、
最後の戦いであるとすれば、この戦いは安心院さんの端末との最初の戦い。
そう考えると、それがどちらもサッカーであるというのは感慨深いですね。

でも、すっかり忘れかけていますが、彼女はめだかの担任ではなく、
雲仙冥利の担任であるわけで、そこがあまり描かれなかったのは残念。
でも、描く必要がどの程度あったのかといわれれば、そんなに必要はなかったのでしょうね。
多分、久々原がただひたすらめだかに圧倒され続ける生活を数週送ったのなら、
彼女は雲仙に目を付けられないのを疑問に思い続ける生活を送っていただけ。
そこには山もなく谷もなく、ただ違和感があるだけの関係が続き、
その均衡が黒神めだかという存在のおかげで崩れただけの話。
あるいはこれは、めだかに対して勝負を挑むためのトリガーだったとも考えられますが・・・。
聖者と正義が相容れないのと同様、人を見下す男と人を静観する女の関係が決裂した瞬間。

結局、箱庭学園の生徒の静観を任務に課された啝ノ浦さなぎは、
直接生徒に干渉し始めて、あまつさえ杁と椋枝に観察される側になっていますが、
この二人。一筋縄ではいかなさそうです。
今回の二人が一般人側・・・とはいっても、啝ノ浦は端末ですが、
それでもノンスキルである以上、一般人の域は出ていないはずです。
でも、次回登場する二人はめだかの思う通りに動くのかあるいは・・・期待!

| めだかボックス | 00:01 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/752-592aadc7

TRACKBACK

まとめtyaiました【【感想】小説版 めだかボックス(上) 第00箱「啝ノ浦さなぎの足蹴による投票」】

小説版めだかボックス(上)久々原滅私の腑抜けた君臨または啝ノ浦さなぎの足蹴による投票 (JUMP j BOOKS)(2012/05/02)西尾 維新、暁月 あきら 他商品詳細を見るさて、久々原滅私編に続いて啝ノ浦さなぎ編。久々原は残念度と不幸度がハンパなかったので、もういたたまれな...

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/02 05:11 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。