PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】アニメ めだかボックス 最終箱「黒神めだかがいなくても!」

まずは。
アニメ2期制作決定!!!!!
予想はしていましたけれど、嬉しい。
それまでしばしの別れということで。

んで、来週は放送終了の座談会。
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/22145_201206272550.html
全員くるのかなー。
どちらにせよ、これはリアルタイムでは見れないかもしれません。

いや、にしても時間かかってしまった。
いつもめだか本誌の感想を書くときと同じくらいかかった。
書き下ろし脚本恐るべし。
それでは、第1期最後の感想、いっきまーす。


ああ、これは西尾維新脚本だ。
それがここまでハッキリ分かる話を書く作家は、
そうはいないだろうなあというのが第一印象。
もちろんそれは、将棋を題材に選ぶという、
いかにも西尾先生っぽいチョイスもあるのですけれど、
それを序盤の序盤で感じさせてくれたのは、
やはりあの会話。

「メディアミックスのためのメディアミックスが横行する
アニメ業界みたいなことをしたら駄目だろ」

おい、ギリギリの発言だぞ。

「メディアミックスのためのメディアミックスが横行する
アニメ業界みたいなことをしたら駄目ですね」

なんで言い直したw
最終話でなんで業界全体に喧嘩を売るかなw
こういうのは化物語の領分でしょーが。

ま、それは置いておくとして、種の話。
西尾維新名言のひとつに、

枯れない花は無いが、咲かない花はある。
世の中は決定的に不公平だ。

というものがありますが、実は花を種から育てる際、
それよりも前の段階があるんですよね。
発芽しない種。
もちろん、これは人間が購入してきた種を、
人間の感覚で植えることで、水・栄養の取り合いの結果として、
そういった不幸な種が生まれてくるケースを言っているのであって、
自然の生存競争の中にどれだけの割合で存在する事象かはわかりませんが、
それはともかく、結局人間が原因なんですよね。
種がそのまま根腐れしていくっていうのは。
もちろん、こういった種が腐っていって、
周りを駄目にしていく場合もあるだろうし、
逆に土に返り、肥料となり糧となる場合もあるのでしょうけれど、
どちらにせよ、変なわだかまりだけはどうしても残る気がします。
たとえ咲いた花がどんな姿でも。
育てる過程がどんなに大変でも。
咲いた花を見ていたいから、めだかは頑張るんですよね。

餅原沙小枝(もちばるささえ)。
二年三組。
AB型。
将棋部部長。
まずは、そうだね。
可愛らしい容姿に触れたいところではあるんですけれど、
それよりも何よりも、ずっと頭をささえている姿。
異様ですね。
『ささえ』なんて、西尾先生には珍しい普通の名前だと思いましたが、
なるほど、そのままの意味でしたか。
花繋がりでいうと、牡丹の花には『首が落ちる』という意味があるそうですが、
まあ多分それとはなんの関係もなく、
おそらく将棋に頭を悩ませるとか、その辺から派生した設定な気がする。
あ、で、CVは井口裕香さん。
化物語の阿良々木月火に続き、2作目の登場です。
おどおどしていて、とても部長の器ではありませんけれど、
そこを井口さんの声色が可愛らしく表現していて素敵です。

依頼は『なくなった将棋の駒を探してくれ』。
探しものをしているシーンなのに、ザ・会話劇ですね。
もうちょっと動けそうなものだとも思いましたけれど、
まあ話が良かったのでよしとしておこう。
めだかの重要性を、将棋の駒に例えるシーンがとても良かった。
相変わらず将棋にはあまり詳しくないので、
ピンとくる感じではありませんでしたけれど。
でも、『王』というフレーズが、この先のストーリーを暗示している。
そのくらいはなんとなく分かりました。

そして、もう一人の新キャラクター。
鉈山粍(なたやまみり)。
他人に厳しすぎる王様。
他人に厳し過ぎるけれど、それでも人の上に立ち続けた黒神めだかと、
まさに対極。
強くなろうとしないことは罪。
その言はたしかにその通りなのかもしれないですけれど、
何より、自分の好きなものを愚弄する行為。
それは聞いているだけでも多分、地獄のようなものだと思う。
王だから何でも耐えられるわけではない。
耐えられるから、王なんでしょうね。
んで、CVは小林ゆうさん。
王にはぴったりです。

そして、アニメ第二期制作決定!
おそらく、次回のジャンプの発表もこれなのでしょうけれど、
なんとなく予想していたとはいえ、嬉しいですね。
十三組の十三人編スタート。
そして、ひとりCVも公表ですね。
都城王土役は、勝沼紀義さん。
お若い方みたいですが、貫禄のある声ですね。
たしか、VOMICのときが三宅健太さんだったので、
王とはいっても、単純に大御所の人を使うわけではなく、
若めの方を使うのは、高校生だからということなんですかね。

ともあれ、本編はこれでおしまい。
次回は放送終了ということで、座談会が行われるようですが、
どうしよう、これはまあリアルタイムじゃなくてもいいかなあ。
ともあれ、3ヶ月間お疲れ様でしたー。

| めだかボックス | 03:48 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

いい西尾オリ回でしたわーまあ前半ゆっくり過ぎた気もするが。鉈山さんはもう原作に初めからいたんじゃね?と疑うくらいいいキャラでしたw
2期発表はテンション上がりましたな、分割は初めから知ってたけど十三組出てくるとは!宗像先輩と古賀ちゃん楽しみすぎるわ~まあそれ以上に気になるのが平戸ロイヤルですがねw

| 空 | 2012/06/21 22:04 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/787-371b6a26

TRACKBACK

まとめtyaiました【【感想】アニメ めだかボックス 最終箱「黒神めだかがいなくても!」】

まずは。アニメ2期制作決定!!!!!予想はしていましたけれど、嬉しい。それまでしばしの別れということで。んで、来週は放送終了の座談会。http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/22145_201206272550.html全員くるのかなー。どちらにせよ、これはリアルタイムでは?...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/21 22:40 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。