PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】ラジオ「めだかボックス」 第13回

百合、といえばやはり思い出すのが物語シリーズの神原駿河。
だから何だというわけではありませんけれど、
それでも無理やりエピソードを捻出するとしたら、
その神原駿河がメインを張るストーリー、『花物語』に対し、
百合作品の起源とも言われる大正時代の作品、
『花物語』が挙げられますね。
まあ、こういう話は花物語刊行時にしろよってな話ですが、
ついこの間知ったので仕方あるまい。

雲仙への愛が異常。
これって、本当に異常なんですね。
雲仙の数少ない友だちの一人であるところの、
長者原融通は、あのアブノーマルを持っているからこそ、
雲仙と対等に釣り合っていますけれど、
そうでも無い場合、あそこまで正義に心酔している人を、
そう簡単に上位におけるものではないと思うんですよね。
とまあ、漫画作品だからこそそれが可能ではあるんですけれど。

最後の方、16巻について語ってましたね。
豊崎さんは過去にも何度か仰っていましたが、
単行本派であるがゆえに、毎回連載のネタバレをしようとする、
善吉役の小野さんにやきもきしているようで。
もう一回呼んでハイパーヨーヨーをスーパーヨーヨーに
グレードダウンしてやろうか。
というか、前に豊崎さんは確かに単行本派と言っていましたが、
なんか放送始まった頃には待ちきれなくて、単行本派から、
立ち読みに移行したとか言っていたようななかったような。
まあそれを毎週続けるのはなかなか難しいかもしれないですけどね。

最後に次回のめだかボックス放送枠で放送される、
めだかボックス 番外箱。
出演者は、豊崎愛生さん、小野友樹さん、浪川大輔さん、
加藤英美里さん、茅野愛衣さんのいつもの五人組。
司会は浪川さんが務められるそうです。
もうその時点でカオスな展開にしかならなさそうですが、
本編のことを語り合ったりなど、軸はあるようなので、
今からどうなるのかドキドキしながら待つとします。

次回は6月29日。
あ、今回そういえば13回目だった。
なんとなくおめでとう!

| めだかボックス | 20:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/788-9964fc17

TRACKBACK

まとめtyaiました【【感想】ラジオ「めだかボックス」 第13回】

百合、といえばやはり思い出すのが物語シリーズの神原駿河。だから何だというわけではありませんけれど、それでも無理やりエピソードを捻出するとしたら、その神原駿河がメインを張るストーリー、『花物語』に対し、百合作品の起源とも言われる大正時代の作品、『花物語』...

| まとめwoネタ速neo | 2012/06/25 08:28 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。