PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【情報】化物語ポータブル 発売

IMG_0504.jpg

というわけでついに発売しましたー!
西尾維新作品初のゲーム!
もう来るところまできちゃった感じですなあ。
では簡単にレビューをば。

まず初回版の特典。
初回版は通常版とはイラストが違い、初回版の方が豪華。
特典はCD、DVD、小冊子、リュック型ポーチがついていますが、
これ、CDはBGMと本編のセリフ集。
DVDは本編のセリフ集MADみたいなのと、PV。
小冊子は本編の画像をところどころ切り取ったキャラ紹介。
んー。正直リュックと描き下ろしイラスト以外魅力が無いなあ。

そして本編。
これはこちらで実況動画も配信されているので、
これをみれば大体の雰囲気をつかめるとは思いますが・・・。
http://commu.jp.playstation.com/blog/details/20120822_bake_cafe.html

要はカードバトルと格ゲーを合わせたみたいなゲームですかね。
それぞれのキャラクターが数百枚の自分の台詞の中から30枚ずつカードを選び戦う。
カードには二つの属性がある。『石』『鋏』『紙』のじゃんけん属性と、
『このカードはこのキャラに対してのみ倍の効果を発揮する!』みたいな相性属性。
ターン制のバトルで、毎回30枚からランダムに選ばれる3枚のカードから、
相手の出方に合わせて1枚選び、自分の口撃とする。
これを繰り返していき、スタート時は自分の色と相手の色で半々のバトルゲージを、
自分の色でいっぱいにしたら勝ち。相手に埋められたら負け。

しょーじき、操作性が悪い!w
まあこれは私がゲーム慣れしていないというのもあるとは思いますが、
序盤も序盤、ひたぎに勝てなくて悪戦苦闘中ですw
このままでは単にADV系ゲームと同じなので、きちんとゲーム要素もあるんですよ。
タイミング良く入力をすることで必殺技を出したり、コマンドで必殺技返しをしたり。
あとは台詞を選ぶ時間も1ターンごとに限られているので、台詞を把握する必要があったり。

そして、ストーリーモード。
こちらは本当に本編に即したストーリー構成になっている感じですね。
はじめは教室でのつばさとの会話から始まり、今、ひたぎクラブが中盤までいきました。
上記のゲームの合間合間にはアニメ映像が入ります。
そこではもちろんアニメで使われた音声もあるのですが、何よりすごいのは、
原作では語り手である暦のボイスが大幅に追加されているのですよ!!!
このご褒美映像を見るためにゲームを進める。これが当面の目標になりそうです。

あとはまだ遠い先の話になりそうですけれど、
暦と他のキャラだけでなく、コメンタリーのように女キャラ同士の会話も成立する模様。
それゆえか、セリフの中にはコメンタリーで初出しとなったものも多く混在します。
さらにさらに!これら数百の台詞を自由に組み合わせて会話を作る『妄想モード』があります。
これはそれこそ、アニメMADの御本家様に数多く動画がアップされそうだなー。

ともあれ、こんなところでしょうか。
今回はどうやら化物語中心の台詞だったようで、
あまり偽物語の台詞は出てこない(今のところは)のですが、
今後アップデートとかあったら追加とかされないのかなー。
期待しておくだー。

| 物語シリーズ | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/810-6646a254

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。