PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第166箱「今日中に叩き潰す」

アニメ放送開始から一発目!
なのにこの掲載順というのは・・・。
しかも作品の一番人気キャラがこの状態ですしね・・・。
あまり残念な展開はごめんですぞ。

で、グッドルーザー球磨川ももう出てるんですよね。
もう買っていて、読んでいるのですけれど、
感想を書く時間が作れない・・・。
無いなら作ればいいというのが大人の言うことですが、
作れない場合はどうすればよいですか。
とりあえずそれは近日中ってことで。

それでは、続きに感想です。


七億人の端末を残し、安心院なじみは死んだ。
この作品でキャラが死ぬことは、もはや珍しくはなくなったけれど、
死んで、死んで二度と蘇らないというのはこれが初めて。
本来なら葬式のような雰囲気になってもおかしくないけれど、
そんなスピードを緩めるような展開は訪れるはずもなく。

さっそく反転院さんこと不知火半纏との対話。
ところで、前回と今回のど頭のみ『反転院さん』、
それ以降は『半纏院さん』なのは何か関係あるのかしら。
いや、その二回というよりは、めだかだけが『半纏院さん』と言ってるのか。
何気に今回いろいろな伏線を撒いている気がします。

不知火半纏という男。
今まで安心院なじみの影としてずっと傍らで背を見せ続けてきたけれど、
こんなに感情を持った男だったんですね。
ドリンクバーを欲したところからも人間らしさが伺えるけど、
でも人外なんですね。
不知火半纏から始まった不知火家。
だとすれば、めだかにとって不知火半纏は、
不知火と出会わせてくれた恩人であり、不知火を奪うことになる仇でもある。
しばらくは善吉と球磨川には退場してもらって、
ここからは半纏とめだかのタッグが見られそうです。

獅子目言彦の謎。
『希少種の保存本能』に従い、代々その意思を受け継いできた。
そして四年後。
めだかが本来結婚することになるはずだった四年後。
不知火半袖は、獅子目言彦になる。
存在そのものが無かったことになるより辛いですね。
そこにいるのに、そこにいない。
手を伸ばせるのに、助けられない。
そうなる前に動き出さなければならない。

だから少しでも早く。

「私が言彦を今日中に叩き潰す!」

これは奇しくも、めだかが最初の戦いではなった言葉と同じ。
だから、めだかは次なるステージへと移行する。
乱神モードで暴れ倒し。
改神モードで己を知り。
廃神モードで弱さと向き合い。
混神モードで敗北して。
だからこれはめだかの五回目の進化。
次はどうなるのでしょうか。

そして、伏線といえばもうひとつ。
今回。
不自然なくらいに『右腕』が映っていません。
前回言彦に破壊された部位です。
想像したくないけれど、もしかしてもしかしたら。
痛々しい展開だけはありませんように・・・。

| めだかボックス | 21:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

右腕に関しては、単純に「言彦にやられた傷は戻らない」だけで、動かせる状態ではないということでしょうね。

しかし、スタイルが通用する相手なんでしょうかね?

でも、スタイル=「言葉」ですから、「言い伝え」「伝承」という「言葉」で存在してきた言彦には対抗出来るのかな?

王道を貫くか、奇想天外をいくか、今後に期待無限大ですよ!

| 名無し | 2012/10/17 04:39 | URL |

Re: タイトルなし

> 名無し様
まあ動かせずとも映すことくらいはできるのかなあと思いまして。
でもよくよく読み返してみると、めだかがスタイルを身につけることを
薦められているコマで、右腕映っちゃってるんですよねw
これはさすがにミスだと思いたい。

| 管理人 | 2012/10/17 07:48 | URL |

半纏がドリンクバーをもらっていたということは、
他の漆黒宴参加者も成功報酬もらってるってことですよね…
球磨川の…

| 名無し | 2012/10/19 10:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/828-3710d107

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。