PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】めだかボックス 第180箱「黒神ファイナル」

買ったはずのジャンプがどこかに行ってしまって、
泣く泣く小一時間ほど探していたら、
なんか米びつの下敷きになっていたというオチ。
おかげでそこそこ読み込んだはずなのに、
ぴたっと新品同様に平らになってました。

我が家では食品とかと一緒に買ってきたものを、
一時的に台所に放置する週間があるので、
その時に何かが起きたのだろうと。
まあ、それはいいやw 割りとどうでもいいw

それでは続きに感想です。


なんだろう。
なんか段々贄波生煮が格好良く見えてきたw
このへんの台詞って、普段なら球磨川とか名瀬とか、
『全部わかってますよ』的なポジションのキャラの担当だと思うんです。
今回は球磨川も立ち位置があれだったので、
結果贄波になったみたいなところもあるかもしれませんが、
今までの不真面目っぷりから一転、なんだこの説得力は。
それ故に、きっとこの後必ずくるであろう、贄波に関するどんでん返しには期待。
いや、華麗に裏切って何も無さそうな気はしないでもないけれどw

獅子目言彦のモノローグ。
の中の一節。

結局この少女も散るのみか。
四千年前の勇気ある少年のように。
三千年前の優しき策略家のように。
二千年前の老獪な魔女のように。
千年前の二刀流の義賊のように。

これが好きすぎてやばい!
多分絶対語られることはないんだろうけど、どうしてこんな気になるフレーズを書けるのか。
長く生きてきたキャラといえば、
戯言シリーズでは円朽葉。物語シリーズでは忍野忍。刀語では真庭狂犬と、
様々なキャラクター達があげられますけれど、
どのキャラもある時代のある瞬間を切り取った話しか書かれてないんですよね。
獅子目言彦も、そして安心院なじみも例外ではなく、
今回はこの時代この瞬間だけの話になってしまっているので、
例えば例外的なところでいえば、狂犬の数百年前の物語、『真庭語』みたいな、
まったく違う時代背景のストーリーといいうのは、各キャラ見たいところです。

安心院なじみの一京分の一のスキルに、空気抵抗無視のスキル、
『なお空気抵抗は考えないものとする(マスマティックシチュエーション)』
てのがありましたよね。
なんか前にも取り上げたような気がする、耳馴染みの良いスキル名。
これをめだかお得意の分身の術で強引にやってしまおうというのが、
今回のめだかの策なわけですけれども・・・。
いや、これ子供分かるのだろうか?w
私もしっかり読み込んでようやくなるほど・・・というラインを通り越し、
あれ?論理的におかしくね?と気になりつつもなんとか読みきったこの解説を、
果たして空気抵抗というころから理解してないとまるで意味不明なこれを、
理解できる層といったらどのくらいなのかなと考えてしまいました。
まるで理科の実験みたいな感じではありますが、その点でいえば、
前に寿常套戦で解説のあった等比数列など、読者の年齢層に縁の深い知識を使った話は、
これから先も使われていくのかな~と思いました。
中学高校とかとうの昔に卒業しましたけれど、思い出すなあ。

げ。げげ。げっ。げっげ。
うむ。やはり新しい肉体は、新し。良い。

ああああああああああああああ!!!!
めだかああああああああ!!てか不知火いいいいいいいいい!!!
さすがに今回で終わるとばかり思っていたので、新展開にたじろぐ。
ちょうど今日発売だったので、久々に読み返しましたが、
不知火不知編の最初の方で語られていた、『言彦を継ぐ』という不知火家の伝統。
これは不知火が二十歳になってからだったはず。
それなのにこうしてそれが早まってしまったというのは、いかなる理由なのか。
今回はスタイルが絡んだ話だったが故に、伝統というよりは伝承という形で、
獅子目言彦は継がれていくものだとばかり思っていましたが、
こうして『儂の勝ちだ』と『続き』を語っているところを見るとそうでもない様子。
記憶を、精神を引き継いでいるみたい。
ていうか、当初の予想では、継ぐというのはつまり、
不知火がこのごっついオッサンみたいになるんだとばかり思っていましたが、
ちょこんと角が生えたなんとも愛らしい変貌には笑いました。

与えられたダメージが絶対に消えることはない突きが腹を破る。
血管が破れてしまったということは、もはや全身ポンプを扱うのも不可能。
こんどこそ、絶体絶命。

| めだかボックス | 23:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本来は二十歳までに体格や声質などを完璧に造り替えた状態で言彦を継ぐものと思いますが、今回は今までに一度もなかったであろう「倒される」という事態が起こったので、仕方なく急いで次の器である半袖ちゃんに乗り移った、といったところでしょうか
なんというか、往生際の悪い亡霊ですねw

生煮ちゃんはノリと勢いだけでおいしいところを平気でかっさらっていきますからww
この子の言動は意味があるのかないのか分からないものばかりですし、正直なにかを期待するのは難しいですね(苦笑

| 名無しさん.02 | 2013/02/05 08:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/848-d4b8ae93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。