PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【感想】物語シリーズ2ndシーズン 第閑話 傾物語 「まよいキョンシー 其の參・其の肆」

だいぶご無沙汰になってしまいましてすみません。
本日はついに囮物語の放送ということで、
朝、新聞を買ったあと、ずっとこの感想を書いておりました。
この三週間、いろいろありましたね………。
ありすぎて手が回らない……。

とりあえず、今は目先の囮物語に全力闘球!
放送まであと15時間ほどあります。
なでこスネイクを、15回見返せますね。

そうそう、囮物語の新PVが良すぎた!!!
「よう千石……殺しに来たぜ」
のところで鳥肌が……!
過去、出番的な意味で最も不遇と思われていた千石撫子。
ようやく日の目を見るときがきました!

と、ここまで傾物語にまったく関係ない話でしたが、
傾物語残り二話(すみませんがまとめて失礼します)。
やっと感想です。


滅びた世界。
この演出はどうなるのか、すごい楽しみだったのですが、
思った以上でしたね。
特に、干されたままの洗濯物や、綿が飛び出したぬいぐるみ。
そして、物語シリーズでは基本道路を同じ自動車が、
何台も走っている描写がよく使われていますが、
もちろんそれすらもなく。
こういう状態になるまでに、どんな残酷な描写があったのか。
それを想像するのも楽しいですね。
(ってとこだけ切り取ると、かなりクレイジーな奴ですけれども)

「つまりこれはお前が」
  「お前様があの迷子っ子を」
     「不用意に」
 「助けた為に」
「タイムスリップをした所為で」
   「歴史が」
「歴史が」
    「「変わってしまった」」
  「としか」
   「ということで」
 「間違いないようだな」
「考えられん」
    「だな」

めちゃくちゃ好きな演出。
舞台演出的な感じですね。
また、阿良々木家がこういう形なのでよりそう映ります。
ところで、これがある前の忍の、
「うん……」
が、可愛すぎて………(∀`*ゞ)

ゾンビ。
傾物語の一話目で初めて、モブが登場しましたが、
当然、この後半のシーンのための演出だと思っていたんですよね。
だから、あくまで『影』のみの存在として描くのにはびっくりです。
まあ、吸血鬼のなれの果てという意味では、
暦みたいなのとは差別化を図らねばならないわけですが。
それから吸血鬼といえば、『影ができない』という設定が有名ですが、
それに対して『影だけの存在』というのは、
吸血鬼のなれの果てとしてはにくい演出です。

ちなみに今通しで見ながらこれを書いているのですが、
今回のキャストはなんと『二人』。
多分、過去最もキャスト数が少ない回じゃないですかね。
今まで少なかったとしても『三人』はいたはず。
傾物語は物語シリーズ初なことをいろいろやってくれます。
傾物語のあとがたりは楽しみです。

「八九寺真宵さんだけど」
ついに!!!
大人版八九寺さん来たあああああああああああっっっ!!!!
嬉しすぎて本当に泣きそうです。
どこか面影の残る容姿、そして大きなリュックサックは調度良いサイズになり、
それでもはみ出したぬいぐるみの手と、腕に移った絆創膏は変わらず。
そういった端々を見ても、もう感極まってしまいますね。
八九寺役をやっている加藤さんは、放送前にTwitterで演技頑張ったよ!と言っていましたが、
今回、傾物語では正歴史の八九寺、大人版八九寺の演技の差はもちろんですが、
どうやら、タイムスリップしたときの八九寺の演技にも違いを加えているらしいです。
CMでも使われている、「私今ちょっと道に迷っていまして」なんかを聞くと、
その特徴的な部分が分かるような気がします。
いやあ、本当に良かった。

そして、忍野メメの手紙。
早い!!!!いやまあ仕方ないけれどね!
先に映像で視聴者に視覚的に説明をして、それを追っかける形で、
忍野の説明が入っていましたけれど、
なんだかズレの方が印象づけられてしまってヒヤヒヤしながら見ていました。
単行本発売時は、これが実は楽しみの一つだったりして、
この次の花物語、囮以降もずっと続くのだと思っていましたが、
とりあえず手紙演出はこれでおしまい。
色々趣向を凝らした演出、お疲れ様でした。

キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード。

「は!「はは!「ははは!「はははは!「ははははは!「はははははは!「ははははははは!「はははははははは!「ははははははははは!「はははははははははは――」

凄惨に笑う彼女。
CVはもちろん坂本真綾さん。
はーこれを傷物語で聞くことができるのか……。
楽しみで仕方が無いです。
本当に、楽しみで。
はー。
でも、血の涙を流しながら言葉をぶつけあうキスショットと忍。
キスショットの苦しみ、忍の辛さが伝わってきます。
ルートXの彼女の葛藤も、どこかで見る機会があればいいですね。
見るには、相当な覚悟がないとキツそうですけどもw

別ルートの八九寺真宵。
もとい、ルートAへの帰還。
こうして八九寺の演技を聞くと、やっぱ違いますね。
パロとかはバッサリカットでしたけれど、
それでも面白いのがこの二人の会話です。
次、真宵の出番があるのは鬼物語。
10月末くらいの放送になりますかね。
つまり2クール目に突入!
ぶっとんだこととかしなくてもいいんです。
着実に、道を歩き続けて欲しいですね。

| 物語シリーズ | 09:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://snowrivers.blog115.fc2.com/tb.php/881-eb665a45

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。