FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【情報】ネコソギラジカル(上) 文庫本発売

ネコソギラジカル〈上〉十三階段 (講談社文庫)ネコソギラジカル〈上〉十三階段 (講談社文庫)
(2009/02)
西尾 維新

商品詳細を見る

諸事情により、
自宅を出れず買いにいけなかったのですが、
更新だけしておきます。

終わりの始まりである、ネコソギラジカル(上)十三階段、
表紙を飾るのは赭く緋く朱く赤い人類最強の請負人、哀川潤です。
ノベルス版のときより、豪華絢爛さは薄まりましたが、
それゆえにシンプルに赤が際立っていてグッドです。

中身については、まだ未入手なので手に入れてから楽しみます。
ちなみに、中巻、下巻の発売日は4月、6月となったようです。
焦らしますねー・・・ノベルス版のときと一緒です。

明日には入手できそうかな、楽しみにしています。

| 戯言シリーズ | 23:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】ヒトクイマジカル文庫版 発売

ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫 に 32-6 西尾維新文庫)ヒトクイマジカル<殺戮奇術の匂宮兄妹> (講談社文庫 に 32-6 西尾維新文庫)
(2008/12/12)
西尾 維新

商品詳細を見る

さて、間髪おかずに12月の第4弾、
ヒトクイマジカル文庫版の発売であります。

表紙は理澄ちゃん。
ノベルス版のときより天真爛漫さが出てる感じですね。
そして裏々表紙とでも表現しましょうか、例のリバーシブルカバー。
少し心配でしたが、今回も健在でした。
しかし二人とも犬歯ってか、牙すげーなー。

口絵は、哀川さんと姫ちゃん。
戯言シリーズ至上身長が最長(もしかしたら双識さんかしら?)の哀川さんと、
戯言シリーズ至上身長が最低(もしかしたら崩子ちゃんかも?)の姫ちゃんが、
こうして並ぶとすさまじい差ですね。

さて、文庫版もあとネコソギラジカルのみとなりました。
刊行予定は、2月~となっているので、やっぱ1巻ずつかもです。
サイコロジカルと違って、ネコソギはもともと3ヶ月連続刊行だったし、
内容的にも、引っ張ったほうが文庫を追ってる方には良いかもしれません。
あと、3冊同時は、ちょっと財布に優しくないってのも考えられますね。
今から、きっと1回くらいは口絵に出てくれるであろう絵本さんに期待ですw

| 戯言シリーズ | 20:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】サイコロジカル上下巻 文庫版発売

サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)サイコロジカル 上 (講談社文庫 に 32-4 西尾維新文庫)
(2008/10/15)
西尾 維新

商品詳細を見る

サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)サイコロジカル 下 (講談社文庫 に 32-5 西尾維新文庫)
(2008/10)
西尾 維新

商品詳細を見る

最近めっきり忙しくなって・・・。
更新が一日遅れてしまいました。

今回の表紙はクビキリのときよりちょっぴり鮮やかになったブルー。
ノベルス版でもそうですが、巻を増すごとに綺麗になっていきますよね。
作中の言葉を借りるなら、青から蒼へと変わっていく感じ。

そしてノベルス版よりも大泥棒っぽいお友達。
そういえば当事はあまり気に留めませんでしたが、
この表紙の彼女は”どちら”なんでしょうね。

普段は絶対しないことなのですが、
あまりの忙しさに読めないな・・・と思い、
あとがきを本編を読む前に読んでしまいました。

あとがきを読んだ感想(?)は、
一瞬あとがきを書き下ろすのをやめたのかと思いましたw
人の考えは6年くらいでは変わるものではないですねぇ。

サイコロジカルは、戯言シリーズの中では一番好きなので(特に下巻)、
今度時間があるときにじっくり読んでみたいです。
そうだ、今度たっぷり時間とって旅行にでも行きたいですね。
そのときに、持ち運びに便利な文庫本を持って。

あー蹴語もまだ読めてない・・・。
これは今日はたっぷり時間あるので読みきりたいと思います。
それでは。

| 戯言シリーズ | 19:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】クビツリハイスクール 文庫版発売&りすか十話

クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社文庫 に 32-3 西尾維新文庫)クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子 (講談社文庫 に 32-3 西尾維新文庫)
(2008/08/12)
西尾 維新

商品詳細を見る

とまぁ、12日午前0時半である今現在、まだ手に入れてませんが。
ちょっと今日から旅行に行くことになってしまった(しかも決まったのは昨日)ので、
今のうちに、これだけは更新しておきます。2~3日で帰ってきますけれどね。
口絵はもちろん、女装いーちゃん&哀川さんですよね。
噂によると、他にも描き下ろしがあるとかないとか……?

ちなみに、ファウストも読んだので、りすかの感想も旅行明けに。
はたして、絶体絶命の創貴一行は、どうやってピンチを切り抜けるのか…!?
そして、まさかの「あの人物」が再登場です……!!
単行本(今のペースだと、出るの2010年くらいでしょうか)が待ちきれない方は、
今すぐに書店へゴーです!



追記

ようやく帰ってまいりました。
そして、買ってまいりました。

フラゲした人から情報は得ていましたが、
口絵は、女装いーちゃん&制服着用哀川さん。
まさか制服着てるとは思いませんでした………。

そして、1、2巻には無かった新たな描きおろし、
目次のページにが一新されていました。
西尾先生がどれだけ子荻ちゃんのイラストが気に入ったかが伺えますね。

次巻は、上下同時発売。
サイコロジカル(上) 宇吊木垓輔の戯言殺し
サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄
ともに、10月15日刊行予定です。

| 戯言シリーズ | 00:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】クビシメロマンチスト文庫版 発売

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫 に 32-2 西尾維新文庫)クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫 に 32-2 西尾維新文庫)
(2008/06/13)
西尾 維新

商品詳細を見る

フラゲしてきたのですが、なかなか家に帰ってこれず、
そして帰ってきても忙しく、こんな時間の更新に…。

表紙はノベルス版同様、葵井巫女子ちゃんでございます。
前回の記事で、ひとつ言い忘れましたが、
ダ・ヴィンチではこの表紙のロゴなしVerが見られます。

帯は前回同様、半透明ではあるのですが、紙質を変えた模様…。
前より少しやわらかい素材になってるような…。

表紙をめくって、まずいーちゃんの新作戯言。
戯言遣いのくせに、すごいこと抜かしてますw

そして口絵は、大方の予想通り零崎人識、もちろん描き下ろしです。
ノベルス版の裏表紙と近い服装ですが、多少アレンジ入ってるかな?

そしてその口絵の左側にならぶ今回の主要人物たちのシルエット…。
葵井巫女子、
貴宮むいみ、
江本智恵、
零崎人識、
哀川潤、
浅野みいこ、
そして、戯言遣い。
………宇佐…美?えと、誰でしたっけ…?

そんな感じですかね。
あとは前回と同じような感じでした。
それでは、明日から久しぶりにクビシメを読みたいと思いますので、このへんで…。

| 戯言シリーズ | 03:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】ダ・ヴィンチ掲載「西尾維新ロングインタビュー」 & 今後の刊行予定

ダ・ヴィンチ 2008年 07月号 [雑誌]ダ・ヴィンチ 2008年 07月号 [雑誌]
(2008/06/06)
不明

商品詳細を見る

7月号のダ・ヴィンチに、西尾維新文庫創刊を記念して、
ロングインタビューが掲載されたということで、遅ればせながら購入してまいりました。

内容としては、まず創刊にあたっての西尾先生の思い(IN POCKETと少し重複)、
今後の文庫化にあたって、大きな加筆や修正は行わないが、
人間シリーズも完結するため、『ザレゴトディクショナル』だけは手を加えるかも…など、
西尾維新文庫の今後の方針や意気込みなども語られていました。

それから人間シリーズ最終作、『零崎人識の人間関係』の1冊目は、もう書き終えたそうです。
これが4話なのか4巻なのか…という話ですが、ここでも全4冊予定と語られているので、
多分4巻なのかなぁ…と。掲載予定は下記に…。

そして最後に、今後の小説家としての展望について。
やはり、去年の12ヶ月連続刊行から、今年半年間の多忙な日々は大変だったようで、
ちょくちょく身体を壊されたみたいです。。。本当にお気をつけてください…。




さて、今後の刊行予定が掲載されていたのでまとめます。

6月中旬 『クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識』
      講談社文庫

7月上旬 『きみとぼくが壊した世界』
      講談社ノベルス

8月中旬 『零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係』
      『メフィスト』に掲載
      『クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子』
      講談社文庫

10月中旬 『サイコロジカル(上) 兎吊木垓輔の戯言殺し』
       講談社文庫
       『サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄』
       講談社文庫

11月中旬 『真庭語』
       講談社BOX
       『不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界』
       講談社ノベルス

12月中旬 『零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係』
       『メフィスト』に掲載
       『ヒトクイマジカル 殺戮奇術の匂宮兄妹』
       講談社文庫


追記
もひとつ忘れてました。
クビキリサイクルと、クビシメロマンチストの表紙の拡大版も、ダヴィンチで見れます。
ちなみに、クビシメももう表紙が見られるみたいですね→http://shop.kodansha.jp/bc/gif/77/276077-1.gif
巫女子ちゃんのバックのリボンに写った花がやべぇっす。。。竹先生GJ!

| 戯言シリーズ | 18:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【情報】クビキリサイクル文庫版 発売!

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫 に 32-1 西尾維新文庫)クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫 に 32-1 西尾維新文庫)
(2008/04/15)
西尾 維新

商品詳細を見る

ついに『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』の文庫版が発売しました。
この日をどれだけ待ち望んだことか…。学校を飛び出してフラゲしにいくほどでしたw
ノベルス版から文庫版へ移植ということで、あちこち変更点があります。
続きにまとめましたので、ご参考までに…。

≫ Read More

| 戯言シリーズ | 17:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT